SEIKOの腕コン UC-2000

またまた間が空いてしまって申し訳ありません。今日はちょっと古いスマートウォッチを紹介したいと思います。スマートウォッチといえば今はAndroid WearやApple Watchだと思いますが、日本の時計メーカーははるか昔からこの分野に取り組んできた歴史があります。特にSEIKOやCASIOなどは簡単なPDA機能や電卓機能を備えた腕時計を30年以上前から販売してきました。そんな国産スマートウォッチのなかから、今日は1984年に発売された、SEIKOUC-2000を紹介したいと思います。本体はこんな感じで、10桁×4行のドットマトリクスLCDを備えています。
UC-2000 

本体にはメモ機能などが内蔵されていますが、入力するにはキーボードを接続する必要があります。UC-2100というのがそれ専用の小型キーボードになりますが、今回手に入れたのは大型のUC-2200というもの。キーボードと時計本体は今でいうNFCのように、キーボードの上に本体を載せることによって通信するようになっています。とはいえ、おそらくは単に本体、キーボードの両方にコイルが内蔵されているような構造なのではないかと思います。
コントローラにセット

このUC-2200には実は本体とは独立した8bit CPUが内蔵されており(本体側のCPUは4bitとのことです)、BASICのプログラムを入力・実行することが可能です。ただし、この場合はあくまでも本体側は単なるディスプレイとして動作しているだけであり、ここで入力したプログラムが時計本体のみでも実行できるというわけではありません。
BASIC起動

実際に本体とUC-2200を接続してBASICを起動したところ。

動作したので喜んでいたのですが、なぜか電源をOFFにしても本体裏側の一部が熱くなるという現象が発生したため、内部を点検することにしました。左上のチップがZ80互換CPUであるTMPZ84C01です。そのほかにはRAM、ロジックIC、プリンタ駆動用のトランジスタアレイなどが見えます。
内部

熱くなっていたのはこの2つの電解コンデンサのうちの一つでした。どうやらショートしてしまっていたようです。
故障したコンデンサ

新品のコンデンサに交換。ところが、このときにトラブル発生…。半田ごての先をプリンタモジュールのプラスチック製のギアに触れてしまい、融けて動作しなくなってしまいました。
コンデンサ交換済み

使用されているプリンタモジュールはSEIKOの関連会社である第二精工舎のMTP-201というもの。なんかどっかで見たような形ですね…。
プリンタユニットMTP-201

実はSHARPのポケコン用プリンタCE-125に採用されているものと同型でした。ジャンクのCE-125から補修用部品として取り外して保管してあったものを引っ張り出して交換を試みました。
プリンタ交換

交換は無事成功。印刷動作も問題ありませんでした。プリンタが同じ型だということは当然用紙も同じということになりますね。SHARPのEA-1250Pで問題ないと思われます。なんとEA-1250Pは現行製品であり、SHARPの公式通販サイトで現在も購入可能です。
印刷したところ

このUC-2000/2200ですが、海外の方が自力で解析して作成したマニュアルがあるようです。メモ機能の使い方、BASIC言語のリファレンスなどもあり、とりあえずこれを参照すればある程度活用することができるのではないでしょうか。(こちらでダウンロードできます) UC-2200は比較的レアな製品と思われますが、注意して見ているとオークションにたまに出品があります。興味のある方は探してみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : スマートウォッチ
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : ポケットコンピュータ SEIKO UC-2000 UC-2200 腕コン スマートウォッチ

Microsoft Display Dockで遊んでみました

以前Microsoft Lumia 950と一緒に購入したMicrosoft Display Dock、忙しかったこともあってしばらく放置していましたが、ようやく開けてみました。
本体とDisplay Dockの箱 

箱を開けたところ。コンパクトな本体が上のほうに入っています。 
開梱(1) 

下半分のボックスにはUSB Type-Cの接続ケーブルと、ACアダプタが入っています。 
開梱(1) 

