YAMAHA PORTATONE PSR-530の修理

我が家にはYAMAHAのキーボード、PORTATONE PSR-530があります。主に子どもがピアノの練習用に使用しているのですが、最近いくつかのキーが反応しなくなってしまいました。それも各オクターブのF#とGが鳴らないという…。この症状から考えるとおそらくキーボード(鍵盤)はパソコンなどと同様にキーマトリクスになっており、縦横のラインのうちの1~2本の接触が悪くなってしまったのではないかと思われました。
PSR-530

このまま捨ててしまうのはもったいないので、内部を調べてみることにしました。内部はとてもシンプルで、基板はコネクタ部、アナログ部、デジタル部、キーボード部、といった感じに分かれています。こちらはコネクタ部の基板ですが、ロジックICやMIDIのためのフォトカプラなどが載っています。
コネクタ部の基板

こちらはアナログ部。三洋のパワーアンプIC LA4705というものがが使われています。データシートを探してみると、15W×2のステレオパワーアンプのようです。
パワーアンプ

デジタル部はこのようにシールドで覆われています。アナログ回路へのノイズ混入を防ぐためなのでしょう。
デジタル回路のシールド

シールドを外したところ。いくつかのロジックICのほか、YAMAHA製のXT89850というLSIと三菱の1M bit(128K×8bit)のC-MOS SRAM M5M51008が載っています。XT89850はおそらくCPUと音源チップを集積したものなのだと思われますが、外付けのROMもないようですので音色波形のROMもこの中に入っているのでしょうね。
デジタル部の基板

キーボード部にはこのようにコントローラICと思われるYAMAHAのXR951A0というチップが載っています。おそらくパソコンのキーボードコントローラ(8049など)とよく似たワンチップマイコンなのではないかと思われます。(こんなところで売ってたりしますね。CPUと書いてありますのでやはりワンチップマイコンなのでしょうか。) キーボードコントローラ基板からはキーボード本体に向かってフラットケーブルが伸びています。キーボードは左右2つに分かれており、それぞれに7pin/5pinのフラットケーブルが接続されています。また、12pinのフラットケーブルは両方に接続されており、合計すると12×12のキーマトリクスになっているようです。下の画像で左右に分かれているグレーのケーブルが5pin/7pinのケーブルで、スポンジで覆われているのが12pinのケーブルです。(12pinのケーブルは正確には画像で向かって左半分のキーボードに接続され、左半分と右半分の間も12pinのケーブルで結ばれています。)
キーボードコントローラ

キーボード本体を分解したところ。スイッチングダイオードがたくさん並んでいます。
キーボード (1)

キーボードの接点部分。一つのキーに対して2つの接点があり、それぞれにダイオードが接続されているようです。鍵盤側には電卓などと同じような導電性ゴムが使われているようですが、ちょっと特殊な形をしていますね。ここからはあくまでも憶測ですが、このキーボードはタッチレスポンスに対応しています。キーを抑え込む力の強弱でどちらの接点がONになるかが変えてあり、2つの接点がONになる時間差によって打鍵速度を検出しているのではないでしょうか。
キーボード (2)

というわけで本題の修理ですが、上記のように各オクターブのF#とGが鳴らないという症状からは12pinケーブルの接触不良を疑いました。テスターでチェックしてもケーブルの断線はなさそうでしたので、一旦コネクタを外して再接続し、ついでにキーボードの接点をクリーニングしておきました。そして組み立てなおしてみると…みごとに直っていました! うちの子たちどれだけ真剣にピアノを続けるかわからないので(もちろん、続ける気があるならちゃんとしたピアノかせめて電子ピアノを買いたいところですが…)、もうちょっとこれで頑張ってもらうことにします。

※本サイトで紹介する内容は、すべて個人的研究の範囲内で行っていることです。ここに書かれた内容を実行したことによる、データ(クラウド上を含む)・ソフトウェア・ハードウェアの障害および金銭的損害について、私が責任を負うことはできません。重要なデータはあらかじめバックアップを行い、内容を十分に理解したうえで、ご自身の責任の下で行ってください。

