スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jornada 690が壊れたので…。

以前紹介したWindows CE機、HP Jornada 690ですが、けっこうガタが来てるなと思いながらも使用していると、ついにカードスロットが壊れてしまいました。カードスロットを留めている金具が飛んだのか、開きっぱなしになってしまいました。
壊れたJornada 690

Jornadaはキーが打ちやすくバッテリの持ちもいいのでポメラのように使っていました。ないと少し不便なので、予備機のJornada 680を引っ張り出してきました。こちらのほうが状態は良く、塗装のハゲもなくキーもへたっていません。ちなみにJornada 680690の違いはRAM容量(680が16MB, 690が32MB)の違い程度しかなく、アップグレードサービスも行われていたとのこと。そこで、690のメモリボードを680に移植できないか、試してみることにしました。メモリボードにアクセスするには、まず裏側の矢印のついているねじを外します。
Jornada裏側

ねじを外すとキーボードが外れ、その下のメモリボード(左側)が見えます。中央付近に見える日立のチップがSH-3 CPUですね。
680開けたところ

メモリボードはコネクタで刺さっているのですが、同時に両面テープで固定されています。幅の広いマイナスドライバやヘラなどで少しずつ浮かせると外すことができます。680, 690とも同様の作業でメモリボードを外します。こちらは外した後の690.
690開けたところ

690のメモリボードはこのように黄色のフィルムで包まれていました。
690メモリボード

こちらは680のもの。RAMだけでなくOSが入ったROMも搭載されているようです。
680メモリボード

680のメインボードに690のメモリボードを取り付け、元通りに組み立てて終了です。起動するとRAMが32MBきちんと認識され、690で作成したバックアップを書き戻すと、以前と変わらない環境で起動しました。しばらくこれで使用していこうと思います。
32MB化されたJornada 680

スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows CE H/PC HP Jornada 680 690

Outlook Connetctorを利用してOutlook.comからWindows CEへ同期

以前、Jornada 690にクラウドの予定表や連絡先を同期するのに、Windows 8側のOutlook 2013からデータをエクスポートし、VMware側のOutlook 2003で読み込むという方法を紹介しました。今回は、VMwareにWindows XPをインストールしたことによりOutlook Connectorが利用できるようになったので、これを用いて同様の作業(今回は、Outlook.comの予定表と連絡先をWindows CE機に同期する)をしてみたいと思います。まずは準備として、Outlook ConnectorOutlook.com(Hotmail)のアカウント設定を行い、メールの送受信ができるようにしておいてください。

Outlook 2003にOutlook Connectorをインストールし、アカウントの設定が完了すると、ローカルフォルダ(個人用フォルダ)以外に、Outlook.com(Windows Liveと表示されます)のフォルダが作成され、その中に受信トレイ、連絡先、予定表などのフォルダが作成されます。ActiveSync同期対象としてこれらのフォルダを指定できればよいのですが、残念ながらそれはできない(ローカルフォルダとしか同期できない)ので、結局はOutlook.comフォルダのデータをローカルフォルダにコピーする必要があります。以下に、その手順を簡単に書いておきます。

まずは予定表から。Outlook 2003の予定表を開き、左上の「個人用の予定表」の一覧から「Windows Live内の…のカレンダー」を選択します。次に、メニューから「表示」-「並べ替え」-「現在のビュー」-「分類項目別」と選択し、予定表の項目をすべて表示します。
カレンダー分類項目別表示

この状態で予定表の項目を全選択(予定表のペーンのどこかをクリックして[CTRL]+[A])してから右クリックして左上のローカルの「予定表」のところまでドラッグし、「コピー」を選択します。これでOutlook.comの予定表がローカルフォルダにコピーされました。
カレンダーの項目をコピー

連絡先のコピーも同様です。左上の「個人用の連絡先」の一覧から「Windows Live内の連絡先」を選択して連絡先一覧を表示し、全選択してローカルの「連絡先」にコピーします。
連絡先の項目をコピー

