NuAns NEOのネットワーク設定とアクセサリ

現在通話用のメイン機種として使用しているスマホはNuAnsNEOです。docomospモード用のSIMを差して使っていますが、実際の設定手順を書いてみたいと思います。
NuAns NEO

購入時点でのファームウェアリビジョンはv37、OSビルドは10586.29でした。現在はファームウェアはv62, OSは10586.318(PC用のWindowsと同じ)となっていると思いますが、うちのNEOはv62へのアップデート後、調子が悪いのかいつまでたっても10586.164のままです…。ファームウェアをv62にアップデートしたらWindows Updateが失敗するようになったという報告はいろいろあるようなので、何らかの不具合だと思われます。メーカーも調査中とのことですが、現時点ではまだ解決方法は示されていないようです。
Windows 10バージョン情報

NuAns NEOにはいろいろな通信会社のAPNがプリセットされています。まず試しにNexus 6PのSIMを差してみると、このようにSoftBank系のAPNが表示されます。
Y!Mobile設定

Nexus 6PのAPNはY! Mobileと同じものを使用しているようなので選んでみましたが、つながりませんでした。試しに他のAPNも選んでみましたが同様でした(もちろん3Gの音声通話は可能です)。
SB SIMプロファイル選択

次にdocomospモード用SIMを差してみました。docomo系のMVNOも多数プリセットされており、Moperaもありました。私はMoperaも契約しているので試しに選んでみましたが、問題なく通信可能でした。
docomo SIMプロファイル選択

ファームウェアv37ではspモードのAPNはプリセットされていませんでした(v62では追加されています)。「APNの追加」から、いつも通りの設定を行ってみます。
spモードAPNの設定

アクティブ化を行うと、無事に"LTE"マークが表示され、問題なく通信可能となりました。
spモードへ切り替え

docomoメールの設定も行ってみました。docomoメールはIMAP4プロトコルを採用しており、IMAP IDLEにも対応しています。アカウント設定を済ませると、メールの同期オプションで「アイテムの受信時」を選ぶことができるようになりました。この設定で実際に運用していますが、問題なくプッシュ通知されています。ちなみにdocomoメールの設定を行う際には、「ダウンロードするメールの期間」は「すべて」に設定しないと同期がうまくいかないようです。
ドコモメールの設定

以上の設定を行って常用していますが、Felicaなどのガラパゴス機能が使えないこと以外は、キャリアモデルと比べて特に不便は感じていません。Instagramも正式版がリリースされましたし、Twitter, Facebook, Swarm, LINEなどのSNS系アプリも一通りそろっています。自分的にはあえて不満を述べるとしたら、MS-Band以外のスマートウォッチに対応していないという点でしょうか…。
あと、NuAns NEOで一つ気になっていることはBluetoothの安定性です。現在、PlantronicsのM70を、ズルトラGPeおよびNEOとマルチポイント接続して使用していますが、NEO側で発信しようとすると「ピーッ」というノイズが入ったり、NEOで音楽を再生していたらなぜか急にM70が再起動したり、といったことが頻繁に起きます。同じWindows 10 MobileでもLumiaではそのようなことは起きなかったので、これはOSの問題というよりはNEOのBT周りの不安定さから来ているのではないかと思っています。改善されればよいのですが…。

最後にアクセサリの紹介を…。NuAns NEOはUSB Type Cコネクタを採用しています(速度的にはUSB 2.0とのことです)。NuAnsがType Cコネクタドックつきのデスクライトを試作しているようで、発売されたらぜひ欲しいと思っているのですが、とりあえずKiDiGiのクレードルを買ってみました。
KiDiGu USB-Cクレードル 外箱

いろいろなサイズの端末に対応するため、USBコネクタ部分は可動となっています。
KiDiGu USB-Cクレードル

NEOをセットしてみたところ。
クレードルにNEOをセット

横から見るとこんな感じです。コネクタ部にバネが入っており、後ろの支えに端末を押し付けるような形で固定するようになっています。特に抜き差しに不便は感じませんでした。今は枕元にこのクレードルを設置して、毎晩これで充電するようにしていますが、なかなか便利です。
横から見たところ

とまあ、こんな感じで愛用しています。今後はXperia Z3 Compactを使用する機会が増えるとも思いますが、引き続き第一線で使用していきたいと思っています。

