P-01Dのroot化に挑戦してみました (1)

最近お蔵入りになってしまっているPanasonicの初期のAndroidスマートフォンP-01Dですが、ふとroot化してみようと思い立って引っ張り出してきました。この機種はroot化が容易であり、初心者向けのツールキットなども用意されてるのでroot化Androidシステムの基礎を勉強するにはもってこいの機種かと思います。それに、この機種はコンパクトなのはいいのですが、内蔵ストレージが少ないのにプリインストールアプリがてんこ盛りに入っており、不要なものを削除しないと実用的に使用するのは困難です。おそらくプリインストールアプリにすべてアップデートを適応しただけでストレージがいっぱいになってしまうと思われます。(Facebookなどはアップデータも大きいですから…)
P-01D

本日は準備編ということで、必要なものを揃えることから始めてみます。手順については「Panasonicスマホ・タブレット まとめWiki」を参考にさせていただきました。

1. JDKのインストール
こちらのサイトからJDKをダウンロード、インストールします。インストールオプションはすべて規定値でOKです。

2. Android Studio(旧Android SDK)のインストール
こちらのサイトからAndroid Studio (SDK)をダウンロード、インストールします。インストールオプションはすべて規定値でOKです。ちなみにadbなどのコマンドラインツールは C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Android\sdk\platform-tools に入っているので、このフォルダにパスを通しておかないと不便です。
パス設定

3. Toolkitのインストール
P-01D Toolkit 公式配布ページから最新の(少なくともrev5a 以上)ものをダウンロードします。Cドライブに適当なフォルダを作成し(ここでは、C:\P-01D としました)、ダウンロードしたアーカイブをここに解凍します。次にコマンドプロンプトを開き、以下のように操作します。

 cd c:\P-01D
 runme

警告のメッセージが表示されるので、よく読んで指示通りに進めると、メニューが表示されます。
Toolkitメインメニュー

ADBドライバをダウンロードするために"c."を選択します(Panasonicのサイトが開きます)。ダウンロードしたドライバファイルを適当なフォルダに解凍します。

P-01D本体側で「設定」-「アプリケーション」-「開発」-「USBデバッグ」をONにします。
P01Dr_ss1.png

PCに接続し、さきほどダウンロードしたADBドライバを指定してインストールします。Android Composite ADB Interfaceがインストールされておれば成功です。これで必要なものはすべて揃いました。ここでオマケとして、ZiiOと同様にSDKを利用してSSを取得する方法を書いておきます。

コマンドプロンプトで、adb start-server を実行
C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Android\sdk\tools\monitor.batをダブルクリックして実行
(旧SDKのDDMSからmonitorに名前が変わりました)

左側のペーンのデバイス名を選択し、カメラマークのアイコンをクリックすればOKです。基本的にはZiiOのときと同じ方法ですが、SDKのバージョンアップに伴って少しだけ操作が変わりました。
monitor

本日はとりあえずここまでとし、次回から実際にroot化の作業を行っていきたいと思います。

※本サイトで紹介する内容は、すべて個人的研究の範囲内で行っていることです。ここに書かれた内容を実行したことによる、データ(クラウド上を含む)・ソフトウェア・ハードウェアの障害および金銭的損害について、私が責任を負うことはできません。重要なデータはあらかじめバックアップを行い、内容を十分に理解したうえで、ご自身の責任の下で行ってください。
※特にroot化を試みることにより文鎮化(起動しなくなる)のリスクがあり、メーカー保証も全くきかなくなりますのでご注意ください。

他のスマホよりは比較的安価に手に入ります。全カラー揃えてみてもいいかも!?




スポンサーサイト



テーマ : Android
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : docomo Panasonic Android P-01D スマートフォン root化

CASIO fx-4000P

このところプライベートが忙しくて更新が滞りがちになってしまっており申し訳ありません。本日はCASIOの電卓シリーズの続きということで、fx-4000Pを紹介したいと思います。fx-4000Pfx-3900Pの上位機種であると考えてよいと思われます。プログラム言語の仕様はfx-3900Pと同様ですが、プログラムエリア数が10, ステップ数が最大550ステップとなっており、fx-3900Pではサポートされていなかったメモリ割り当て用Defm命令も備わっています。
fx-4000P

