Pebbleを日本語化してみました

前回の記事で紹介したPebbleですが、そのままでは日本語には対応しておらず、日本語の通知を受信すると全角文字がこのとおり全て□に化けてしまいます。
文字化け

これを解決する方法をいろいろ検索していてまずみつけたのが、テクスプレスさんが開発した日本語カスタムファームウェアをインストールする方法です。スマホでこちらのページにアクセスしてダウンロードすると、Pebbleに転送されます。
カスタムファームウェアのインストール

このファームウェアをインストールすると日本語の表示が可能となりますが、ファームウェアの容量制限から表示可能な全角文字は1300文字に限られており、このとおり一部の文字は相変わらず□のままです。また、文字フォントサイズがsmallのみの対応なので、Notificationの設定でフォントサイズをsmallに設定しておく必要があります。
文字化け

一部のアプリはこのように動作が不安定になってクラッシュしてしまうこともあります。
アプリのクラッシュ

そこで次に試したのが、日本語ランゲージパックを導入する方法です。Cryingnekoさんが最近になって公開され、こちらからダウンロード可能です。事前にカスタムファームウェアを導入していた場合は、インストールに先立って、まず本体を初期化してオリジナルのファームウェアに戻す必要があります。Back+Up+Select の3つのボタンを同時に30秒間押し続けるとリカバリーモードとなり、オリジナルの最新ファームウェアに戻ります(スマホと接続されている必要があります)。なお、Pebble本体メニュの"Factory Reset"ではファームウェアは元には戻りませんので注意が必要です。
リカバリ中

次にスマホでこちらのページにアクセスしてランゲージパックをダウンロードするとPebbleにインストールされます。なお、私の環境(Sony Z Ultra GPe, Android 5.1, Firefox)ではなぜかリンクを直接Pebbleアプリで開いてもうまくインストールできず、一旦端末内にダウンロードしてからPebbleアプリで開くとうまくいきました。
ランゲージパックインストール開始

インストール中。2-3分かかります。
インストール中

言語選択画面を開くと、本来なら日本語パックが選択されているはずですが、なぜか私の環境では空欄に…。
インストール後の言語選択画面

なぜかPebble本体でも"unknown"となっていますが、このように日本語化自体は成功しています。この画面でSelectボタンを押すことで英語と日本語を切り替えることが可能です。
日本語パック選択中

ほとんど□が出なくなりました。ランゲージパックは、容量の関係でファームウェア本体と比べて多くのフォントを収録できるようです。
文字化けがなくなりました

この日本語ランゲージパックは個人で開発されたものですが、かなりできがよく、テクスプレスさんもこれを受けて日本語カスタムファームウェアの開発を終了してこちらの使用を推奨されているほどです。しばらくこれで使用してみたいと思います。次回以降、アプリやウォッチフェイスの紹介もしてみたいと思います。

※本サイトで紹介する内容は、すべて個人的研究の範囲内で行っていることです。ここに書かれた内容を実行したことによる、データ(クラウド上を含む)・ソフトウェア・ハードウェアの障害および金銭的損害について、私が責任を負うことはできません。重要なデータはあらかじめバックアップを行い、内容を十分に理解したうえで、ご自身の責任の下で行ってください。
※また、Pebbleには技適マークがついていません。このブログの目的はあくまでも研究であり、技適マークのない機器の利用をお勧めするものではありません。
スポンサーサイト



テーマ : スマートウォッチ
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : Pebble Android スマートウォッチ 日本語

Pebbleを買ってみました

今年はApple Watchも発売され、スマートウォッチが本格的に普及する年になりそうです。私もこれまでSONYスマートウォッチLiveView MN800→SmartWatch MN2SmartWatch2 SW2と出るたびに買ってきていましたが、今話題のAndroid Wearについては電池のもちが悪い点や価格もそれなりに高い点から二の足を踏んでいました。なにかいいスマートウォッチはないものかと調べていてふと目に留まったのが今回紹介するPebbleです。このスマートウォッチは今はやりのクラウドファンディング大手のKickstarterで1000万ドル以上の出資を集めて開発され、2013年に発売にこぎつけました。これまでに100万個以上を販売したそうで、最も成功したスマートウォッチのひとつに数えられています。この機種はAndroid WearやApple Watchとは対照的な思想で設計されており、機能は必要十分なレベルに絞り込んだ代わりにバッテリのもちがよく、安価($99, Apple Watchの1/4です!)であるのが特徴です。タッチパネルはなくディスプレイもモノクロのe-ink(実際にはメモリ液晶だそうです)ではありますが、一度充電すると1週間程度持つとされています。また、e-inkのディスプレイは他のスマートウォッチと異なり常時表示されており、明るい屋外での視認性も良好で、とにかく腕時計としての基本がしっかり押さえられているのが何よりの長所だと思います。購入は公式サイトで可能で、基本モデルのPebble Watchが$99, 金属製のケースを採用しているPebble Steelが$199、日本までの送料は船便ではありますが無料となっています。で、届いた荷姿がこれ。注文から約1週間程度で到着しました。何しろ安価ですので追加で税金を取られることもなく、まさに$99ポッキリで手に入りました。
荷姿

