Oranginoを組み立ててみました

お久しぶりです。最近多忙にて更新が滞ってしまい申し訳ありません。

今日は、Oranginoというマイコンボードの紹介をしたいと思います。BASICでプログラミングのできるマイコンボードといえばIchigoJamが定番中の定番ではありますが、ピコソフトという会社からもORANGE picoというPIC32MX搭載のボードが発売されています。ORANGE picoにはいくつかの種類があるのですが、今回はArduinoと同じフォームファクタを採用したOranginoを購入してみました。今回入手したのは組み立てキットで、共立電子産業で購入しました。
キット内容(1)

キット外観(2)

キットの中身。
キット内容(1)

キット内容(2)

PIC32MXとEEPROM。標準で64KBのEEPROMを搭載しており、多くのプログラムを保存可能です。
マイコンとEEPROM

組み立て中。このボードはArduino用シールドの一部を利用することができ、シールド接続用のピンソケットがついています。ピンソケット取り付けにあたって、適切な位置に取り付けられるように他のシールドを接続した状態ではんだ付けを行いました。
組み立て中

完成したところ。
Orangino(1)

別売のAVケーブルを接続することで、TV(コンポジット入力)に接続するようになっています。
AVケーブル

AVケーブルは、この画像では右側のUSBコネクタ(形状はUSBですが、信号としてはアナログオーディオとコンポジットビデオ信号)に接続します。左側にはPS/2対応USBキーボードを接続します(IchigoJam Tなどと同様、こちらも信号としてはPS/2です)。
Orangino(2)

起動したところ。
起動画面

ORANGE Picoは、IchigoJamと比べて、フリーエリアが大きい(約8KB)、標準でグラフィック機能に対応している、漢字表示が可能(美咲フォント内蔵)、実数演算が可能など、優位な点がいくつかあります。また、専用のUSBホストシールドも発売されています。さらにはマイコンチップを交換してファームウェアを書き換えることでchipKIT互換機にすることもでき、Arduino IDEで開発を行うことも可能となります。これからいろいろ遊んでみたいと思います。

スポンサーサイト



テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

tag : ピコソフト Orange pico Orangino マイコン Arduino

アクセスカウンタ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示