YAMAHAの現行機種です
スポンサーサイト



テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

tag : YAMAHA PORTATONE PSR-530 修理

Plantronics M70のマルチポイント接続

最近のBluetoothヘッドセットは複数の携帯電話とペアリングし、同時に接続して待ち受ける(マルチポイント接続)ことができるものが多くなっています。私が愛用しているPlantronics M70もそんなヘッドセットのひとつですが、今回はスマートフォンのSony Z Ultra Google Play Edition (ズルトラGPe)と、フィーチャーフォンF-09Cとのマルチポイント接続を試してみました。今回はズルトラGPeは音楽再生用途も兼ねるため、「電話の音声」(HFPと思われます)と「メディアの音声」(A2DP/AVRCPと思われます)にチェックを入れて設定します。
Z Ultra GPe Bluetooth設定

対するF-09Cは通話だけできればよいので、A2DPのチェックは外してHFPのみチェックして設定します。
F-09C Bluetooth設定

これでズルトラGPeでの通話と音楽再生、F-09Cでの通話が可能となりました。2台の携帯の電源が入った状態でM70の電源を入れると、問題なくズルトラGPe側でHFP/A2DP/AVRCP、F-09C側でHFPで接続されます。ただし、ズルトラGPeの電源が切れていたりしてF-09C側が先に接続されてしまうと、A2DP/AVRCPもF-09C側で接続されてしまうことがありました。この場合はF-09Cの接続種別設定画面からA2DPを切断したうえでズルトラGPeを再接続すれば回復します。

現在使用中の機器たち

最近はこの設定で自転車通勤をしていますが、ズルトラGPeはPebbleとも接続してあり音楽再生はこちらからコントロールしています。発信操作はズルトラGPeは同じくPebbleからも可能ですが、F-09Cは本体を操作するしかありませんね。まあ、走行中に発信することはないのでとくに不便は感じませんが…。

※本サイトで紹介する内容は、すべて個人的研究の範囲内で行っていることです。ここに書かれた内容を実行したことによる、データ(クラウド上を含む)・ソフトウェア・ハードウェアの障害および金銭的損害について、私が責任を負うことはできません。重要なデータはあらかじめバックアップを行い、内容を十分に理解したうえで、ご自身の責任の下で行ってください。
※また、Sony Z Ultra Google Play Editionには技適マークがついていません。このブログの目的はあくまでも研究であり、技適マークのない端末の利用をお勧めするものではありません。

テーマ : ハンズフリー
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : Android SONY Z Ultra GPe docomo フィーチャーフォン 富士通 F-09C Bluetooth

U8 SmartwatchとSO-04Eでもやっぱり…?

以前紹介した中華スマートウォッチのU8 Smartwathですが、前にも書いた通り、Sony Z Ultra GPe(ズルトラGPe)では歩数計の同期や通知機能が一切動作しませんでした。Androidのバージョンが5(Lollipop)なのがいけないのか、他のスマートウォッチ(SmartWatch2Pebble)のアプリと干渉しているのか、などと考えて、Xperia feat. HASTUNE MIKU(SO-04E)で試してみることにしました。ズルトラGPeの時と同じく(日本語版ではない)説明書のQRコードからapkをダウンロードして試してみました。
U8 Smartwatch & SO-04E

結果は…残念ながら歩数計の同期、通知(Gmailで試しました)ともうまくいきませんでした。次に、日本語版説明書に書いてあるリンクを使用しました。これがかなりわかりにくいのですが、Baiduのページが表示されたら「登録」というボタンをタップして、下記の画面で説明書に書いてあるID(上段)とパスワード(下段)を入力します。
ログイン画面

ログインしたら”S”というフォルダを開くと、中にapkが入っていますのでダウンロード、インストールします。
ファイル一覧

こちらのアプリは中国語版なのか、表示にかなり中国語が入っていますが、基本は同じです。
アプリ起動画面

歩数計のほうはやはり同期されませんでしたが、通知は届くようになりました。文字化けしているのはご愛嬌…。
通知内容

メニューアイコンの「予告」からも通知を確認できます。通知を表示中に真ん中のハードアイコンをタップすると順に古い通知が表示されていきます。また、長い通知をスクロールしたい場合は一番左のハードアイコンをタップします。(実際はスクロールではなくページ切り替えですが…) 残念ながらスワイプ操作などはできませんでした。
通知アプリアイコン

…とまあこんな感じで、Baiduからダウンロードしたアプリだと通知機能は動作するようになりました。必要最低限の機能としては使用できるようになり、何とかSmartWatch 2Pebbleの代わりに使えないことはないレベルになりました。ダウンロードの方法が少しわかりにくいので、参考にしていただければと思います。

