スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindle Paperwhite マンガモデルを購入しました

仕事中にPDFファイルを閲覧したいことがよくあるのですが、そのようなとき、これまではズルトラGPeを利用してきました。しかしこのズルトラ、バッテリが膨張してきたうえにLCDが接触不良を起こすようになってきたため、代わりのものを購入することにしました。普通のタブレットも考えたのですが、今回は試しにAmazonの電子書籍用端末、Kindle Paperwhiteを購入してみることにしました。選んだのは内部ストレージが32GBある「マンガモデル」です。一緒に純正のフリップカバーも購入しました。
外箱

箱を開けたところ。購入時に使用したAmazonのアカウントがあらかじめセットアップされています。
開けたところ

セット内容

純正カバー。シンプルなデザインです。マグネットスリープに対応しています。
カバー外面

カバー内面

Kindle PaperwhiteはPCと接続するとUSBマスストレージとして認識され、PDFファイルやWord文書をコピーすることで閲覧可能となります。フォルダ分けは無視されるので、コレクションを作成して分類しないと検索が大変かもしれません。ディスプレイは電子ペーパーを使用しているので視認性はよいですが、ページをめくるときは一瞬画面の白黒が反転したようになります。

[広告 ] VPS

オマケですが簡易的なWebブラウザも搭載しています。モノクロではありますが、ある程度階調表現もできています。
ブラウザ表示

しばらく使用していますが概ね満足しています。自分的にはバッテリの持ちがよいこと(いつ充電したかを忘れてしまうぐらい)と、USBマスストレージに対応していること(robocopy コマンドでPCのフォルダと同期できる)が特に気に入っています。サイズもこの通り、片手で持てるサイズですし、少し大き目のポケットにも入ります。
手に持ったところ

もちろん本来はAmazonの電子書籍を利用するためのものではありますが、このマンガモデルはストレージの容量も大きいので手持ちのファイルもビューアとしても充分に活用可能だと感じました。Amazonプライム会員向けには定期的に数千円の割引セールもやっていますし、興味のある方は検討してみてはいかがでしょうか。

左がマンガモデル、右が通常モデルです。
スポンサーサイト

テーマ : KINDLE(キンドル)と電子書籍
ジャンル : 本・雑誌

tag : Kindle Paperwhite マンガモデル 電子書籍 Amazon Android タブレット

Venue 8 ProのBitlocker破損とWindows 10アップグレード

昨日で(正確には、日本時間の本日19時まで)、Windows 10の無償アップグレード期間が終了しました。当ブログにおいても直近2回の記事でネットブックを、その前にはデスクトップPCのアップグレード(と、場合によってはSSDへの換装も)についての記事を書いてきました。本日は、我が家最後のWindows 8.1マシンとなってしまったDELLのWindowsタブレット、Venue 8 Proについて書きたいと思います。
Venue 8 Pro

最近、Venue 8 ProBitLockerの調子が悪く、起動するたびににこんなエラーが出るようになってしまっていました。説明のとおり操作すると回復キーを入手でき、それを入力すると起動はするのですが、一旦シャットダウンした状態から再度電源を入れるとやはりこの画面になってしまいます。どうやら、何かハードウェアの構成が変更されたと検知された場合にこういう状態になるとのこと(→Microsoftのサポートサイト)。ひょっとすると、BitLockerを有効にしたままBIOSをアップデートしてしまったことがあったのかもしれません(よく覚えていない…汗 こちらに解説があります)。
BitLockerのエラー

最初はよく理解していなかったので、Windows 10にアップグレードしたら直るかな、などと安易に考えていました。アップグレード自体は本体でダウンロード、インストールすることによって問題なく終了しました。(Venue 8 ProはUSB端子が電源端子と兼用で、電源を供給しながらUSBメモリを差すのには一工夫いります。このため、あえてこの方法を用いました。)
ダウンロード開始

アップグレードは無事に終了、メーカーも正式にサポートしているだけあって動作も特に問題は感じられませんでした。しかし、アップグレード後もやはりBitLockerのエラーが…。以前のWindowsだと、保護の一時停止と再開を行うとこのエラーが出なくなるとの情報もありましたが、Windows 10ではコントロールパネルから「一時停止」の項目がなくなってしまいました。仕方がないので今回はBitLockerを無効化しました。
BitLocker設定

Venue 8 Proは内蔵ストレージが64GBと少なめなので、micro SDも大容量のものと交換しました。(Kinstonの64GBのmicro SDXCのカードを使用しました。) OneDriveのファイルの容量が増えてきたので、同期フォルダをこのSD上に置くことにしました。
microSDカード

