関西に帰省中です(1)

26日の夜から関西に帰省中です。というわけで、ちょっと立ち寄った場所などの紹介をしてみたいと思います。26日の夜は実家までの中間地点と言うことで滋賀県の彦根市に泊まっていました。ホテルを出ると、友人へのお土産を買うために地元の和菓子屋さん「たねや 美濠の舎」へ行きました。ここは和菓子だけではなく洋菓子の「クラブハリエ」の店舗もあり、ケーキやバームクーヘンなども売っています。また、カフェもあるのでちょっと休憩することもできます。
美濠の舎(1)

たねや及びクラブハリエは最近ではデパ地下などにも進出しているので名前を聞いたことがある方も多いと思います。しかし、私がたねやのお菓子で一番気に入っているのは「つぶらもち」です。これはあんこ入りのお餅を油であげたもので、揚げ立てはとても美味しいです。残念ながら今回立ち寄ったお店にはおいておらず、彦根市内なら「キャッスルロード」にあるお店で売っています。機会があれば食べてみてはいかがでしょうか。
美濠の舎(2)

この日はそのまま京都へでも行こうかと考えていたのですが、家族がアウトレットに行きたいと言うので、2010年にオープンしたばかりの三井アウトレットパーク滋賀竜王へ行ってきました。入っているブランドは他のアウトレットとさほど変わらないと思いましたが、ガジェット好きの私としてはユニークなデザインの腕時計を色々と発売しているNIXONやFOSSILがあったのが印象的でした。時間がとれなかったので残念ながら寄れませんでしたが…。
三井アウトレットパーク滋賀竜王

こちらはレゴの店内。普段はこの場所は子ども用のプレイスペースですが、この日は新年に発売予定の福袋の段ボールが積まれていました。
LEGO福袋

昼食はフードコードでとりました。御殿場のアウトレットなどは人が多すぎて食事をとるのも一苦労ですが、ここ竜王ではゆっくりと選ぶことができました。私が選んだのは「元祖なにわ黒カレー本舗」。
フードコート

ハンバーグカレーを注文しました。黒カレーなのでけっこう濃いめの味で、そこそこ辛かったです。おいしいとは思いますが、私は黒くない普通のカレーの方が好きかも。
ハンバーグカレー

このあとは友人宅に招かれてプチ忘年会でした。次回は大阪市内散策記(日本橋中心ですが…)を書こうと思います。

スポンサーサイト



テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 滋賀 彦根 たねや クラブハリエ 美濠の舎 三井アウトレットパーク 竜王

妖怪ウォッチ 妖怪Pad Amazonで予約受付中

突然ですが、妖怪PadがAmazonで予約受付中です。トイザらスなどで撃沈してしまった方は急いで!!

妖怪ウォッチ 妖怪Pad妖怪ウォッチ 妖怪Pad
(2015/01/17)
バンダイ

商品詳細を見る


※12/28 追記
残念ながらすでに予約受付は終了してしまいました。ただ、Amazonはキャンセル分放出なのか時々在庫が復活しますのでこまめにチェックすれば予約可能となることがあるかもしれません。
単にこれだけでは何の役にも立たない情報ですので、追記として今後に役立つかもしれない情報を記しておきます。Amazonは一般的に販売開始の予告をしません。また、今回は商品名で検索しても見つけにくく、JANコードで検索した結果をブックマークしておき、他のサイトが予約を開始した12月27日0時過ぎからこまめにリロードして様子を見ていました。すると0時を少し過ぎたあたりから商品ページが生成されたことが確認でき、0時半ごろから注文が可能となりました。他のサイトと異なり予告がされていなかったためかアクセスが集中することもなく、すんなりと注文することができました。他の商品でも同じようなタイミングで事が運ぶとは限りませんが、参考としていただければ幸いです。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

tag : バンダイ 妖怪ウォッチ 妖怪pad

CASIO PB-100F

CASIOのポケコンシリーズ、本日紹介するPB-100Fは、ベストセラー機種PB-100のマイナーチェンジ版とされるPB-100Fです。CPUはPB-700と同じHD61917を搭載、RAM容量は1KBとなっており、ソフトウェア的にはPB-110やPB-120に近いと思われます。
PB-100F

