PC-1260の16KB化完了!

少し前に、SHARPのポケコンPC-1260RAMを16KBに増設できる可能性について書きました。実際にやってみるとうまくいったので、記録しておきます。私のPC-1260以前RAMを10KBに増設し、PC-1261相当に改造してあります。使用したRAMは62256(32KB)相当品であり、その中の8KB分のみを使用する仕組みにしてありました。今回は、62256の16KB分を使用できるようにする改造になります。前にも書きましたが、PC-126xのRAM基板にはいくつかリビジョンがあるようですので、すべてのものでこの方法が利用できるとは限りません。今回使用したのは"F2337"と書かれたものであり、後付けの抵抗・ダイオードで改修がされているものです。

10KBに改造済みのRAM基板。ここへ至る手順はこちらをご覧ください。
62256を取り付けたところ

改修のため取り付けてあった抵抗・ダイオードと、10KB化の際に取り付けた62256の1番ピン(A14)-28番ピン(Vcc)の間のジャンパを外しました。62256の20番ピン(/CS)を基板上のパターンとつないでいたUEWも外しました。
取り外したもの

未改造のPC-1260を改造する場合には、以下の手順で行ってください。
 1. 2個ある6116(2KB RAM)のうち右上の角にあるほうを外します。
 2. 代わりに62256をはんだづけします。20番ピン(/CS)ははんだづけせずに浮かせておいてください。
  (以前の記事にある、1番ピン(A14)と28番ピン(Vcc)のショートはしないでください。)
 3. J2(接続されている右側のジャンパ)をカットし、J1(開いている左側のジャンパ)をはんだでショートします。
 4. 改修のためについている抵抗とダイオードを外します。(ついていなければここは省略)

ここからは共通の手順です。こちらの記事も参考にしてください。
 5. 6116の18番ピン(/CS)を24番ピン(Vcc)に接続します。これで6116を無効化できます。
  抵抗・ダイオードで改修されていない基板では18番ピンをパターンから外して浮かせてください。
 6. 62256の20番ピン(/CS)を40H000の13番ピン(CPUのF04=/CS2が来ています)に接続します。
 7. 62256の1番ピン(A14)を40H000の1番ピン(CPUのA13が来ています)に接続します。
以上で完成です。

完成したところ。
完成したRAM基盤

このとおりBASICからは10KB分(4000H~67FFH)しか認識されませんが、アドレス 4000H, 4800H, 5000H, 5800H, 6000H, 6800H, 7000H, 7800Hにそれぞれ異なる値をPOKEで書き込み、PEEKで確認したところきちんと書きこまれていましたので、16KB化は成功といえそうです。
システムでは10KBのみ認識

同様の方法がPC-1262でもできると思いますので、また時間があるときに試してみたいと思います。

※本サイトで紹介する内容は、すべて個人的研究の範囲内で行っていることです。ここに書かれた内容を実行したことによる、データ(クラウド上を含む)・ソフトウェア・ハードウェアの障害および金銭的損害について、私が責任を負うことはできません。重要なデータはあらかじめバックアップを行い、内容を十分に理解したうえで、ご自身の責任の下で行ってください。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

tag : SHARP ポケットコンピュータ PC-1260 RAM 増設

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示