本体上側はMSのロゴマークのみのシンプルなデザイン。
Microsoft Display Dock 

裏側はクッションになるようゴムが貼ってあり、そこに各種認証マークなどが印刷されています。
裏面 

前面はスマホ接続用のUSB Type-C端子と電源ランプのみ。
前面 

裏側には電源用のUSB Type-C端子、マウス/キーボードなどを接続するUSB Type-A端子×3(うち1つはスマホなどの充電に使用可能)があります。また、モニタとの接続にはHDMIまたはDisplayPort端子が利用できます。
後面

ACアダプタも本体接続端子はUSB Type-Cとなっています。今回入手したものは英国モデルなのでコンセントの端子は日本のものとは違いますが、電圧自体は100~240Vに対応しています。
ACアダプタ 

最初はNexus 6PのACアダプタを使おうと考えましたが動作しなかったため、旅行用のACプラグ変換アダプタを用いて無理やり接続してみたところ、無事に起動しました。
コンセントに挿したところ 

 実際に設置したところ。
設置完了 

スマホ本体側でContinuumアプリを起動するとこのようにタッチパッドとして利用できるようになります。
タッチパッド 

また、文字入力の際に右上のキーボードアイコンをタップするとソフトウェアキーボードも利用可能です。ちなみに、USB接続した物理キーボードの配列はここで選んだ言語のものが選ばれるようで、<ENG>になっているとUS配列となり全角文字の入力もできなくなります。選択中の言語はスマホおおびモニタのステータスバーの左上に表示されるようになっています。
ソフトキーボード 

タスクバーの左下のアイコンはPC版Windows 10のタブレットモードのものと似ています。スタートボタンをクリックしてみると、このようにスマホのスタート画面と同じものが表示されます。
スタートメニュー 

「すべてのアプリ」をクリックするとこんな感じ。現時点ではContinuumに非対応のアプリも多く、このように薄い色で表示されます。
アプリ一覧

タスク一覧表示はPC版と似ていますが、右上の「閉じる」アイコンは常に表示されています。
タスク一覧 

エクスプローラではマウスボタンの右クリックも利用可能でした。
エクスプローラ 

Twitterの公式アプリを起動してみました。スペースがもったいないですね…。
Twitter 

EdgeでTweetDeckを利用したほうがよさそうです。
TweetDeck

カメラアプリも使えたので起動してみると、普通にマウスクリックで写真が撮れました。
カメラ 

やはりContinuumで一番使いたいのはOfficeでしょうか。PowerPointを試してみたところ、グラフの操作やアニメーションの編集はできませんでしたが(アニメーションの表示は可能です)、テキストや図形についてはPC版とほぼ同じ感覚で編集が可能でした。残念ながら右クリックには未対応のようです。
PowerPoint 

 Excelではキーボードショートカットを用いた入力支援機能や右クリックメニューも使えます。 Excel (1) 

グラフの作成も可能でした。
Excel (2) 

スマホがスリープになってロックがかかってしまった場合、スマホの画面をタップするとモニタにPC版Windowsと同様のロック画面が表示されます。そこでマウスをクリックしてからキーボードでPINを入力して解除できます。
ロック画面 

概ね操作は快適で、画面の遅延などは気になりませんでした。もちろんPCと同等の操作性を求めてはいけないと思いますが、Officeで簡単な作業を行う程度なら十分使い物なると思いました。ACアダプタの問題を解決したら常用できるように設置してみたいと思います。

※本サイトで紹介する内容は、すべて個人的研究の範囲内で行っていることです。ここに書かれた内容を実行したことによる、データ(クラウド上を含む)・ソフトウェア・ハードウェアの障害および金銭的損害について、私が責任を負うことはできません。重要なデータはあらかじめバックアップを行い、内容を十分に理解したうえで、ご自身の責任の下で行ってください。
※また、Lumia 950には技適マークがついていません。このブログの目的はあくまでも研究であり、技適マークのない機器の利用をお勧めするものではありません。

テーマ : 周辺機器
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : スマートフォン Windows 10 Microsoft Lumia 950 Display Dock