今回は本体と別にマニュアルも入手してあります。PB-100系の日本語マニュアルをあまり所有していないので役立ちそうです。
セット内容

PB-120と並べてみました。デザイン的にはPB-110やPB-120と近い、黒を基調としたデザインです。PB-110/120と異なりデータバンク機能は備わっていませんので、一部のキーが省略されています。
PB-100F & PB-120

PB-100系の機種を比較してみました。こうしてみると、PB-100FはPB-100の後継機としてほぼ同等の機能を有していますが、BASICの仕様などは新しいPB-110/120に近いものになっています。その一方、データバンク機能がないなどの点から考えると、PB-110の下位機種と位置づけられていたのだと思われます。
データバンク"F"キーBEEPBASICRAM
PB-100×××1KB
PB-100F×××1KB
PB-110×1KB
PB-120×8KB
FX-700P××2KB

ところで私の入手したPB-100Fはフリーエリアが1568ステップと表示されます。本来なら544ステップのはずですが…。
メモリ容量

裏ぶたを外してみると、なんとOR-1が増設されていました。OR-1は意外と手に入りにくいのでうれしい誤算でした。
OR-1

これでCASIOのポケコン紹介シリーズも一旦紹介とします。今後はまた少しスマートフォン関係の記事を書いていきたいと思います。

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

tag : CASIO プログラム関数電卓 ポケットコンピュータ PB-100F PB-120 OR-1

CASIO FX-730P

12月に入って仕事が忙しく、ブログの更新が滞りがちですみません。本日もCASIOのポケコンシリーズの続きをしたいと思います。FX-730Pは、1986年発売のポケコンで、FX-700PPB-100シリーズの上位機種と考えられます。CPUはFX-750PFX-795Pと同様にHD61747を2個搭載し、RAMは標準で8KB搭載(RP-8により16KBまで増設可能)しています。
FX-730P

デザイン的にはPB-120(下)などと似たイメージです。PB-120と同様データバンク機能を搭載しておりキー配列も似ていますが、FX-730Pには数式記憶機能がありますのでそれに関連するキーが増えています。また、LCDが24桁に拡張されていますが、本体の横幅はこの通りほぼ同じです。
FX-730P & PB-120

FX-720Pとも比べてみました。こちらは横幅、高さともほぼ同じですが、FX-720PのほうはRAMカードスロットを内蔵しているため厚みがあります。このようにPB-100シリーズやFX-720Pと横幅が同じであることもあり、FA-3などのオプション機器は共通で利用できるものが多くなっています。
FX-730P & FX-720P

ちなみにこの機種、機械語は使用できませんが、隠しMODEコマンドを使用すればPEEK, POKEは使用できるようです(参考:Vintage Programmable Calculators)。以下に使用方法を書いておきます。ちなみにこの方法はFX-795Pでも同様に使用できるようです。

 MODE19(A,B) : POKE A,B に相当
 MODE18(A,B$) : PEEK A に相当 (結果は16進文字列の形でB$に格納される)

このポケコンは、当ブログも見ていただいている方から譲っていただいたものです。この場をお借りしまして深く御礼申し上げます。

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

tag : CASIO ポケットコンピュータ プログラム関数電卓 FX-720P FX-730P FX-795P PB-120

CASIO FX-840P

本日もCASIOのポケコンを紹介します。CASIO FX-840Pは、以前紹介したFX-860Pvcの前機種であるFX-860Pの下位機種です。デザインや性能はFX-860P/Pvcとほぼ同じですが、116種の組み込みプログラム(SCENTIFC LIBRARY)やデータバンク機能、数式記憶機能が省略されている代わりに6種の組み込み演算機能(行列、複素数、2/10/16進演算、統計)を内蔵しています。また、本体メモリ容量は8KBとなっており、FX-860P/Pvcの32KBより少なくなっています。
FX-840P

