30ピンコネクタ経由でVX-3をパソコンに接続

Let'sNote with Puppy Linuxのネタが一段落したので、またポケコンネタに戻ります(汗)。少し前に、USBシリアルコンバータCASIOポケコンの30pinコネクタに接続するアダプタを作りましたが、実際にCASIO VX-3に接続して通信を試してみました。
USBシリアルコンバータをVX-3に接続

ポケコン側の設定は、下記のようにしました。
BPS=4800, Parity=E, Data=8, Stop=1, CTS=OFF, DSR=OFF, CD=OFF, Busy=ON, SI/SO=OFF, End=ON
VX-3 通信設定

まずこの設定で、PB-1000 Data Communicator(CASIO PB-1000 FOREVER!のSoftware Libraryからダウンロードできます)で送受信を試しました。PC→VX3、VX3→PCともエラーなく終了しましたが、VX3→PCの通信は、なぜかPB-1000 Data Communicator側の[Stop]ボタンで止めなければ終了できませんでした。ソフトの仕様なのか、USBシリアルコンバータの動作の問題か、VX-3の通信設定が悪いのかは不明ですが…。しかし、以前製作した3pinシリアルコネクタ用のコンバータより高速に通信できますので、役には立つと思います。
PB-1000 Data Communicator

次に、Tera Termも試してみました。端末設定はPC-1360Kなどと同様でOKです。
端末設定

シリアル設定は、必ずフロー制御をXon/Xoffにし、送信遅延を50ms/行程度に設定してください。そうしないとPC→VX3への送信時にエラーになります。(VX-3のCTSをONにし、ハードウェアフロー制御を使用するようにしてもエラーになります)
Tera Termシリアル設定

これらの設定で送受信ともうまくいきました。今後はCASIOの30pinコネクタを備えた他の機種(VX-4, Z-1GR, FX-603Pなど)で順次試していきたいと思います。

※本サイトで紹介する内容は、すべて個人的研究の範囲内で行っていることです。ここに書かれた内容を実行したことによる、データ(クラウド上を含む)・ソフトウェア・ハードウェアの障害および金銭的損害について、私が責任を負うことはできません。重要なデータはあらかじめバックアップを行い、内容を十分に理解したうえで、ご自身の責任の下で行ってください。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

tag : CASIO ポケットコンピュータ VX-3 USB シリアル

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示