HUAWEI TalkBand B2購入

2年前に購入して愛用してきたBluetoothヘッドセットのPlantronics M70ですが、音量調節ボタンが効かなくなってしまいました。実際には音量を下げるボタンは効くのですが、上げるボタンが効かず、触っている間に音量最小の状態からどうすることもできなくなってしまったのです。まあ、2年以上もの間ほとんど毎日のように使用していたのでそろそろ寿命だったのかもしれません。バッテリの持ちも最初に比べると微妙に悪くなってきたように思いますし…。

というわけで、代わりのBluetoothヘッドセットを探すことにしました。条件はM70と同じく片耳タイプでA2DPプロファイルにも対応しているもの。スマートウォッチにもなるタイプのものに興味があったので、まずは価格の安かったこちらの2つを検討しました。


しかし、レビューを見ていると「安かろう悪かろう」かもしれないという懸念があり、こういうノーブランドの中華スマートウォッチはU8 Smartwatchで体験済みだったので、今回はちゃんとしたメーカー品を買ってみようと思いました。最終的に、今回はHUAWEIのTalkBand B2を購入してみることに…。届いたのがこちら。
外箱

開封したところ。
開けたところ

本体が巻き付けてある黒い筒状の箱の中にはUSBケーブルなどが入っています。
箱の中身

まずは充電ですが、充電用のmicro USBコネクタは本体裏側にあり、本体をバンドから取り外さなければいけません。外すにはバンドの両側面にある小さな丸いボタンを押します。
取り外しボタンを押したところ

外したところ。右端にmicro USBコネクタがあります。
取り外し

充電中。
充電中

TalkBand B2はHFPとPBAPに対応していると思われ、電話着信通知機能と通話機能を利用するだけなら特にスマホ側にアプリをインストールする必要はなく、アプリが用意されていないWindows 10 Mobileやフィーチャーフォンでも利用可能です。実際にLumia 950とペアリングしてみましたが、通話、音楽再生、着信通知とも問題なく動作しました。ちなみに、リストバンドに本体を取り付けた状態では着信通知のみとなり通話は携帯電話本体で、本体を外した状態だとヘッドセット側での通話となります。
Android機でより便利に使用するためにはHuawei Wearアプリをインストールします。これを利用するとファームウェアのアップデート、時刻の自動修正、フィットネストラッカー機能が使用できるようになります。TalkBand B2は2台までの携帯電話とペアリングが可能なので、私はLumia 950に加えてNexus 6Pとペアリングを行い、Nexus 6Pのほうにこのアプリをインストールしました。
Google Play

Huawei Wearをインストールすると、他のスマートウォッチと同様、メールやLINEなどのアプリからの通知も受け取ることができます。デバイス一覧表示画面でTalkBand B2をタップします。
デバイス一覧

「メッセージ通知」を選択すると、アプリからの通知設定を行うことができます。
設定画面

腕に装着したところ。普段は節電のためディスプレイは消灯していますが、手首をひねるように動かすことで点灯するようになっています。画面はさほど明るくなく、かつゴールドやホワイトは光が反射しやすいので明るい屋外ではさほど視認性はよくありません。
腕に装着

点灯した状態でさらに動かすと、このように表示を切り替えることができるようになっています。ちなみに画面はタッチパネルとなっており、上下にスワイプすることによっても同様に切り替えが可能です。
[広告] VPS

とりあえず数日間M70の代わりにヘッドセットとして使用してみました。音楽再生、通話とも品質は良好で、特に接続が不安定になるというトラブルはありませんでした。ただ、AVRCPプロファイルに対応していないのか、音楽の再生コントロールや音量調節は一切できず、その点ではM70より不便だと感じました。通話音量の調節はタッチスクリーンのスワイプ操作で可能なので、このあたりはファームウェアのアップデートで改良される可能性に期待したいところですが…。バッテリは1日使用して半分程度まで減るので、1~2日に一度は充電が必要です。このあたりもM70のほうが優れている点ですね。

このようにやはりヘッドセット専用機に比べると多少の不満はありますが。概ね満足しています。音楽の再生制御は他のスマートウォッチでもなんとかなります。そして、何よりWindows 10 Mobileで使用できるスマートウォッチがほとんどないに等しいので、その点だけでも買ってよかったと思えます。なお、この機種も生産完了なのか在庫が少なくなってきているようです。後継機としてB3が発表されているようですが、国内ではほとんど出回っていませんし、私と同様にスマートウォッチ兼用のBluetoothヘッドセットをお探しの方は検討してみてはいかがでしょうか。

