PC-1360Kをパソコンと接続してみました

以前、ポケコン(PC-G850シリーズ)とパソコンを接続するUSBシリアルコンバータを製作しました。今日はこのUSBシリアルコンバータをPC-1300, PC-1400, PC-Eシリーズの15ピンシリアルコネクタに接続するためのアダプタを作ってみました。

回路図を示します。通常のRS-232CクロスケーブルはCTSとRTS, TxDとRxDをそれぞれ接続するとよいのですが、PC-E500用のRS-232Cレベルコンバータの製作記事をみると、15ピンコネクタのRRをRS-232CのCTSに、15ピンコネクタのCTSをRS-232CのDTRにそれぞれ接続するような回路のものがあったので、CTSの配線を切り替えられるようにジャンパを設けました。
 SW1:15ピンコネクタのCTSを、11ピンコネクタのDTRに接続するかRTSに接続するかを切り替えます。
 SW2:11ピンコネクタのCTSを、15ピンコネクタのRRに接続するかRTSに接続するかを切り替えます。
実際に製作して動作を確認すると、SW1はDTRに、SW2はRRに設定しないとPC-1360K側での受信がうまくいかなかったので、デフォルト設定はこちらにしてあります。
回路図

PC-1360Kの15ピンコネクタです。ピッチは1.27mmですが、ピンが太くないと合わないため、通常の1.27mmピッチのピンヘッダでは合いません。そこで、コネクタを自作する必要があります。
15ピンコネクタ

通常の2.54mmピッチのストレート型ピンヘッダからピンを抜きます。
ピンヘッダからピンを抜く

サンハヤトのピッチ変換基板SSP-123を用意し、プラスチックカッターを用いて半分にカットします。
SSP123

ピンヘッダから抜いたピンをPC-1360Kのコネクタに差します。
PC-1360Kのコネクタにピンを差す

そこにカットしたピッチ変換基板をはんだ付けします。
基板にはんだ付け

PC-1360Kから抜いたところ。コネクタの完成です。
コネクタ完成

あとは配線図通りに配線していきます。完成したところ。
15pin-11pin変換アダプタ

PC-1360K前回製作したUSBシリアルコンバータの間に挟みます。
PC-1360Kに接続

とりあえずこれで送受信とも動作するのを確認しました。次回は実際にプログラムなどの送受信をしてみたいと思います。

※本サイトで紹介する内容は、すべて個人的研究の範囲内で行っていることです。ここに書かれた内容を実行したことによる、データ(クラウド上を含む)・ソフトウェア・ハードウェアの障害および金銭的損害について、私が責任を負うことはできません。重要なデータはあらかじめバックアップを行い、内容を十分に理解したうえで、ご自身の責任の下で行ってください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

tag : SHARP ポケットコンピュータ PC-1360K USB シリアルポート Tera Term

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示