今回手に入れたものは元箱、マニュアルつきでした。
FX-840P元箱

マニュアルはこのようにFX-840P/841P/860Pで共通となっています。また、FX-840PはCASLを搭載していますので、CASLのマニュアルが別途付属しています。
マニュアル

FX-860Pvcと並べてみました。当然のことながらデザインはかなりよく似ています。FX-840Pで省略された機能(データバンク、数式記憶、組み込みプログラム、一部の関数など)のキーがない代わりに組み込み演算機能を呼び出す[Fx]キーがついています。
FX-840P & FX-860Pvc

[Fx]キーを押したところ。
Fxメニュー

複素数演算機能を呼び出してみました。FX-860Pvcの組み込みプログラムにも同様のものがあるので呼び出してみましたが、操作方法は全く同じです。[BRK]キーを押すと"Break"と表示されますし、おそらくはFX-860Pvcと同様にBASICで書かれている可能性が高いと思われます。ただし、FX-860Pvcで利用できた隠し命令、MODE100 や GOTO"LIB:n"は試してみましたがエラーになってしまいました。
複素数演算

最後に、FX-840P/841P/860P/860Pvcの機能比較表を載せておきます。FX-860Pvcの紹介記事にも同様の表を載せましたが、今回は840Pのマニュアルを入手したため少し修正、追加してあります。
FX-840PFX-841PFX-860PFX-860Pvc
CPUHD62002HD62002HD62002HD62002
RAM8KB(Max 40KB)8KB(Max 40KB)32KB(Max 64KB)32KB(Max 64KB)
階乗、順列・組み合わせ×
双曲線関数×
極座標変換×
PB-100互換BASIC×
CASL××
組み込みプログラム6(内、統計3)統計51116(内、統計47)116(内、統計47)
データバンク(メモ)×
数式記憶×
F.COM×××

こうしてみると基本的にはFX-840Pにできて、FX-860Pvcにできないことというのはなさそうですね。ただ、統計機能に関してはFX-860PVcよりFX-841Pのほうが高機能なようです。こうなると次はFX-841Pが欲しくなってしまいますね。あまりオークションでも見かけませんが、ゆっくり探してみたいと思います。

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

tag : CASIO プログラム関数電卓 ポケットコンピュータ FX-840P FX-860Pvc

CASIO PB-770

今日は久しぶりに古いポケコンを紹介します。本日紹介するCASIO PB-770は、以前紹介したPB-700のマイナーチェンジ版と言うべき機種で、キーボードからのカナ入力(PB-700ではCHR$関数による表示のみ可能)や[F]キーによる関数入力が可能になり、RAM容量が8KB(PB-700は4KB)に倍増しています。フルグラフィック表示が可能なLCDをはじめとするそのほかのスペックやデザイン、周辺機器(FA-10など)などはPB-700と共通となっています。
PB-770

PB-700(下)と並べてみました。[カナ]キーと[F]キーを除くと基本的には同じ形状、デザインとなっています。色合いはPB-700がシルバー調だったのに対してPB-770は上側がベージュ、下側が薄いシルバーとなっており、どちらかというとPB-500に近い色合いとなっています。
PB-770 & PB-700

裏面にはPB-700と同じ形状の増設RAMスロットが3つ付いていますが、使用可能なRAMモジュールはOR-8(8KB)となっており、これを3つ増設すると合計32KBと当時としてはかなり大容量なメモリを利用可能でした。ちなみにOR-4とOR-8は形状は似ていますが、それぞれPB-700, PB-770専用であり他の機種には利用できません。
OR-8