この状態でWindows CE機から接続操作を行うと、ActiveSyncが起動してCE機に同期が行われます。なお、この方法だと2回目以降は同じ項目がダブってコピーされることになるので、ローカルのほうを予め全削除する必要がありますが、Windows 8側のOutlookを介さなくてもよい分少しは使い勝手が向上するのではないかと思います。

※本サイトで紹介する内容は、すべて個人的研究の範囲内で行っていることです。ここに書かれた内容を実行したことによる、データ(クラウド上を含む)・ソフトウェア・ハードウェアの障害および金銭的損害について、私が責任を負うことはできません。重要なデータはあらかじめバックアップを行い、内容を十分に理解したうえで、ご自身の責任の下で行ってください。


Office 2003もOEM版ならまだ入手可能です。

テーマ : モバイルノートPC
ジャンル : コンピュータ

tag : Outlook ActiveSync Windows CE 同期 Outlook.com

InterLink MP-C304のバックアップ電池の交換

せっかく実用的に利用可能なメインバッテリが付属しているにもかかわらずバックアップ電池が死んでいるInterLink MP-C304ですが、いろいろ検索した情報をもとにバックアップ電池の交換に成功しましたので、簡単に手順を記しておきます。

バックアップ電池を交換するためには、まずは筐体を開ける必要があります。本体の裏面にあるねじをすべて外し(メモリスロットも開けて、中のメモリモジュールも外しておきます)ます。一部のねじはゴム足の下に隠れていますが、これもゴム足をはがして外します。次に、キーボード側を覆っている黒いカバーを外します。このカバーは筐体の下側といくつかの突起や爪でかみ合っているので外すのに少し苦労します。写真は本体左側面にあるくぼみですが、ここにカバー側の突起がはまり込むようになっています。右側にも同様のくぼみがあります。爪のようにしっかりかみ合っているわけではないので、比較的簡単に外れると思います。
シャーシの側面

最も苦労するのはここです。左側のヒンジ部分ですが、しっかり爪でかみ合っています。モジュラージャックがあるためこじ開けにくく、カバー側の引っ掛かり部分を破損してしまいました。
左側の爪(シャーシ側)

こちらが破損してしまったカバー側。結局どのようにしたら壊さずにうまく外せるのかは謎です…。
左側の爪(カバー側)

右側のヒンジにも同じような爪がありますが、こちらは周囲に部品がないため簡単に外れます。
右側の爪(シャーシ側)

こちらがカバー側。
右側の爪(カバー側)

カバーを外すとキーボードとメイン基板が露出します。基板左右にスピーカーケーブルのコネクタがあるのでこれを外し、キーボードと基板を接続しているフラットケーブルのコネクタも外します。
キーボードを外したところ

ようやくバックアップ電池が見えてきました。
電池が見えます

ついでにメイン基板の裏側を覗いてみました。NEC製のLSIが2つ見えますが、右側がCPUのVR4122です。
基板の裏側

これがバックアップ電池ML2430というコイン型リチウム2次電池ですが、液漏れしています。
古いML2430

ML2430先日のタブつきCR2032と同じく稲電機で購入しました。
新しいML2430

ケーブルとコネクタを付け替えます。
接続したところ

絶縁のため自己融着テープで巻いて元の位置に収納します。後は元通り組み立てるだけです。
自己融着テープで絶縁

これで無事にバックアップ電池が回復しました。試しにメインバッテリを抜いてみましたが初期化されることもなくなりました。MP-C304はPocket Officeを搭載していますので、WordやExcelのデータ入力などに活用したいと思います。少なくともLifeTouch NOTEよりは使いやすいと思いますので…。ActiveSyncの環境を再構築したことですし、これからアプリケーションのインストールなどを行っていこうと思います。

テーマ : 電子工作
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows CE H/PC Victor Inter Link MP-C303 MP-C304 バックアップ電池 ML2430

