Venue 8 ProのBitlocker破損とWindows 10アップグレード

昨日で(正確には、日本時間の本日19時まで)、Windows 10の無償アップグレード期間が終了しました。当ブログにおいても直近2回の記事でネットブックを、その前にはデスクトップPCのアップグレード(と、場合によってはSSDへの換装も)についての記事を書いてきました。本日は、我が家最後のWindows 8.1マシンとなってしまったDELLのWindowsタブレット、Venue 8 Proについて書きたいと思います。
Venue 8 Pro

最近、Venue 8 ProBitLockerの調子が悪く、起動するたびににこんなエラーが出るようになってしまっていました。説明のとおり操作すると回復キーを入手でき、それを入力すると起動はするのですが、一旦シャットダウンした状態から再度電源を入れるとやはりこの画面になってしまいます。どうやら、何かハードウェアの構成が変更されたと検知された場合にこういう状態になるとのこと(→Microsoftのサポートサイト)。ひょっとすると、BitLockerを有効にしたままBIOSをアップデートしてしまったことがあったのかもしれません(よく覚えていない…汗 こちらに解説があります)。
BitLockerのエラー

最初はよく理解していなかったので、Windows 10にアップグレードしたら直るかな、などと安易に考えていました。アップグレード自体は本体でダウンロード、インストールすることによって問題なく終了しました。(Venue 8 ProはUSB端子が電源端子と兼用で、電源を供給しながらUSBメモリを差すのには一工夫いります。このため、あえてこの方法を用いました。)
ダウンロード開始

アップグレードは無事に終了、メーカーも正式にサポートしているだけあって動作も特に問題は感じられませんでした。しかし、アップグレード後もやはりBitLockerのエラーが…。以前のWindowsだと、保護の一時停止と再開を行うとこのエラーが出なくなるとの情報もありましたが、Windows 10ではコントロールパネルから「一時停止」の項目がなくなってしまいました。仕方がないので今回はBitLockerを無効化しました。
BitLocker設定

Venue 8 Proは内蔵ストレージが64GBと少なめなので、micro SDも大容量のものと交換しました。(Kinstonの64GBのmicro SDXCのカードを使用しました。) OneDriveのファイルの容量が増えてきたので、同期フォルダをこのSD上に置くことにしました。
microSDカード

タブレットモードも試してみました。このモードにすると、デスクトップアプリも基本的にすべて全画面モードで動作するようになり、マルチウインドウはWindows 8.1でストアアプリを利用していた時と同様、左右分割のみとなります。純正BTキーボードをつないでも通常モードにならないのがちょっと残念ではありますが、タブレットとして使用するときはこちらのほうが使いやすいかもしれませんね。
タブレットモード

これでうちのAtom勢もすべてWindows 10にアップグレードが終了しました。無償アップグレードがまだの方はお早めに!!
我が家のAtom勢

64GBも安くなりましたね。

スポンサーサイト



テーマ : Windows10
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows10 DELL Venue Pro 8 BitLocker アップグレード

ネットブックをWindows 10にアップグレードしてみました(後編)

昨日の記事Endeavor Na14sのメモリ、SSD換装と、Windows 10アップグレード失敗のことを書きました。本日はその続き、アップグレードが成功するまでの道のりを書きたいと思います。
まず試したのは、インストールメディアから直接起動して、Windows 7のプロダクトキーでインストールする方法です。ビルド10586からサポートされた方法です。Na14sのプロダクトキーはこのように本体底面に貼ってあるので、これを使用することにしました。
裏面のプロダクトキーシール

しかし、キーが無効といわれてしまい実際にはインストールを進めることができませんでした。OEM版Windowsの場合、このようにプロダクトキーがあっても実際にはSLP(BIOSに格納されているキーで認証する方式)であり、インストーラに入力しても無効(他で使用されていると判断してはじく)とされてしまうようです。
プロダクトキー入力画面

次に試したのは、Windows 7を電話認証に持ち込むという方法。電話認証であれば認証状態に何らかのトラブルが発生している場合でも修正してもらえる可能性があります。しかし、このPCの場合はSLPであるためか、インストール中PCをインターネットに接続しなくても勝手にライセンス認証が完了してしまいました。slmgr.vbs を用いてライセンス認証を解除(管理者としてコマンドプロンプトを開き、slmgr -rearm とする)しても、再起動すると勝手に認証されてしまい、結局ライセンス認証ウィザードを呼び出すことはできませんでした。