このようにキーボードからの直接カナ入力が可能です。
PB-770のLCD

内部を確認してみました。CPUはPB-700のHD61917(HD61913のマイナーチェンジ版でしょうか…?)と異なり、比較的新しい機種に採用されているHD61747が2個搭載されています。μPD1004GというものはCASIOのポケコンでよく利用されているHD61747/61913用の同期SRAMと思われます。PB-700ではHD61914という2KBのチップが4個搭載されていましたが、こちらのμPD1004Gはおそらく4KBのチップなのでしょう。ちなみに、PB-700の内部の写真がVintage programmable calculatorsに掲載されていますので比較していただくとお分かりかと思いますが、CPUやRAMチップの型番は異なりますが部品配置はそっくりで、同じ基板を使いまわしているのかと思うほどです。
CPU基板

LCD側の基板。LCDコントローラと思しき沖電気(現在はLSIの生産事業から手を引いてしまったようですが…)のチップが2つ載っています。これもPB-700とほぼ同じですね。
LCD基板

このPB-770はPB-700のマイナーチェンジとはいえ、メモリ容量が増大したことやカナ入力が可能となったことで、実用的なアプリケーションプログラムを作成することが可能でした。この機種に相当するFXシリーズは発売されませんでしたが、[F]キーを備えていたということはFXシリーズの上位機種としての役割も兼ねることを期待されていたのだと思います。PB-100から始まったHD61913/HD61747搭載ポケコンの集大成ともいえる機種であり、これ以降の上位機種はアーキテクチャが一新されたHD62002(FX-860P系)およびHD61700(PB-1000FX-870P系)搭載機種に置き換えられていくことになります。

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

tag : ポケットコンピュータ プログラム関数電卓 CASIO PB-770 PB-700

EPSONのWebプリワールドにハマった話

そろそろ年賀状シーズンということで、筆まめなどのソフトの購入を考えられている方もおられると思いますが、EPSONプリンタをお持ちの方は、EPSONの"Webプリワールド"を利用すると無料の素材を用いた年賀状を作成することができます。ただこのサービス、かなりクセがあって少し手こずりましたので、うまくいかない場合に確認すべき点などについて書いてみたいと思います。
Webプリワールド Webサイト

このサービスを起動すると、Webサイトから自動的にソフトウェアがダウンロードされ、起動されます。
起動中

しかし、対応しているプリンタドライバがインストールされているのにもかかわらずこんなエラーメッセージが表示されることがあります。
エラーメッセージ

EPSONサポートサイトには対応している環境やInternet Explorerの設定についてかなり詳しく書いてあり、私の場合はすべての項目で問題ありませんでした(というより、Windows 8/8.1を普通に利用していてデフォルトの設定から変えていなければ普通は大丈夫なはず)。さらにいろいろ調べていると、サポートサイト内にネットワークプリンタを使用する場合の注意点が書いてあるのを見つけました。実は我が家のプリンタ(EP-805Aです)もWiFi接続にて使用しているのですが、ネットワークプリンタの接続方法としては、EpsonNet Print PortおよびStandard TCP/IP Portしかサポートされておらず、これ以外のポートで接続されている場合に上記のようなエラーが発生するようです。我が家の場合はWindows 8.1をインストールした際に自動的にプリンタが認識されてドライバがインストールされたので(プラグ&プレイも進化したものですね)、どのポートで接続されているのかということは意識したことがありませんでした。早速確認してみると…(コントロールパネルの「デバイスとプリンター」で「プリンターのプロパティ」を確認します)。
デバイスとプリンター

このように"WSD"というポートで接続されていました。
プリンターのプロパティ

仕方がないのでStandart TCP/IP Portで接続しなおすことにしました。そのためにはプリンターのIPアドレスが必要ですが、不明な場合は「プロパティ」(「プリンターのプロパティ」ではありません)で確認することが可能ですので、これをメモしておきます。
IPアドレスの確認