※本サイトで紹介する内容は、すべて個人的研究の範囲内で行っていることです。ここに書かれた内容を実行したことによる、データ(クラウド上を含む)・ソフトウェア・ハードウェアの障害および金銭的損害について、私が責任を負うことはできません。重要なデータはあらかじめバックアップを行い、内容を十分に理解したうえで、ご自身の責任の下で行ってください。
※また、U8 Smartwatchには技適マークがついていません。このブログの目的はあくまでも研究であり、技適マークのない機器の利用をお勧めするものではありません。

テーマ : スマートウォッチ
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : Android スマートフォン SONY Xperia SO-04E MIKU U8 Smartwatch

おさいふケータイをスマホからガラケーに移行する方法

これまでメインの携帯電話としてXperia feat. HATSUNE MIKU SO-04Eを利用してきましたが、先日手に入れたガラケーF-09Cをかなり気に入ってしまったことと、やはりスマホは大画面が使いやすいということで、最近はもっぱらF-09CSony Z Ultra Google Play Edition(ズルトラGPe)との2台持ちで運用することが多くなってきています。そこで、これからは2台持ちするにあたっての便利な使い方などについて時々書いてみたいと思っています。第一弾の本日は、まずはおさいふケータイの移行方法から。ガラケーでおさいふを新規に利用する機会も減ってきていると思いますが、意外とわかりにくいところも多いかと思いますのでまとめてみることにしました。

1. ヨドバシゴールドポイントカード
事前の準備は必要ありません。「モバイルヨドバシ」iモードサイトのトップページに「おサイフケータイアプリダウンロード」のリンクがあるので、ガラケーでiアプリをダウンロードして、yodobashi.comのIDとパスワードでログインするのみでOKです。
ヨドバシカメラ iアプリ

2. ビックポイントケータイ
機種変更の説明を見ると「新旧の端末とポイントカードを持って店頭へ」と読めますが、実際には自分で移行することが可能です。まず、Android側でアプリを開いて会員証の削除します(これをしないとガラケー側でエラーになる)。
Android ビックカメラアプリ

次に、ガラケーから「ビックカメラ.com」のiモードサイトにアクセスし、下方の「ポイントカード」の欄のリンクをクリックしてダウンロードサイトへ移動し、ビックカメラ.comのIDとパスワードでログインします。
ビックカメラ iアプリ (1)

アプリが起動したら「会員証発行」を実行すればOKです。
ビックカメラ iアプリ (2)

3. モバイルSuica
AndroidのモバイルSuicaアプリの会員メニューから機種変更の手続きを行います。
Android Suicaアプリ

モバイルSuicaのiモードサイトにアクセスし、ページ下方の「アプリをダウンロードして会員登録」からモバイルSuica登録用iアプリをダウンロード、実行します。
モバイルSuica iアプリ(1)

次に、モバイルSuicaアプリをダウンロード、実行します。アプリが起動したら携帯メールのアドレスとパスワードを入力してログインし、「1.初期設定する」を実行します。
モバイルSuica iアプリ(2)

機種変更の確認表示が出るので「1.実行する」を実行すれば完了です。スマホ側で利用していたエクスプレス予約、EX-ICサービスも問題なく利用できるのを確認しました。
モバイルSuica iアプリ(3)

4.iDアプリ(DCMXの場合)
AndroidでiDアプリを起動し、設定メニューの「機種変更」を実行します。
Android iDアプリ

ガラケー側でiD設定アプリを起動(通常はプリインストールされているはず)します。バージョンアップを促されることが多いので指示通りに実行します。起動して初期設定が済んだら「設定メニュー」「カードの設定」からDCMXを選択してダウンロードサイトに接続します。
DCMX iアプリ ダウンロード

起動したら暗証番号を入力して完了です。
iD iアプリ

以上で主要なおさいふケータイのサービスを移行することができました。ガラケーからスマホへ移行される方はおられるでしょうが、私のようにスマホからガラケーに移す変わり者はあまりいないと思います。もし私のような変わり者が他におられたらお役に立てればと思います。

テーマ : DOCOMO
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : Android iアプリ おさいふケータイ docomo F-09C SO-04E スマートフォン

SHARP PC-1246

本日もポケコンを紹介します。SHARPPC-1246は、ベストセラーとなった入門機PC-1245の後継機種として1984年に発売されました。CPUはそれまでの8bit CPU SC61860に代えて4 bitのSC61720を採用し、処理速度が向上している一方で機械語が利用できない(PEEK, POKEはあるがCALLが使用できない)などの短所もあり、賛否両論のある機種であったようです。メモリはPC-1245とほぼ同じ2KBのRAMを内蔵していますが、互換性のある実行専用機のPC-1270と異なり増設はできません。
PC-1246