こんな箱に入っています。箱に書いてあるとおり、Android(4.0以上)とiOS(7.0以上)に対応しています。これまでiOSに対応しているスマートウォッチがあまりなかったせいか、webで検索するとiPhoneユーザーの方々が書かれた記事が多くヒットします。
外箱

箱をあけたところ。
箱を開けたところ

本体の下に簡単な説明書類や充電ケーブル)が入っています。
箱の中身

充電ケーブルのアップ。Xperiaシリーズと似たマグネット式のケーブルです。ちなみにPebbleは50m防水に対応しています。
充電ケーブル

私はPebbleをズルトラGPeとペアリングすることにしました。
ペアリング

ペアリングが完了したらGoogle PlayからPebbleアプリをインストールします。アプリを起動するとまずPebble本体のファームウェアのアップデートが始まります。
ファームウェア更新

これだけで基本的な機能(時計、アラーム、通知)は使えるようになります。通知機能はSmartWatch2のWrist通知などと同様でAndroidの通知領域に表示されるものがそのまま表示されるようになっています。また、どのアプリからの通知を受け取るかを設定することができます。
PebApp_notification.png

一部の通知に対しては定型文を登録しておけばPebble本体の操作のみで返信することも可能なようです(実際に試したことはないのでどのアプリに対応しているのかは不明ですが…)。
PebApp_response.png

音楽再生のコントロール機能もついています。Pebbleアプリ側ではPowerampなどの他のアプリも選択できるようになっており、実際に再生/一時停止/順送り/逆送りの操作は可能ですが、曲名などの表示についてはGoogle Play Musicのみの対応となっているようです。
PebApp_music.png

残念ながら標準ではPebbleは日本語には対応していません。
PebApp_language.png

このように日本語の通知を受け取ると文字化けしてしまいます。これについてはいくつか独自に日本語対応を試みた方がおられるようで、カスタムファームウェアなどが出回っています。
文字化け

とりあえず本日はここまでとしますが、次回以降はアプリのインストールや日本語化を試してみたいと思います。

※本サイトで紹介する内容は、すべて個人的研究の範囲内で行っていることです。ここに書かれた内容を実行したことによる、データ(クラウド上を含む)・ソフトウェア・ハードウェアの障害および金銭的損害について、私が責任を負うことはできません。重要なデータはあらかじめバックアップを行い、内容を十分に理解したうえで、ご自身の責任の下で行ってください。
※また、Pebbleには技適マークがついていません。このブログの目的はあくまでも研究であり、技適マークのない機器の利用をお勧めするものではありません。

公式サイトよりは少し高くなりますがこちらでも購入可能です

テーマ : スマートウォッチ
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : Pebble スマートウォッチ Android SONY Z Ultra GPe

OLYMPUS PEN Lite E-PL6 購入!

以前から使用しているOLYMPUSPEN Lite E-PL3ですが、本体とセットになっていた標準ズームレンズ(M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R)が故障してしまいました。症状は、なぜか望遠側にズームしてシャッターを切ろうとするとピントが合わなくなってしまい「レンズの状態を確認してください」というエラーメッセージが表示されてしまうというものです。仕方がないのでレンズだけ買い替えようと思いましたが、どうせなら最近発売になった電動パンケーキズームレンズ(M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ)を買おうと思いました。しかし、Amazonで見てみると、このレンズ単体で買うのと、型落ち品にはなってしまいますがE-PL6の電動ズームキットを買うのとでは、1万円程度しか違わないことに気づきました。どうしたものかとしばらく悩んだのち、結局E-PL6の電動ズームキットを買ってしまいました。で、届いたのがこれ。今回は純正のソフトケース(CS-14SF)と自動レンズキャップ(LC-37C)、液晶保護フィルム(タッチフォーカス対応ですし)を一緒に買いました。
届いたもの

E-PL6の外箱。
外箱

箱の中身。
箱の中身

中身を取り出したところ。本体、フラッシュ、レンズ(電動パンケーキズームレンズ)、グリップ、ショルダーストラップ、説明書、CD-ROM、バッテリ、充電器、ケーブル類が入っています。
セット内容

付属のレンズ(左)を従来の標準ズームレンズと比べてみました。ほぼ同スペックであるのにも関わらずかなりコンパクトになっています。
新旧ズームレンズ比較

単焦点のパンケーキレンズ(M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8、左)とほぼ同じ厚みです。
単焦点パンケーキレンズとの比較