スポンサーサイト



テーマ : Windows Phone
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : Windows 10 Mobile NuAns NEO spモード docomo Softbank スマートフォン

スマホのカメラ画質比較

前回の記事で、北海道旅行にスマホを何台か持って行ったことをかきました。目的はカメラの写りを比較するためでしたが、今日は実際に撮った画像を比較してみたいと思います。いずれもFlickrのアルバムを埋め込んでいますので、画像をクリックすると拡大表示およびアルバム内の画像切り替えが可能です。全ての写真はオートモード、解像度は最も低いズルトラGPeに合わせて8MP~12MP程度で撮影しています。

まずは羽田空港の国際線出発ロビーから。薄暗いうえに細かい文字などもあってなかなか厳しい条件です。簡単に感想を挙げてみます。
Nexus 6P:暗めではありますが、色合い、解像感とも良好で、ノイズも目立ちません。
NuAns NEO:背景が暗くなっている一方で、明るい部分はつぶれてしまっています。ノイズも多めです。
Z Ultra GPe:やや色味が悪く、解像度が悪い上にノイズも多めです。
Xperia Z3 Compact:明るさ、解像感、ノイズとも良好ですが、色合いとコントラストがいまひとつな印象です。
カメラ比較2016-2 (1)

羽田空港の建物内から、外のイルミネーションを撮影してみました。これもダイナミックレンジが広く難しい映像です。
Nexus 6P:HDRが作動したためか、明るい部分も暗い部分もきれいに映っており、解像感、ノイズとも良好です。
NuAns NEO:背景が暗くなっている一方で、明るい部分はつぶれてしまっています。ノイズも多めです。
Z Ultra GPe:全体的に明るく写っていますが、解像感は悪くノイズも多めです。この機種のカメラは暗い場面は苦手なようです。
Xperia Z3 Compact:全体的に明るいですが、解像感はNexusに劣り、明るい部分もつぶれてしまっています。
カメラ比較2016-2 (2)

空港内のホテルの部屋にて撮影。薄暗いためかピントが合いにくく、リモコンのボタンやパンのラベルの文字に注目してください。
LUMIX Phone P-02D:ややピンボケ気味ですが、おおむねきれいに撮れていると思います。
Nexus 6P:P-02D同様おおむねきれいですが、さらにピンボケ気味です。
NuNns NEO:ノイズが気になるのと、色合いが青白っぽくなっています。
Z Ultra GPe:これもやはり薄暗いためか、白い部分がつぶれており解像感も悪いです。
Xperia Z3 Compact:ピント、明るさ、コントラスト、色合いすべてにおいて最もきれいに撮れていると思います。
カメラ比較2016-2 (3)

早朝の空港にて。駐機場のポケモンジェットを撮影しました。
LUMIX Phone P-02D:比較的明るめではありますが、全体的にノイズが気になります。
Nexus 6P:明るく撮れてり、ノイズも少なく、解像感も良好です。
NuNns NEO:解像感は悪くないですが、全体的に暗めでノイズも多めです。
Z Ultra GPe:薄暗い部分でのノイズと解像感の低下があります。
Xperia Z3 Compact:おおむねきれいですが、Nexus 6Pと比べて少し解像感が劣る印象です(ピントがあっていないのかもしれません)。
カメラ比較2016-2 (4)

前回の記事にも掲載しましたが、雪まつり会場にて、雪ミク像です。
LUMIX Phone P-02D:ノイズは少なくきれいですが、やや解像感が悪い(ピントが甘い?)印象です。
Nexus 6P:ノイズも少なく、解像感もバッチリです。
NuNns NEO:全体的に赤っぽい色合です。ミクさんはきれいに撮れていますが、右側のステージ部分が解像感が悪くノイズも気になります。
Z Ultra GPe:Nexus 6Pに比べるとノイズが多めですが、解像感なども含め比較的健闘していると思います。
Xperia Z3 Compact:やや赤みが買ってはいますが、おおむねきれいに撮れていると思います。
カメラ比較2016-2 (5)