Standard TCP/IP Portに変更するには、「プリンターのプロパティ」から「ポートの追加」をクリックします。ポートの種類で"Standard TCP/IP Port"を選択して「新しいポート」をクリックします。
ポートの追加

追加ウィザードが始まりますので、プリンタのIPアドレスを入力すればOKです。
追加ウィザード

ポートの追加が成功したら、このように「標準のTCP/IPポート」にチェックを入れればOKです。テストページを印刷するなどして動作を確認しておきましょう。
ポート変更

以上の設定で無事に起動するようになりました。
起動成功

いまどきのプリンタはネットワーク機能を標準で備えていることも多く、こういうトラブルはありがちだと思います。もう少しサービスの側を柔軟に作ってもらえたらこんな苦労もいらないのですが…。私と同様にEPSONのプリンタをネットワークで使用していてWebプリワールドが利用できない方は上記の手順で確認されてみてはいかがでしょうか。

※本サイトで紹介する内容は、すべて個人的研究の範囲内で行っていることです。ここに書かれた内容を実行したことによる、データ(クラウド上を含む)・ソフトウェア・ハードウェアの障害および金銭的損害について、私が責任を負うことはできません。重要なデータはあらかじめバックアップを行い、内容を十分に理解したうえで、ご自身の責任の下で行ってください。


テーマ : プリンター
ジャンル : コンピュータ

tag : EPSON EP-805A プリンタ Webプリワールド

Sony Z Ultra GPeにAndroid 5.0 Lollipopアップデートが来ました!

私の所有しているAndroidデバイスで、Android 5.0(Lollipop)へのアップデートが配布される予定のものは、現時点ではNexus 7(2012)とSony Z Ultra Google Play Edition(以下、ズルトラGPe)の2機種のみとなっています。Nexus 7(2012)のほうはファクトリイメージは公開されたとのことですがOTAアップデートは私の端末にはまだ来ていません。ところが、先日(12月5日)、なんとズルトラGPeにアップデートの通知が来ていることに気づきました。
アップデート通知

早速アップデートしてみました。バージョンを確認してみると、確かに5.0になっています。
バージョン情報

しかし、ホーム画面があまり変わり映えしない…と思ったら、画面下部のソフトキーのアイコンが変わっていました。しかしこれはわかりやすいのかどうか、微妙…。アプリのアイコンは全体的にLollipopの特徴であるフラットなデザインになっていますが、こちらももともとGoogleの各アプリがアップデートされるたびにアイコンが変わってきていたのであまり新鮮味はありません。
アップデート後のホーム

アプリドロワーを開くとKitkatとほとんど一緒…?
アプリドロワー

と思いましたが、実はLollipopの標準のホームアプリはGoogle Nowランチャーというもので、こちらを別途ダウンロードしてホームアプリを切り替えると…
Google Nowランチャーの設定

よくwebサイトなどで紹介されている白を基調とした雰囲気に変わりました。
Google Nowランチャー

他にいくつか気づいた変化は…まずはこちらのタスク切り替えでしょうか。ソフトキーの右端の"□"を押すと出てきます。Windows 7のように各ウィンドウが立体的に動きます。
タスク切り替え

通知領域から右上の人のマークのアイコンをタップするとこのように設定ボタンの一覧が表示されます。ちなみに歯車のアイコンをタップすると設定アプリが開きます。
スイッチ類

ここで再度人のマークをアイコンをタップするとユーザー切り替えの設定が表示されます。WindowsやUNIX系OSでおなじみのマルチユーザーに対応しているのがわかりますね。
ユーザー切り替え

メールアプリは廃止され、Gmailアプリに一本化されました。OSをアップデートした際にIMAPとPOP3の設定やメールはこちらに引き継がれますが、Exchange ActiveSync(EAS)は引き継がれません。
Gmail

GoogleのことだからEASのサポートを切ったのかとも思いましたが、アカウント設定で"Exchange"を選ぶとちゃんと設定することができました。これまで通り連絡先やカレンダーの同期も問題なく可能です。
アカウント設定