タブレットモードも試してみました。このモードにすると、デスクトップアプリも基本的にすべて全画面モードで動作するようになり、マルチウインドウはWindows 8.1でストアアプリを利用していた時と同様、左右分割のみとなります。純正BTキーボードをつないでも通常モードにならないのがちょっと残念ではありますが、タブレットとして使用するときはこちらのほうが使いやすいかもしれませんね。
タブレットモード

これでうちのAtom勢もすべてWindows 10にアップグレードが終了しました。無償アップグレードがまだの方はお早めに!!
我が家のAtom勢

64GBも安くなりましたね。

テーマ : Windows10
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows10 DELL Venue Pro 8 BitLocker アップグレード

Xperia Z4 Tablet用ケースを購入してみました

現在メインのタブレットとして使用しているXperia Z4 Tablet (SO-05G)ですが、いままで使っていたプラスチック製のフリップカバーが少し不便に感じられるようになってきました。Z4 Tabletには本体と一体化してノートPCのように使えるBluetoothキーボードがあり、このキーボードを使用する際には当然カバーを外す差なければいけないのですが、結構カッチリはまっているので着脱が固く、あまり頻繁にやっていると本体を傷つけてしまいそうです。また、このカバーはSIMスロットとmicroSDスロットの部分も覆ってしまうため、SIMの差し替えをするのにも不便です(普通はSIM差し替えなんてあまりしないんでしょうけど…)。
そこで、以前Venue 8 Pro用に購入したのと似たような、すっぽり本体が収められるタイプのケースを探していてみつけたのがこちら。Amazonで1280円で購入しました。Venueのものと同じく、おそらく中国の名もないメーカー製と思われます。
購入したケース

重量は223g、Amazonのレビューでも「重い」と書かれていましたが、ある程度しっかりしたカバーならこの程度の重量があるのは仕方がないようにも思います。
新ケースの重量

ちなみにこれまで使っていたのは231g、新しいほうが少しだけ軽いです。
旧ケースの重量

構造的にはVenueのものとほぼ同じで、タブレットを収めてからマジックテープで蓋をして固定する方式です。安物なので加工精度はいまいちですが、作りはそれなりにしっかりしている印象です。
ケースの内側

Z4 Tabletを収めたところ。マグネットスリープに対応しており、蓋の開閉に連動してスリープ/復帰してくれます。
Z4 Tabletをセット

裏側にはゴムバンドがついていますが、ふたが開かないように固定するためのものと思われます。スタンドとして使用する際にフリップをひっかけるフックもついています。カメラ部分にはもちろん穴が開いています。
ケースの裏側

スタンドとして使用するとこんな感じです。
スタンドとして使用

ペンホルダーがついていますので、以前購入したアクティブスタイラスをセットしてみました。
ペンをセット

SIMおよびmicroSDスロット、ヘッドホン端子などの部分は開口しているので不自由を感じません。
スロット部分

数日使用してみた印象は悪くないです。細かい部分の加工精度などは値段なりのものとは思いますが、思いのほかしっかりした作りだと思います。耐久性などについてはこれからしばらく使用してみて確認したいと思いますが、Venueのものとほぼ同じなのであれば問題はないのではないかと思います。

カラバリもあります。

テーマ : タブレットPC
ジャンル : コンピュータ

tag : docomo SONY Android Xperia Z4 Tablet タブレット ケース

STAYERのアクティブスタイラスを購入してみました

Xperia Z4 Tabletは薄くて軽いので、外出先で手書きメモをとるのに使用したいと思うことがあります。以前、Sony Tablet Sでも同じことを考え、導電性ゴムのついたタイプのスタイラスをいろいろ試したものの、液晶保護フィルムを貼った状態でまともに書けるものに出会えることができず(線が途切れ途切れになってしまう)あきらめたことがあります。いっぽう、iPad用としてペン先が細く感度が高いアクティブスタイラスが各メーカーから発売されており、一度試してみたいと思っていました。今回は、そんな中からSTAYERFine Point Pro Avanceを購入してみました。メーカーサイトではiPadのほか一般的なAndroidタブレットにも対応可能となっています。
外箱