今回入手したものは元箱とマニュアルも付属していました。
PC-1246 セット内容

実行専用機のPC-1270(上)と並べてみました。当然のことながらデザインは似ていますね。
PC-1246 & PC-1270

裏側。PC-1270(上)にはRAMカードスロットがついていますが、PC-1246にはありません。
PC-1246 & PC-1270 (裏)

裏ぶたを外したところ。内部構造はかなり違っていそうですね。PC-1270の筐体はPA-500と共用しているのか、下のほうにシートキーのケーブルを通す穴と固定するネジがついています。
PC-1246 & PC-1270 (内部)

以前掲載したPA-500の写真。PC-1270と似ていますね。
裏ぶたを外したところ

内部も確認してみました。大きな部品はCPUのSC61720と2KB RAMの6116しかなく、非常にすっきりした印象です。セラミック発振子には"1024K"と書かれていますが、クロックは1MHzということでしょうかPC-1246もPC-1245と同様、低コストモデルのためかメモリ基板が独立していません。
PC-1246 基板

比較のため、こちらはPC-1270の内部です。メモリがRAMカードとして独立しているため、CPU以外にはほとんど部品が載っていません。セラミック発振子は同じく1MHzのようです。
PC-1270 基板

PC-1246は機械語も使えませんしあまり改造の余地もなさそうで、そういう意味ではあまり面白みのない機種かもしれません。ですが、コンパクトで演算速度も速く、デザインも昔のSHARPのポケコンらしい端正なデザインなのでけっこう気に入っています。ちょっとした計算などの目的に実用的に使用するのがよいかもしれませんね。

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

tag : SHARP ポケットコンピュータ プログラム関数電卓 PC-1246 PC-1270 PA-500

TOSHIBA PASOPIA mini IHC-8000

本日もポケコン紹介です。本日紹介するのは東芝から発売されていたポケコン(東芝では「ハンドヘルドコンピュータ」と呼んでいましたが、サイズ的にはポケコンですね)、IHC-8000です。IHC-8000は「パソピアミニ」とも呼ばれていましたが、同社のデスクトップパソコンであるパソピアシリーズと連携して利用することを想定していたようです(連携とはいってもモニタの共用、シリアルポートでの接続程度ですが…)。CPUは東芝オリジナルのT6808というものが搭載されており、本体内蔵のRAMは4KBとなっています。
IHC-8000

今回入手したものは、プリンタ・インターフェイスユニットのIHP-500とセットになっていました。
IHC-8000 & IHC-500

IHP-500のケース。SHARP CE-150のものと雰囲気が似ていますね。
キャリングケース

IHC-8000の本体側面には増設RAM用と思われるスロットがついています。こちらに12KBまでのRAMを増設し、最大16KBまで利用できたようです。
増設メモリスロット

サイズ的にはSHARPPC-1500に近い大きさとなっています。性能・機能的にもPC-1500シリーズに近い印象で、参考にしたのでしょうか。
IHC-8000 & PC-1500

プリンタ・インターフェイスユニットのIHP-500です。専用ケーブルを用いることで、データレコーダ、シリアルポート(RS-232C)、CRTと接続することが可能となります。
IPH-500

プリンタは感熱式となっています。
プリンタ部

IHP-500の後面にデータレコーダ、ドットプリンタ、RS-232C、CRTの接続端子が並んでいます。残念ながら端子接続がわかりませんので利用のしようがありませんが…。マイナーな機種なので、webで検索してもサービスマニュアルなどはヒットしませんでした。
IHP-500後面のコネクタ

この機種はPC-1500発売の翌年に発売されたようで、RS-232C接続が可能なこと、当時としては大容量な最大16KBもRAM容量など、PC-1500のスペックを意識しているのではないかと思われる点もいくつかあります。拡張性の高いハイエンドモデルと思われますが、定価が54,800円とポケコンとしては比較的高価(ちなみにPC-1500は59,800円でした)なこともあり、さほど売れなかったのではないでしょうか。

テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

tag : SHARP ポケットコンピュータ 東芝 IHC-8000 PC-1500 プログラム関数電卓

アクセスカウンタ
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示