次に考えたのが、Anytime Upgradeの影響の可能性です。Na14sはStarterがプリインストールされていることになっていますが、私が親から受け取った時点ではHome Premiumが入っていました。Anytime Upgradeを行った可能性があり、同じキーを再度入れてHome Premiumにすればアップグレードできるのではないかと考えました。しかし、親に確認してもよく覚えていないとのこと。インストール済みのWindowsのプロダクトキーを確認するソフトを使用して得たキーを使ってWindows 10をクリーンインストールしようと思いましたが、こちらのキーも無効といわれてしまいました。仕方がないのでメインのデスクトップPCで行ったのと同じ方法(Home Premiumが入っているHDDから、新しいSSDにまるごとコピーしてからアップグレードする)を試みることにしました。まずは2.5インチHDD外付けケースを利用して旧HDDをデスクトップPCに接続します。
HDD外付けケース

EaseUS Todo Backup Freeを用いてイメージをコピーします。
バックアップ元ドライブ指定

バックアップ中。結構時間がかかります。
バックアップ中

次にSSDをPCに接続して…。
SSD接続

書き戻します。
バックアップイメージ選択

今回も、回復パーティションに無駄に大容量が割り当てられるので、適宜調整します。
パーティション編集

復元完了。24分かかりました。
復元完了

SSDをNa14sに戻すと無事にWindows 7 Home Premiumgが起動しました。以前使用していた時よりEaseUSがバージョンアップしていたのか、今回はブートセクタなどの修復を行わなくても大丈夫でした。また、起動後のライセンス認証も問題ありませんでした。しかし、この状態で再度アップグレードをかけようとしてもやはり「プロダクトキーが検証できません」となってしまいます。クリーンブートしても結果は変わらず…。
msconfig.exe

仕方がないので、ダメもとでプロダクトキー入力をスキップしてクリーンインストールしてみようと思って起動すると、なぜか途中で「ライセンス条項がみつかりません」などというエラーが…。USBメモリをいじくりまわしている間に内容が壊れてしまったようです。最後の手段として、Windows 10のダウンロードサイトから直接アップグレードを試みました。Windows Updateだといつまで経っても進まなさそうだったので…。
ダウンロード中

するとこれまでの苦労が嘘のようにインストールがすすみ…。
アップグレード中

ようやくインストールが完了しました。長い道のりだった…。
アップグレード完了

ちゃんとHomeとしてインストールされており、ライセンス認証も問題ありませんでした。
システムのプロパティ

このあと改めて作り直したUSBメモリからクリーンインストールを行いました。
これで完成!

今回はOffice以外はドライバも含めて、特に追加のソフトウェアのインストールは行いませんでした。動作としては、ホットキーの一部(音量関係、メールなど)が効かない以外は特に問題なさそうです。純正のレーザーマウス(LogitechのOEMのようです)も差すだけで自動的にドライバが入り、利用できました。(ホットキーが効かないのはアップグレードのときも同様でしたので、ドライバを入れなかったから、というわけではなさそうです。)

結局、今回インストールエラーが出てしまった理由は不明です。ただ、同様なトラブルに見舞われた場合に少しでも参考になるかと思い記事にさせていただきました。HP miniをアップグレードした直後にインストールメディアが壊れてしまっていた可能性も否定はできませんし、USBメモリからのインストールよりもwebからのダウンロードのほうがエラーが出にくい何らかの理由があるのかもしれません。今回の方法でうまくいかなかった場合、GenuineTicketと呼ばれるライセンス認証情報ファイルを、認証済みのWindows 7から、インストール後のWindows 10にコピーして認証する、という方法についても教えていただいていました。今回は利用せずに済みましたが…。(GenuineTicketの使い方については、こちらのサイトが詳しいです。) 無償アップグレード期限が迫る中、トラブルを抱えておられる方の一助となれば幸いです。

最後に、今回のことでTwitter上でいろいろとアドバイスをくださったiruka3様(@iruka3)ならびにみかち様(@milkachi_net)、ありがとうございました。この場を借りまして深く御礼申し上げます。

※本サイトで紹介する内容は、すべて個人的研究の範囲内で行っていることです。ここに書かれた内容を実行したことによる、データ(クラウド上を含む)・ソフトウェア・ハードウェアの障害および金銭的損害について、私が責任を負うことはできません。重要なデータはあらかじめバックアップを行い、内容を十分に理解したうえで、ご自身の責任の下で行ってください。


テーマ : Windows10
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows 10 アップグレード EPSON Endeavor Na14s

ネットブックをWindows 10にアップグレードしてみました(前編)

またまた記事を書くのをさぼってしまってすみません。仕事が忙しかったこともありますが、AVRマイコンで7セグメントLEDを制御するプログラムを作るのが楽しくなってしまい、次々と機能を追加することに熱中してしまっていたということもあります。こちらについては完成したらまた記事にしたいと思います。