市内のメキシコ料理店にて。
LUMIX Phone P-02D:ややピントが甘い感じがします。色合いは暖色よりになっていますが、マズそうには見えないので許容範囲でしょうか。
Nexus 6P:解像感、色合いとも良好です。
NuNns NEO:ピントが甘めな一方、不自然に輪郭が強調されているような部分があります(これまでの画像でもそういう傾向がありました)。
Z Ultra GPe:解像感、色合いとも悪く、メシマズ画像となってしまっています。
Xperia Z3 Compact:Nexus 6Pに比べるとピントが甘いですが、比較的きれいに撮れていると思います。
カメラ比較2016-2 (6)

札幌駅ビルです。明るい屋外での撮影なのでどれも比較的きれいに撮れています。
LUMIX Phone P-02D:やや解像感が劣る印象です。
Nexus 6P:解像感はバッチリですが、色がやや緑色っぽくなってしまっています。
Z Ultra GPe:やや解像感が劣るのと、暗い部分での画質低下が気になります。
Xperia Z3 Compact:解像感も色合いもバッチリだと思います。
カメラ比較2016-2 (7)

NuAnsNEOは発売時のファームウェアなので、現在はもう少し改善している可能性があります(JPEGの圧縮率を変えるなど、若干のチューンナップを行ったとのこと)。ズルトラのカメラはあちこちで酷評されていますが、やはりオマケ程度と考えたほうがよさそうですね。全体的にはNexus 6Pの優秀さが目立ちますが、Z3cもなかなか健闘していると思いました。この2台を持ち歩いていればほぼ困ることはなさそうです。これまでおさいふ機としてP-02Dを使用していましたが、安心してZ3cに乗り換えられそうです。また機会があればNOKIAのPureView機も交えてテストしてみたいと思います。

テーマ : スマートフォン
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : Android Windows スマートフォン カメラ NuAns NEO P-02D Nexus Xperia

久しぶりのブログです、古いネタでごめんなさい

どうも、お久しぶりです。このところ体調を崩したり、引っ越しがあったり、仕事が忙しかったりで、3か月もブログを放置してしまっていました。ようやく余裕ができたので、これからまたマイペースで更新をしていきたいと思います。

本日は、もう3か月も前の話になって恐縮なのですが、札幌雪祭りに行った時のことを書きたいと思います。古いネタ過ぎてどうしようかとも思ったのですが、せっかくですので…。
往路は羽田から千歳まで、ANAを利用しました。機体はポケモンジェット、B777でした。札幌に着くとあたりは一面の雪景色…。
千歳空港は雪

機内では無線LANが使えましたが、キャンペーン中で無料でした。
機内WiFi

ここからが本題、雪まつり会場の模様です。ドラゴンボールの雪像。
ドラゴンボール

まどか☆マギカですね。フィギュアと一緒に撮影されている方がいらっしゃいました。
まどか☆マギカ

雪ミク像。なんかいつものミクさんと雰囲気が違うので、最初はわかりませんでした。
雪ミク

聖ポール天主堂跡。大きいうえに造形も細かく、作るのが大変そうですね。
聖ポール天主堂跡

こちらはひな人形の氷像。
ひな人形

「氷の広場」の様々な氷像。
氷の広場

テレビ塔前にはスケートリンクが開設されていました。久しぶりに滑ってみたけど転びまくってしまいました…。
スケートリンク

雪まつりも大規模な雪像が年々減ってきているように感じられ、少し寂しい気もします。やはり予算的に厳しいものがあるのでしょうか…。ここから先は札幌市内の写真を少し…。こちらは札幌駅です。
札幌駅

市営地下鉄。ポケモンラッピング車両が走っていました。
ポケモン地下鉄

最後は千歳空港にある「雪ミク スカイタウン」です。ここには、ちょっとしたミュージアムや、雪ミクグッズを売っているストアなどがあります。入場は無料となっています。
雪ミク スカイタウン

これがメインの展示物でしょうか。等身大の雪ミク像です。
等身大雪ミク

以前の北海道旅行記でも紹介しましたが、千歳空港にはこれ以外にも、ロイズのチョコレート工場や、「ドラえもんわくわくスカイパーク」など、施設がいろいろと充実しており、出発待ちの時間を楽しみながら過ごせるように工夫されています。

実はこの旅行ではたくさんのケータイを持っていきました。
携帯電話たち

いろいろと写真も撮り比べてみたので、また次の記事で紹介したいと思います。

テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

tag : 札幌 千歳空港 雪ミク 雪まつり スカイタウン

アクセスカウンタ
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示