右側は旧機種のB1. 防水仕様となっています。

テーマ : スマートウォッチ
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : HUAWEI スマートウォッチ Bluetooth ヘッドセット イヤホン Android Windows Mobile Microsoft

Windows 10のモバイルホットスポットを試してみました

職場でiPod Touchなどをインターネットに接続するために使用していたLogitecのUSB WiFiドングルLAN-W150N/U2BKですが、Windows 10にアップグレードしてからはまったくアクセスポイント(親機)モードが利用できなくなってしまっていました。古い製品ですし、メーカーもサポートしていないので仕方がありませんが…。

しばらくの間はあきらめていたのですが、WindowsにはICS(インターネット接続共有)という機能があります。Windows 10ではこれが非常に簡単に設定できるということに気づいたいので、試してみることにしました。LAN-W150N/U2BKをPCに接続し、「ネットワーク設定」から「モバイルホットスポット」を開きます。「イーサネット」を共有対象として選択し、SSIDとパスワードを設定、モバイルホットスポットをONにすると準備完了です。
W10ICS_01.png

しかし、私の環境ではこのままではうまく通信ができませんでした。Nortonのファイヤーウォールが悪さをしているのかと思って切ってみると通信ができるようになります。
W10ICS_02.png

そこで、例外設定を行うことにしました。まずはコマンドプロンプトで、ipconfig /all を実行し、“Microsoft Wi-Fi Direct Virtual Adapter”のIPアドレスを確認します。
W10ICS_03.png

次に、Nortonのファイヤーウォールの設定から、「トラフィックルール」を開きます。
W10ICS_04.png

「追加」をクリック。(画像は参考のため載せていますが、実際には設定済みの状態です)
W10ICS_05.png

処理は「許可」に。
W10ICS_06.png

接続は「インバウンドとアウトバウンド」を選択。
W10ICS_07.png

画像のようにWiFi側のサブネットのIPアドレス範囲を指定します。今回はWiFiアダプタ側のIPアドレスが192.168.137.1、サブネットマスクが255.255.255.0だったので、IPアドレス範囲はこのように192.168.137.1~192.168.137.255としました。
W10ICS_08.png

通信の種類は「すべて」に。
W10ICS_09.png

以上の操作で新しいトラフィックルールが作成されました。これを有効化することで、WiFi側に接続されているデバイスとの間では通信が遮断されることはなくなったはず。
W10ICS_11.png

これで無事接続が可能となりました。Windows 10のノートPCはさすがにトラブルはほとんどなくつながります。しかし、スマートフォンはしばしば接続に失敗したり、接続されても「インターネットなし」になってしまいます。これを避けるにはクライアント側のDHCPを無効にして固定IPで接続するといいようです。
W10ICS_10.png

ちなみにこのモバイルホットスポット、従来のICS(インターネット接続共有)との関係が今ひとつわかりません。「ネットワーク接続」を開くとこのように専用の接続が作成されています。
W10ICS_12.png

いっぽう有線LANのほうの共有状態を確認すると、このように共有のチェックは外れています。
W10ICS_13.png

しかしチェックを入れようとするとこんなダイアログが…。なにかICSの設定画面に出てこないところで共有が行われているようでよくわかりませんね…。
W10ICS_14.png

というわけで、ファイヤーウォールが入っていたりする関係でスマホのテザリングと比べると少し面倒くさいですが、一度設定してしまえばあとはON/OFFの操作のみで使用できるので便利です。Windows 7でアクセスポイントモード対応を謳っているWiFiアダプタでもWindows 10ではサポートされていないものがほとんどだと思います。お困りの方は試してみてはいかがでしょうか。

※本サイトで紹介する内容は、すべて個人的研究の範囲内で行っていることです。ここに書かれた内容を実行したことによる、データ(クラウド上を含む)・ソフトウェア・ハードウェアの障害および金銭的損害について、私が責任を負うことはできません。重要なデータはあらかじめバックアップを行い、内容を十分に理解したうえで、ご自身の責任の下で行ってください。

テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

tag : Microsoft Windows 10 WiFi USB ICS インターネット接続共有 モバイルホットスポット LAN-W150N/U2BK

PCのUSBポート認識が頻繁に失敗するようになってしまったので…

私は職場に自作PCを持ち込んでいます。もう5年ぐらい前に自作したもので、それまで使っていたPentium 4マシンの排熱に懲りた(夏などはこのせいで汗をかくほど暑くなっていました)ためできるだけ省電力設計にしようと思い、CPUはCore i3-2100T(Sandy Bridge)、マザーボードはASUSのH67チップセット採用のMicro ATXマザー、P8H67-M EVOを選択して組みました。Windows 7→8→8.1→10とアップグレードを繰り返しており、致命的なトラブルはないものの、どのバージョンのころからかは忘れてしまいましたがUSBポートのドライバの認識に時々失敗するようになりました。
エラー

このようなときはデバイスマネージャから無効化→有効化を行うと問題なく認識されるのですが、さすがにマウスが接続されているUSBポートでこれが起きてしまうと不便で仕方がありません。そこでこの操作を自動的に行えないものか調べたところ、Windows Driver Kit(WDK)に含まれる devcon.exe というコマンドラインツールを用いればよいということがわかりました。まずはMicrosoftのサイトからWDKをダウンロード、インストールします。

インストールが完了したら、64bit Windowsの場合はProgram Files (x86)¥Windows Kits¥10¥Tools¥x64 フォルダを、32bit Windowsの場合は、Program Files¥Windows Kits¥10¥Tools¥x86 フォルダを開きます。このフォルダ内に devcon.exe があるのを確認します。
WDKフォルダ

次に、認識に失敗するデバイスのハードウェアIDを調べます。デバイスのプロパティで「ハードウェアID」を確認し、最も上のIDをメモします。
ハードウェアID

devconコマンドを用いてバッチファイルを作成します。devconコマンドでデバイスの有効化、無効化を行うのには下記のようにします。
 devcon disable "ハードウェアID" → デバイス無効化
 devcon enable "ハードウェアID" → デバイス有効化

私の場合はUSBコントローラが2つあるのでその二つを指定しました。
 cd C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Tools\x64
 devcon disable "PCI\VEN_8086&DEV_1C2D&SUBSYS_844D1043&REV_05"
 devcon disable "PCI\VEN_8086&DEV_1C26&SUBSYS_844D1043&REV_05"
 devcon enable "PCI\VEN_8086&DEV_1C2D&SUBSYS_844D1043&REV_05"
 devcon enable "PCI\VEN_8086&DEV_1C26&SUBSYS_844D1043&REV_05"

次に起動時に自動的にこのバッチファイルが実行されるようにしてみました。タスクスケジューラを起動し、「基本タスクの作成」を実行します。
タスクの登録

トリガーとして「コンピュータの起動時」を指定します。
トリガー設定

操作は「プログラムの開始」を指定します。
操作設定

先ほど作成したバッチファイルを指定します。
バッチファイルを指定

設定完了。
設定完了

最後に設定したタスクのプロパティを開き、「ログオンしているかどうかにかかわらず実行」と「最上位の特権で実行」にチェックを入れます。
プロパティ設定

PCを再起動してみると、このように実行されていることが確認できました。
タスクの状態を確認

この設定を行ってからは、PC起動時にマウスやキーボードが効かなくて困るということはなくなりました。起動時にデバイスの認識に失敗する症状でお困りの方は試してみられてはいかがでしょうか。

※本サイトで紹介する内容は、すべて個人的研究の範囲内で行っていることです。ここに書かれた内容を実行したことによる、データ(クラウド上を含む)・ソフトウェア・ハードウェアの障害および金銭的損害について、私が責任を負うことはできません。重要なデータはあらかじめバックアップを行い、内容を十分に理解したうえで、ご自身の責任の下で行ってください。

テーマ : システム開発
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows 10 USB devcon 認識 WDK P8H67-M EVO

アクセスカウンタ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
Amzonお勧め商品
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示