次に自動開閉レンズカバーを見てみましょう。こちらが表側。
レンズキャップ表側

裏側。小さな突起が出ていて、電源が入るとレンズがせり出すのを検知する仕組みのようです。
レンズキャップ裏側

レンズとキャップを本体に取り付けたところ。
E-PL6

電源をONにしたらこの通り開きます。
電源ON時(1)

ちなみに電源ON時、レンズはこの程度せり出します。
電源ON時(2)

E-PL3(右、単焦点パンケーキレンズ装着中)と並べてみました。大きさはほぼ変わらず、ズームレンズをつけたときの持ち運びやすさはかなり向上しました。E-PL3のほうはせっかくなのでこちらの単焦点レンズを装着して使用していこうと思います。
E-PL6 & E-PL3

こちらがソフトケース。レッドを選びましたが、少し暗めのえんじ色っぽい色です。
ソフトケース

ケース内部。左手前にはバッテリーなどを収められる小物入れがついています。
ソフトケース内部

E-PL6を収めたところ。さすが純正だけあってフィットしています。また、それなりにつくりもしっかりしていますしクッションもある程度きくので安心して使用できそうです。
E-PL6を収めたところ

これからこのカメラをメインに使用していきたいと思いますが、またE-PL3との違いなど気づいたところなどをレビューしていきたいと思います。

こちらのリンクはダブルズームキット(電動パンケーキレンズではない)ですが、今回はEZレンズキットを購入しました。


今回購入したものです。

続きを読む

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : OLYMPUS E-PL3 E-PL6 PEN Lite

鳥羽旅行記 (2)

本日は前回に引き続き、鳥羽旅行2日目の様子を紹介したいと思います。この日はホテルをチェックアウトしてまず向かったのが鳥羽湾めぐりの遊覧船です。鳥羽湾一周と、途中で「イルカ島」というちょっとした水族館のある島に寄ることができるコースで、市営船なども発着するマリンターミナルか、鳥羽水族館前から乗ることができます。船は2隻で運行されていますが、こちらが「竜宮城」という船。もう一隻は普通の船でした。
観光船「竜宮城」

イルカ島の入り口。イルカやアシカのショー、イルカとの触れ合い体験、展望台などがあります。
イルカ島入り口

イルカショーは2頭のイルカが出てきましたが、そのうち1頭はまだ訓練途上なのかいまひとつ芸をこなし切れていない感じでした。
イルカショー

イルカのジャンプ。
イルカのジャンプ

こちらはアシカショー。アシカって器用ですよね。
アシカショー

アシカショーを見るには、展望台のある山のほうまで上がっていかなければいけません。遊歩道またはリフトで上がることができます。この写真は山頂にある展望台からの景色です。鳥羽湾はリアス式海岸なのでこのように大小の島々がたくさん浮かんでいます。
展望台からの風景

イルカ島の設備はそれほど充実はしていませんが、別途入島料を取られるわけでもないので、鳥羽湾めぐりのオマケと考えれば悪くない感じでした。船を下りると、景色が楽しめるパールロードをドライブすることにしました。鳥羽といえばやはりサザエやカキなどの磯の幸が名産品ということで、獲れたてのカキなどが食べられるところが道沿いにたくさんありました。
カキ直売所

プリプリの焼きガキ。注文するとその場で焼いてくれます。新鮮なので生臭さもなく、貝類が苦手な方でもおいしくいただけるのではないかと思います。
焼きガキ

ここがパールロードの「鳥羽展望台」で、お土産屋さんやレストランなどがあります・
パールロード鳥羽展望台

こんなイセエビのフィギュアが売っていました。お値段2,160円(税込)。我が家以外でこんなもの買う人はいるんだろうか…!?
イセエビフィギュア

「兄弟酒」の歌碑がありました。
「兄弟酒」歌碑

展望台を出てしばらく走ると次の見どころはこの「的矢湾大橋」でしょうか。
的矢湾大橋

ドライブ終了後は夫婦岩へ向かいました。
夫婦岩

ここは二見興玉神社の境内になっています。神社の駐車場自体は無料で停めることができますが、満車であれば近くの有料駐車場を利用しなければならないこともあります。
二見興玉神社

帰りは伊勢自動車道を利用しました。ちょうど「なばなの里」でライトアップをしているということで寄って帰ろうと思ったのですが、あいにくこの日は道路の渋滞がひどく、時間的に間に合わなくなったので断念しました。早く新名神高速道路が全開通して東名阪のバイパスの役割を果たすようになってくれればありがたいのですが…。これからは帰りもフェリーがいいのかなあ…。

伊勢といえばやはりイセエビですよね。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 伊勢 鳥羽 イルカ島 カキ パールロード 鳥羽展望台 竜宮城

アクセスカウンタ
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示