PC-G850VにIntel Hex形式のファイルを転送する

今日でPC-G850Vとパソコンとの通信編は最後になります。前回の記事で、BASICやCのプログラムなどは無事に転送できるようになったかと思います。しかし、機械語のプログラムは今までの方法ではうまくいきません。PC-G850Vに機械語のプログラムを転送するには機械語モニタの"R"コマンドを使用し、Intel Hex形式のファイルを受信するとよいのですが、ここでフロー制御がうまくいかないようで、"DEVICE I/O ERROR"で停止してしまいます。これを避けるためには、1行送信するごとにウェイトを入れればよいのですが、これが可能な通信ソフト(ターミナルソフト)を使用する必要があります。WEBで検索すると、Tera Termが実績がありそうなので、試してみることにしました。ダウンロードはこちらで可能です。

パソコンのUSB-シリアルポートと、PC-G850Vの通信設定は前回と同様に行ってください。Tera Termを最初に起動すると、ポートの選択画面になりますので、USB-シリアルコンバータのポートを選択します。
ポート選択

「設定」-「端末」で端末設定を開き、送信改行コード「CR+LF」を選択し、ローカルエコーにチェックを入れてください。
端末設定

「設定」-「シリアルポート」でシリアルポートの設定を開き、PC-G850Vの設定と合っていることを確認します。そして、ここが最も重要なのですが、「送信遅延」を「50ミリ秒/行」に設定します。
シリアルポート設定

ここまで設定したら「設定」-「設定の保存」で保存しておくとよいでしょう。準備ができたらいよいよファイルを送信します。PC-G850V側でモニタを起動し、Rコマンドを実行します。
受信開始

Tera Termの「ファイル」-「ファイルの送信」を実行して、送信するファイルを選択します。
ファイルの送信

通信が始まります。
転送中

終了したら[CTRL]+[Z]を送信します。PC-G850Vの受信が終了してアドレスが表示されれば成功です。
受信終了

これでBASICやCのみならず、機械語のフリーソフトもダウンロードして利用できるようになります。PC-G850シリーズは唯一の現行機種であることもあり、検索すればけっこうソフトが見つかります。ゲームなどもあるようですし、楽しめそうですね。以下にPC-G850対応のソフトがダウンロードできるサイトをいくつか紹介しておきます。

 Version 0
 Pocket Game Library
 COSMOPATROL
 Yoshiaki's Homepage
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ツール・ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

tag : SHARP ポケットコンピュータ PC-G850V USB シリアル Tera Term Intel Hex

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示