VictorのH/PC InterLink MP-C303/304

本日は、予告通りVictorWindows CE機、InterLink MP-C303, MP-C304を紹介したいと思います。Victorがパソコンを販売していたことをご存知ない方もおられるかもしれませんが、この機種の前にもMP-C102というCE機を販売していたほか、のちにはWindows XP搭載機も何機種か販売していました。MP-C303/304はOSとしてHandheld PC 2000 (Windows CE 3.0)を搭載し、CPUはMIPS VR4122 180MHz, メモリは32MBというスペックでした。他の特徴としては、CE機としては高解像度(1024×600ピクセル)のLCDを搭載していたことが挙げられると思います。もっともこの高解像度LCDはVictorの独自拡張であり、一部のアプリケーションでは互換性の問題が生じる可能性があるとされています。

写真は上位機種のMP-C304。カラーはブラックのみですが、精悍な感じですね。AV機能重視のためか、パームレスト部分にステレオスピーカーを内蔵しています。
MP-C304-B

右側が姉妹機のMP-C303。こちらは予備機として入手したものです。MP-C303はカラーが2色(オレンジとブルー)設定されていました。この2機種の違いは内蔵ソフトの違いのみ(Victor製ビデオカメラとの連携、再生可能な動画コーデックの増加など)で、基本的な機能やハードウェアスペックは同等です。
MP-C304 & MP-C303

背面のデザイン。InlerLinkの頭文字"i"があしらわれており、"i"の点の部分が光るようになっています。また、スタイラスはこのように背面側に収納されるようになっています。
閉じたところ

拡張用にはUSB, CF, PCMCIAが各1つずつ利用可能ですが、CFスロットはこのように本体前面についています(写真ではCFカードが挿入されています)。
CFスロット

AV機器メーカーの製品らしく、プリインストールアプリケーションや周辺機器もAV機能重視となっています。私が入手した機体にはこのようなリモコンつきヘッドフォンやUSB接続カメラが付属していました。いずれもプリインストールアプリケーションから利用できるようになっています。こちらのレビューはまた日を改めてしてみたいと思います。
ヘッドフォンとカメラ

このMP-C304はもともとすぐに使用するつもりではなかったのですが、なんとおまけとして付属していたバッテリが新品同様(一見未開封、傷や汚れも全くなく、装着した時点でまだ電圧が残っていた!)でまだまだ使えそうな感じだったので、急遽整備することにしました。ただ、内蔵のバックアップ電池が死んでいるのかメインバッテリを外すと一瞬で初期化されてしまうので、このあたりは何とかしたいところです。というわけで、次回はバックアップ電池の交換に挑戦してみたいと思います。

テーマ : モバイルミニノートPC
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows CE H/PC Victor Inter Link MP-C303 MP-C304

Jornada 690セットアップ手順 (個人的メモ)

これまで数回にわたってJornada 690にアプリケーションをセットアップして環境を構築してきました。今回は、トラブル時などに再インストールしやすくするため、手順をまとめておくことにしました。かなりの長文であるうえ主に自分用のメモになってしまいますので、本体をお持ちでない方は読まないほうがよいかも…(汗)

1. 4GBのCFを用意し、以下のようにフォルダを配置
¥+Backup : Jornadaのバックアップデータ保存用
 | |
 | +Apps : アプリケーションのセットアップ用のファイル保存用
 |  |
 |  +ActiveSync : ActiveSyncのバックアップ保存用
 |  |
 |  +CAB : CAB形式のインストーラ保存用
 |  |
 |  +EXE : そのまま実行形式のアプリケーション保存用
 |  ||
 |  |+BASIC : Console対応アプリ, A51 Basic実行ファイル保存用
 |  ||    
 |  |+KCTRL : KCTRL.DLL, Console.exe保存用
 |  ||
 |  |+QMAIL : QMAIL実行ファイル保存用
 |  |  |
 |  |  +mail : QMAIL設定ファイル保存用
 |  | 
 |  +Win32 : 母艦で実行するインストーラ保存用
 |   |
 |   +ORiNOCO : 無線LANドライバのインストーラ保存用
 |
 +Basic : A51 Basicのプログラム保存用
 |
 +DICTS : 辞書ファイル保存用
 |
 +Documents : ドキュメント保存用
 |
 +Manuals : アプリケーションのマニュアル保存用
 | |
 | +A51 Basic : A51 Basicのマニュアル保存用
 | |
 | +CONSOLE : Console関係のマニュアル保存用
 | |
 | +QMAIL : QMAILのマニュアル保存用
 | |
 | +QMAIL macro : QMAILのマクロマニュアル保存用
 |
 +Pictures : 画像保存用
 |
 +QMAIL : QMAILのデータフォルダ用
 |
 +青空文庫 : 青空文庫保存用