WRTモードの表示画面。FX-601Pなどと似た画面構成となっています。
WRTモード表示

内部も確認してみました。後期のPBシリーズに採用されているものと同じHD61747と、1KBの同期SRAM HD61914が搭載されています。ハードウェア的にはPB-100Fあたりと共通性が高そうです。
内部

fx-4000Pはこのようにポケコンに近いアーキテクチャで設計された高性能プログラム電卓でした。直系の後継機種は出ていないと思われますが、後に発売された上位機種であるfx-4500Pが実質的には後継機種といっていいのではないかと思われます。(fx-4100Pは数式記憶機能のみ、fx-4200Pはfx-4100Pにデータバンク機能を追加したものであり、いずれもfx-4000Pの後継機種ではないと思われます。)

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

tag : プログラム関数電卓 CASIO fx-4000P

CASIO fx-3800P

CASIOの電卓シリーズ第2弾は、プログラム関数電卓fx-3800Pを紹介したいと思います。fx-3800Pはfx-3500P/fx-3600Pなどの多機能関数電卓の上位機種であり、プログラム言語もfx-3600Pなどと同様のものを搭載していますが、プログラムエリアが4つ、ステップ数が135ステップと容量が大幅に拡張されています。また、一般的な関数計算、統計計算以外の特殊な計算機能として、2/8/10/16進演算、直線回帰計算機能を搭載しています。なお、この機種を検索しても日本語のページが全くヒットしませんので、国内では発売されなかったのかもしれません。
fx-3800P

プログラム容量は増えましたが、言語仕様はfx-3600Pなどと同じです。無条件ジャンプとしてはプログラム先頭に戻るRTN命令、条件ジャンプとしては条件が真ならプログラム先頭に戻るx>0, x≦Mの2つしかありませんので、高度なプログラムを作成するのは困難そうです。fx-3900P以上になるとfx-7000G/fx-7200Gなどと同様のもう少し強力な(ラベルやカウントジャンプが使えるなど)プログラム言語が利用できるのですが…。
ジャンプ命令キー

内部も確認してみました。CPUらしきチップがありますが、型番などは消されていて不明でした。
内部

fx-3500P/3600P/3600Pv/3800Pの相違点を表にしてみました。プログラム容量が大幅に増えた一方で、下位機種で利用できた論理演算、数値積分、分数計算の機能は省略されています。
fx-3500Pfx-3600Pfx-3600Pvfx-3800P
分数×
n進数××
論理演算×××
順列組合せ×××
数値積分×
ステップ数383838135

ざっとこんな感じで、FX-501P/FX-502Pを除いたCASIOの7セグメントLCD搭載プログラム関数電卓の中では上位にあたる機種のひとつだと思います。オークションでもfx-3600P/fx-3900Pなどと比べると出品されることも少ない機種ではありますが、興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

tag : プログラム関数電卓 CASIO fx-3800P

CASIO 時計つき関数電卓 fx-8100

体調を崩していたたため更新が滞ってしまっていました。本日は久しぶりにちょっと珍しめの関数電卓を紹介したいと思います。本日紹介するCASIO fx-8100は、時計機能内蔵の関数電卓です。プログラム機能はありませんが、時計、日付、アラーム、ストップウォッチ、カウントダウンタイマー×2、時報と、かなり充実した時計機能を搭載しているのが特徴です。この機種は同様の機能を持つfx-8000(fx-7000G/fx-7200Gの上位機種であるfx-8000Gとは全く無関係です)の後継機種となります。電池は酸化銀電池SR1130を2個使用し、約1年間連続使用が可能とのことです。
fx-8100

今回入手したものは箱、マニュアルもセットになっていました。
fx-8100セット内容

fx-8100には他の多くの薄型関数電卓と同様に手帳型ケースが付属していますが、閉じていでも時刻が見えるようにこのように窓が開けられています。近頃のスマホケースにもこのようなデザインのものがありますね。
手帳型ケースを閉じたところ

表示部の拡大写真。時刻・日付表示中の小数点は曜日を示します(LCD下部に曜日の表記があります) 。カレンダーはオートカレンダーで、年月日を設定すれば曜日は自動的に表示されるのですが、残念ながら1999年までの対応です。まさか20年を超えて使われるとは想定していなかったのでしょうね。占い電卓FT-21などは2099年まで利用可能なのですが…。
時計・曜日表示

内部も確認してみました。日立のHD43123というチップが使われています。この時期のCASIOの電卓に多く使われているHD43~の型番のものですね。
内部写真

ちなみにアラームはこんな音が鳴ります。
[広告] VPS

これから数回にわたってCASIOの電卓を紹介していきたいと思います。

テーマ : コレクション
ジャンル : 趣味・実用

tag : CASIO 関数電卓 時計 fx-8100

アクセスカウンタ
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示