パッと目についたのはこんな程度ですが、細かい変更点はいろいろあるようです。これからもまた少しずつチェックしていこうと思います。

※本サイトで紹介する内容は、すべて個人的研究の範囲内で行っていることです。ここに書かれた内容を実行したことによる、データ(クラウド上を含む)・ソフトウェア・ハードウェアの障害および金銭的損害について、私が責任を負うことはできません。重要なデータはあらかじめバックアップを行い、内容を十分に理解したうえで、ご自身の責任の下で行ってください。
※また、Sony Z Ultra Google Play Editionには技適マークがついていません。このブログの目的はあくまでも研究であり、技適マークのない端末の利用をお勧めするものではありません。

ズルトラGPeはもう手に入りませんが、Lollipopを手軽に体験したいならこちらをどうぞ。

テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : SONY スマートフォン タブレット Z Ultra GPe Android 5.0 Lollipop

フォトパネル 06でフォトコレクションを利用する

前回、docomoフォトパネル 06を紹介しましたが、実はまだひとつ紹介していない機能が残っています。それは、docomoのオンラインアルバムサービスである「フォトコレクション」です。このサービスは無料で5GBの容量が利用でき、スマホアプリの設定を行っておくと撮影した画像が自動的にアップロードされるというもので、他のオンラインストレージサービスの画像バックアップ機能と同じように利用できます。まずは準備としてスマホ(AndroidとiOSに対応しています)アプリ側で「自動アップロード」を設定しておきます。この設定を行うと撮影済みの画像がすべてアップロードされ、さらに今後新たに撮影された画像も次々とアップロードされていきます。ちなみに、スマホの内蔵カメラで撮影した画像のみならずEye-Fiカードから取り込んだ画像も自動的にアップロードされました。
フォトコレクション設定画面

このアプリにはもともとフォトパネル専用サービスである「お便りフォト」と連携する機能も備わっていますが、私のフォトパネルは回線契約をしていませんので今回は利用しません。
お便りフォト設定画面

次にフォトパネル側の設定を行います。初めてフォトコレクションアプリを起動すると、docomo IDの入力画面になります。
docomo ID認証画面

しかし、SIMカードが差さっていない状態だと、WiFi接続されていてもこのように認証エラーになってしまいます。
認証エラー

そこで、通常のXi契約(=フォト契約でない)のSIMカードを差して再度行ってみると無事に認証が成功しました。一度認証してしまうとSIMは抜いても大丈夫です。このようにフォトコレクションにアップロードされた画像をスライドショー形式で楽しむことができます。
フォトコレクションのスライドショー

さらに、フォトコレクションの写真をフォトパネルの本体内メモリにダウンロードすることも可能です。いったんダウンロードしてしまうと、お便りフォトサービスで取り込まれた写真などと全く同じように扱うことができますj。
ダウンロード中

オークションなどでフォトパネルを入手すると回線契約が付属していないのが普通かと思いますが、フォトコレクションのサービスを用いると、スマホで撮影した画像(およびEye-Fiでデジカメから取り込んだ画像)を自動的にフォトパネルで閲覧することが可能となるのでけっこう便利です。フォトパネルを入手したのはいいけれど、専用の回線契約をしておらず、SDカード経由で写真を転送するのが面倒くさい…と思われる方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

※本サイトで紹介する内容は、すべて個人的研究の範囲内で行っていることです。ここに書かれた内容を実行したことによる、データ(クラウド上を含む)・ソフトウェア・ハードウェアの障害および金銭的損害について、私が責任を負うことはできません。重要なデータはあらかじめバックアップを行い、内容を十分に理解したうえで、ご自身の責任の下で行ってください。

続きを読む

テーマ : NTT DoCoMo
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : docomo フォトパネル 06 東芝 SONY SO-04E フォトコレクション Eye-Fi

アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示