2. PCを用いて、CFのBackupフォルダに以下のインストール用のファイルを保存
\Backup\Apps\ActiveSync:
 ・ActiveSync 3.8のインストーラをコピー (MSASYNC38_j.EXE)
\Backup\Apps\CAB:
 ・以下のファイルをアーカイブから抽出してコピー。
  EBPocketのインストール用CABファイル (EBPocket.HPCPro_SH3.CAB)
  SmallTweakのインストール用CABファイル (stweakc.sh3.CAB)
  TascalRegEditのインストール用CABファイル (TRE.sh3.CAB)
 ・母艦から以下のCABファイルを抽出(一度インストールすると、母艦にCABファイルが保存されている)
  してコピー。
  HPビューアのアップデータ
   C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Local Settings\Temp\HP ビューア v1p2a\hpviewer.hpc.cab
  Calc98
   C:\Program Files\Calc98s2\CALC98S2.cab
  無線LANドライバ
   C:\Program Files\Microsoft ActiveSync\Lucent Technologies\wireless.SH3.cab
  Pocket IE用128bit暗号化パック
   C:\Program Files\Microsoft ActiveSync\128-bit Encryption Pack for HPC Pro\128bitHPC.WCE_SH3.cab
 ・以上すべてのCABファイルの属性を読み取り専用に設定
  (そうしないと、インストール時にCABファイルが消去される)
\Backup\Apps\EXE:
 ・以下の実行ファイルをアーカイブから抽出してコピー
  CedarFTP (CedarFTP.exe)
  CFチェック (CFCHECK.exe)
  KNote (knote.exe)
  RubyReader (RubyReader.exe)
  Capt XP Pro (xpcep.exe)
\Backup\Apps\EXE\BASIC:
 ・以下の実行ファイルをアーカイブから抽出してコピー
  Console for CEのアーカイブ内の、console.exe, console.txt以外のすべてのファイル
  A51 Basicの実行ファイル (a51bas.exe)
  その他、Console対応ツールがあれば実行ファイルをここに保存 (こちらのツールなど)
\Backup\Apps\EXE\KCTRL:
 ・以下のファイルをアーカイブから抽出してコピー CONSOLEEXE KCTRL.DLL
  KCTRL.DLL本体 (KCTRL.dll)
  Console for CE本体 (console.exe)
\Backup\Apps\EXE\QMAIL:
 ・QMAILアーカイブのbin\hpc\wce211ja\sh3フォルダの以下のファイルをコピー
  qmail.exe
  qmailloc.dll (qmailjpn.dll をリネーム)
\Backup\Apps\EXE\QMAIL\mail
 ・QMAILアーカイブのmailフォルダのすべてのファイル・フォルダをコピー
\Backup\Apps\Win32
 ・母艦セットアップ用のインストーラをコピー
  Pocket IE用128bit暗号化パック (128bitHPC.exe)
  Calc98 (c9853s2.exe)
  HPビューアのアップデータ (HPviewerJ.exe)
  SuperEditor F99 (sece101.exe)
\Backup\Apps\Win32\ORiNOCO
 ・無線LANドライバの母艦セットアップ用インストーラをコピー
  WLWC2B70.exeを実行して解凍されたファイルをすべてコピー
\Basic
 ・A51 Basic アーカイブのBasicフォルダの内容をコピー
  その際、.basファイル中の "Storage Card" を "メモリ カード2" に全て置換
\QMAIL
 ・以前の設定やメールボックスを引きつぐ場合は変更不要。
 ・初期設定からやり直す場合は、"\Backup\Apps\EXE\QMAIL\mail"の内容をすべてこちらにコピー。