電源としては、Winタブにありがちは単6電池ではなく、より一般的な単4電池を1本使用するようになっています。
セット内容

電池はペンのお尻の部分の蓋を外してセットします。
電池をセット

側面に電源ボタンがあります。オートパワーオフ機能もありますが、明示的に電源ON/OFFもできるので電池を節約することができそうですね。
電源スイッチ

Venue 8 Proのスタイラスと並べてみました。やはり単4電池採用とあって、こちらのほうが太いですね。
Venue 8 Proのスタイラスと比較

実際に描いてみたところ。ごくわずかにタイムラグはありますが、比較的スムーズに書ける印象です。私は絵は描けないので、お絵描きに向くかどうかはよくわかりませんが…。
[広告] VPS

残念ながら掌を画面に置いて書くと誤動作はしてしまいますが、ちょっとしたメモ程度には十分使えそうな印象を受けました。Xperia Z4 Tablet用のスタイラスをお探しの方は試してみてはいかがでしょうか。


テーマ : タブレットPC
ジャンル : コンピュータ

tag : Android SONY Xperia Z4 Tablet STAYER Fine Point Pro Avance

Xperia Z4 Tablet SO-05Gを購入しました

今日は久しぶりにタブレット関連の記事です。少し前にSONYの最新型タブレット、Xperia Z4 Tabletを購入してしまいました。以前から使用していたSony Tablet Sを家族に譲り、代わりに購入したのがこちら、docomoのLTE対応版SO-05Gです。本当はグローバル版がよかったのですが、あまりの安さに負けてしまいました。2年縛り付きではありますが、各種割引と端末購入サポートを計算に入れると実質24,000円程度でした。海外通販で購入可能なLTE対応グローバル版は8万円以上するので、この差は大きいですよね。今回はdocomo Online Shop(DOS)で購入しました。
外箱

今回は別途ELECOMの液晶保護シートも購入しました。貼り付けも比較的簡単で、タブレットの保護シート貼り付けでは失敗続きだった私でもきれいに貼ることができました(もちろん浴室で裸でやりましたが…笑)。
外箱と液晶保護シート

私にとってdocomoの端末としては初のnano SIM対応機だったので、新しいSIMが同梱されていました。開通手続きはwebでできるようになっています。
nano SIMカード

本体の箱の中には本体と…。
本体を取り出す

各種説明書のみ。ケーブルや充電器の類は別売りとなっています。私はすでにたくさん持っているのでなくても構わないのですが、必要な方は別途購入する必要があります。
説明書類

もうひとつ同時に購入したのがこちらのフリップケース。
フリップケースと本体

本体をセットする側はプラスチック製でしっかりホールドされるようになっています。
ケースを開いたところ

ケースの外側。
ケースの外側

Z4 Tabletをセットしたところ。ふたの側は折り曲げると簡易的なスタンドになるようにもなっています。
ケースにセットしたところ

マグネットスリープに対応していますので、閉じると自動的にスリープになります。
閉じたところ

そして…Z4 Tabletといえばこちらの専用Bluetoothキーボード、BKB50です。8月末までの限定で本体と同時購入で5000円キャッシュバックのキャンペーンをやっています。私はキーボードはDOSではなくヨドバシで購入しましたが、封入されているシリアル番号を使用することでキャッシュバックを受けることができました。
BKB50の外箱

キーボード本体。カラーは黒のみとなっています。日本語キーボードではありますが、カナが印字されていないのでとてもすっきりしたデザインです。
BKB50

NFCに対応しているのでペアリングも簡単です。
ペアリング中

本体はこのようにヒンジ部に差し込むようにして固定します。けっこうかっちりとはまり込むので自然に抜けてしまうことはないと思います。外す時は左右どちらかの隅を持ちあげると外れます。画像はプリインストールされているWordで入力しているところ。
本体をBKB50にセットしたところ

キーボードにセットした状態で閉じたところ。本体はホワイトにしたのですが、意外と悪くない感じですね。HP miniも同じような配色でしたし…。
セットした状態で閉じたところ

Xperia Z4 Tabletは10インチタブレットとしてもかなり薄くて軽量ですし、防水・防塵対応でフルセグの地上デジタル放送も視聴することができます。また、キーボードを装着するとノートパソコンの代わりも十分に務まりそうな印象ですね。これでLifeTouch NOTEはますます出番がなくなってしまいそうだなあ…。

↓こちらはWiFi版です 右の3つは今回購入したもの



テーマ : タブレットPC
ジャンル : コンピュータ

tag : Android SONY docomo Xperia Tablet Z4 BKB50 SO-05G

アクセスカウンタ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
Amzonお勧め商品
楽天お勧め商品
検索フォーム
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。