さて、本題ですが、Windows 10の無償アップグレード期間があと1週間となりました。当初はアップグレード後PCの構成を変更したら認証が通らなくなるなどの問題点が指摘されていましたが、8月2日に公開予定のAnniversary Updateではこの問題点が解決されるとの情報もあります(ソースはこちら)。私もこれまで自作デスクトップPC3台とVAIO Tap 20, Let'sNote AX2をアップグレードし、特にトラブルもなく使用していますが、使用頻度の少ないネットブック2台が完全に後回しになってしまっていました。しかし、さすがに期限が2週間を切ったあたりからは焦りが出てきて、順次アップグレードを行うことにしました。

まずはこちら、HP mini 110から。Atom N550 1.5Ghzを搭載し、HDDは250GBです。RAMはもともと1GBでしたが、2GBものに換装してあります。OSはWindows 7 Starterでしたが、他のPCで作成したUSBメモリ経由で特に問題なくWindows 10 Homeにアップグレードできました。なお、アップグレード時に最新の更新をダウンロードするかどうかの選択がありますが、非力なネットブックではやたら時間がかかるので、避けたほうがよいかもしれません。(あまりにも進まないのでキャンセルしたら、キャンセルするのにもかなり時間がかかりました。)
HP mini 110

こちらは家族が利用できるようにセットアップしてあったので、アップグレード完了後はWindows Updateのみ行って完了です。無線LAN、サウンド、グラフィックス、カメラ、ホットキーなど、独自のハードウェアも全く問題なく動作しました。また、もともとこのPCにはOffice 2003をインストールしてありましたが、アップグレード後もライセンス認証や起動自体は問題ありませんでした。(MicrosoftはOffice 2003についてはWindows 10非対応としていますので、すべての機能が動作する保証はありませんが…。) 動作は重たいと感じることがしばしばあり、特にedgeでTwitterなど重いサイトを表示していると、スクロールが遅いと感じました。
Windos 10 アップグレード後

次にアップグレードを試みたのは、EPSONEndeavor Na14sです。スペックはHP miniとほぼ同じで、Atom N550 1.5GHzを搭載しています。こちらは親からもらったもののあまり起動することもなく眠っていたものでしたが、せっかくなのでWindowsのアップグレードとハードウェアの強化を行い、活用を図ることにしました。
Endeavor Na14s

まずHDDをSSDに交換することにしました。少し前に購入したSanDiskの128GBのものが余っていたので利用します。
SSD

Na14sのメモリスロットとHDDスロットはいずれもキーボードの下にあります。キーボードの上辺にある爪を精密ドライバーで押し込むとキーボードを外すことができます。次にキーボードのフレキシブルケーブルをコネクタから外し(テープで固定してあるのでこれもはがします)、放熱用の金属板を外すとこのようにスロットが現れます。(メモリスロットだけならケーブルや金属板を外さなくても大丈夫です) 画像はすでにHDDを外したところです。
メモリ・HDDスロット

SSDをブラケットにねじ止めして差し込みます。
SSD換装後

次にメモリ交換です。もともとは1GBのSO-DIMMが刺さっているので外します。
メモリを外したところ

交換用の2GBのメモリは相性で動作しないこともあるようなので、今回は動作報告のあったCFDのD3N1333PS-2Gを選びました。価格は1400円程度。
D3N1333PS-2G

メモリを取り付けて、あとは元通り組み立てて終了です。
メモリ交換後

その後、付属のリカバリディスクでWindows 7 Starterをインストールします。このリカバリディスクは実はWindowsをクリーンインストールするのみのものなので、通常のインストールディスクとほぼ同じ操作でインストールを行います。その後、ドライバCDとアプリケーションCD(必要であれば)、Officeインストールディスクを利用してEPSON独自のソフトウェアをインストールするという流れになります。
インストールディスク類

ここまではスムーズに行き、Windows 7のライセンス認証も自動的に完了しました。
Windows 7インストール中

しかし、HP miniに用いたのと同じUSBメモリを差して、アップグレードインストーラを起動すると、以下のような表示が…。何度やり直しても同じ結果です。
アップグレード失敗

ここから長い戦いが始まるわけですが、本日の記事も少し長くなってきたのでここまでとして、続きはまた明日の午前中にでもアップししたいと思います。

※本サイトで紹介する内容は、すべて個人的研究の範囲内で行っていることです。ここに書かれた内容を実行したことによる、データ(クラウド上を含む)・ソフトウェア・ハードウェアの障害および金銭的損害について、私が責任を負うことはできません。重要なデータはあらかじめバックアップを行い、内容を十分に理解したうえで、ご自身の責任の下で行ってください。

右側は今回使用したメモリです。

テーマ : Windows10
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows 10 アップグレード HP mini 110 EPSON Endeavor Na14s

アクセスカウンタ
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示