3. EBPocket対応辞書をDICTフォルダに保存
広辞苑、辞書PACK 10のCD-ROMの内容を、DICTSフォルダにそれぞれのフォルダを作成してそのままコピーする。

4. 各種ソフトのマニュアルをManualsフォルダに保存
\Manuals\A51 Basic
 ・A51Basicアーカイブ内のルートにある readme.html と fig1.GIF~fig5.GIFをすべてコピーする。
\Manuals\Console
 ・Console for CEのマニュアル (console.exe)や、他のConsole対応ツールのマニュアルをコピーする。
\Manuals\QMAIL
 ・QMAILのマニュアルをこちらでダウンロードし、アーカイブ内のファイルすべてをコピー
\Manuals\QMAIL macro
 ・QMAILのマクロマニュアルをこちらでダウンロードし、アーカイブ内のファイルすべてをコピー
\Manuals
 ・その他のマニュアル・ドキュメント類をコピー
  Capt XP Pro
  CedarFTP
  KCTRL.DLL
  KNote
  RubyReader
  SmallTweak
  TRE
  Jornada 690本体 (HPアメリカのサイトでダウンロード可、PDFなので本体では閲覧不可)

5. Jornadaへのインストールの準備
フルリセットのためにメインバッテリとバックアップバッテリを外してしばらく放置し、再度取り付けて起動。ウィザードに従ってタッチパネルの補正と時刻設定を行う。その後コントロールパネルの「通信」を開いてデバイス名を設定し、「PCとの接続」タブを選択する。「通信可能な場合PCと接続する」にチェックを入れ、「変更…」をクリックして接続方法を「赤外線ポート」に変更する。
母艦(VMware)のOutlookを起動し、スケジュール・メールを全削除しておく。アドレス帳は常用するのであればそのままで可。Outlook 2003でスケジュールを全削除するには、予定表を表示している状態で「表示」-「並べ替え」-「現在のビュー」-「分類項目別」で表示を切り替え、全選択して削除する。

6. アプリケーションの再インストール
"\メモリ カード2\Backup\Apps\CAB" 内のキャビネットファイルを順にダブルタップしてインストールする。上書き確認は「すべてにはい」を選択してよい。Calc98, EBPocket, TascalRegEditは "\Program Files\アクセサリ" に、他は既定の場所にインストールする。
WLI-PCM-L11Gを挿入し、ドライバ名に"WLLUC46"を指定する。 コントロールパネルの"Wireless Network"でアクセスポイントの設定(自宅とN-04B)を行い、"Card Power Management"をONにしておく。
"\メモリ カード2\Backup\Apps\EXE" 内のファイルを "\Program Files\アクセサリ" にコピーし、以下の場所にショートカットを作成する。
 CedarFTP → "\Windows\プログラム\通信"
 KNote, RubyReader, Capt XP Pro → "\Windows\プログラム\アクセサリ"
 CFチェック → "\Windows\スタートアップ" と "\Windows\プログラム\アクセサリ"
以下のフォルダをJornadaに新規作成する。
 "\Program Files\Console"
 "\Windows\プログラム\コンソール"
 "\Program Files\QMAIL"
"\メモリ カード2\Backup\Apps\EXE\KCTRL" 内のファイルを "\Windows" にコピーする。
"\メモリ カード2\Backup\Apps\EXE\BASIC" 内のファイルを "\Program Files\Console" にコピーする。
"\メモリ カード2\Backup\Apps\EXE\QMAIL" 内のファイルを "\Program Files\QMAIL" にコピーする。以下の場所にショートカットを作成する。
 A51BAS.exe → "\Windows\プログラム\コンソール" に「A51 Basic」
 CESHELL.exe → "\Windows\プログラム\コンソール" に「CEShell」
 QMAIL.exe → "Windows\プログラム\通信" に「QMAIL」
"\Windows\cmd.exe" のショートカットを「コマンドプロンプト」として "\Windows\プログラム\コンソール" に作成する。
母艦と赤外線で接続し、SuperEditor F99のインストーラを実行して再インストールする(これだけは接続状態でないとインストールでいないため)。

7. 各アプリケーションを起動して初期設定を行う
・KNote
 "\(ルート)", "\メモリ カード2\Documents", "\My Documents" をフォルダ登録する。
 次に、以下の内容の AUTOEXEC.CE を作成してルートフォルダに保存。
 set PATH=\;\Windows;\Program Files\アクセサリ;\Program Files\Console
 "Options"の"Wildcards"に"*.ce"を追加しておく。
・Capt Xp Pro
 保存先を "メモリ カード2\Pictures" に設定して「OK」
・RubyReader
 文書設定で、「青空文庫テキスト」の「ルビを表示」にチェックを入れる。
・CedarFTP
 「接続」をクリックしてFTP接続設定を作成する。
・QMAIL
 初回起動時の「フォルダの参照」で "\メモリ カード2\QMAIL" を指定する。
 2.のセクションで設定した通り、以前のアカウント設定やメールボックスがあれば引き継げる。
 一から設定をやり直す場合は、アカウントを登録しなおす。
・EBPocket
 一度起動すると自動的に辞書をみつけて登録してくれる。
・SuperEditor F99
 オプション設定で下記の項目を設定。
 フォント:MS Pゴシック 10point
 テキストファイルフォルダ:"\メモリ カード2\Documents"
 拡張子の追加:".txt" を追加する

8. Pocklet IEのブックマーク設定
Calc98を削除のうえ、下記を追加する。
http://www.google.co.jp/m/ → 「Google」
http://www.yahoo.co.jp/ → 「Yahoo! JAPAN」
http://kyoro205.blog.fc2.com/ → 「Kyoro's Room Blog」
http://wapedia.mobi/ja/ → 「Wapedia」
file:///メモリ カード2/Manuals/A51 Basic/readme.html → 「A51 Basic リファレンス」
file:///メモリ カード2/Manuals/QMAIL/qs-doc_index.html → 「QMAIL2マニュアル」
file:///メモリ カード2/Manuals/QMAIL macro/qmacro-index.html → 「QMAIL2マクロリファレンス」

9. デスクトップのカスタマイズなど
"HPダイヤルアップ"と、Pocket Outlookの各アイコンを削除。PIMデータはHPビューアで閲覧するため。
壁紙を好みのものに設定(256色のBMPは重くなるので注意)。
"\Temporary Internet Files" 内のファイルを削除し、ごみ箱を空にする。
「HPホットキー」を起動し、「ホットキー1」の割り当てをQMAILに変更する。

10. SmallTweakの設定
コントロールパネルからSmallTweakを起動する。以下の設定を行う。
「電源オフ」→「バッテリ使用時に自動的にサスペンド」「3分」
「ポケットIE」→「6万5千色表示を行う」
「パラノイア」→ すべてのボタンをクリックして履歴を消去
「ファイルタイプ」→「新規」をクリックして".bas"をA51bas.exeと関連付け

11. 再起動とバックアップ
LANカードを抜いてリセットし、「HPバックアップ」でデータの一括バックアップを行う。保存先は "\メモリ カード2\Backup" を指定する。最後に母艦と接続し、ActiveSyncでPCにもバックアップをしておけばより安心。

以上の設定を行うことで、Jornadaを初期化からやり直した場合に、バックアップから容易に書き戻せます。これまで紹介したアプリや環境で利用される方は、参考にしていただければと思います。

※本サイトで紹介する内容は、すべて個人的研究の範囲内で行っていることです。ここに書かれた内容を実行したことによる、データ(クラウド上を含む)・ソフトウェア・ハードウェアの障害および金銭的損害について、私が責任を負うことはできません。重要なデータはあらかじめバックアップを行い、内容を十分に理解したうえで、ご自身の責任の下で行ってください。

CFはこれを使用しています。

テーマ : モバイルライフ
ジャンル : コンピュータ

tag : HP H/PC Jornada 690 Windows CE

アクセスカウンタ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
Amzonお勧め商品
楽天お勧め商品
検索フォーム
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。