SHARP ZAURUS PI-3000

本日は、大ヒットとなったSHARPの「新携帯情報ツール ZAURUS」の初代機種であるPI-3000を紹介します。SHARPはこれ以前に電子手帳を販売しており、その最上位機種であったDB-Zシリーズ(PA-9500/9550/9600/9700)の後継機種として、DB-Zのアーキテクチャを引き継いだ「ハイパーマネジメント手帳 PV-F1」というものを発売しました。これはかなり高性能であったものの、大きくて重いことと価格が高いことなどからほとんど売れなかったようです。そこで、PV-F1の後継機種として、処理速度を倍にし、価格・大きさを半分にするという目標のもと開発されたのが、この初代ZAURUSであるPI-3000です。この機種は悪名高いプロテイン塗装がされておらず、プラスチックがむき出しになっています。このため、古い機体であってもべたついていることはありません。残念ながら次のPI-4000以降はプロテイン塗装が復活してしまったようですが…。
PI-3000

DB-ZIII(PA-9700), PV-F1, PI-3000のスペック比較を載せておきます。メインのCPUはすべてSC62015(ESR-L)互換であり、ポケコンのPC-E500系に類似したアーキテクチャになっているようです。BASICカードやハイパー関数プログラムカードなどを使用するとPC-E500と同等のBASICでプログラムを作成することができ、SC62015の機械語を利用することもできます。サブCPUとしては、PA-9700とPV-F1にはSC61860(ESR-H)互換品が搭載されていますが、これはSC電子システム手帳(PA-7000/8000/S/T/Xシリーズ)との互換用であり、これらの機種ではSC電子システム手帳用の4行/2行表示のICカードが利用できます。これに対してPI-3000ではSC61860互換CPUが搭載されていないため、電子システム手帳用のICカードとしてはDB-Z専用の8行表示カードのみが利用できます。PI-3000にはサブCPUとしてZ80互換のものが搭載されていますが、これは手書き文字認識のためだけに利用されており、Z80用のプログラムを実行することができるわけではありませんが、このZ80のおかげでスムーズな文字認識ができるようになっているとのことです。

PA-9700PV-F1PI-3000
メインCPUSC62015互換SC62015互換SC62015互換
サブCPUSC61860互換SC61860互換Z80互換(手書き文字認識用)
RAM256KB288KB288KB
LCD192x145320x240239x168
ICカード8/4/2行12/8/4/2行8行
重量198g370g250g

参考までに、DB-Z(PA-9500)と並べてみました。重量はほぼ同じです(DB-Zは245g)。
PI-3000 & PA-9500

液晶は239×168ピクセルで、感圧式タッチパネルを備えています。バックアップ電池を入れていないため、タッチ補正の画面のみ動作を確認しています。
液晶画面

この機種は、オマケの表計算カード128 PA-9C2が欲しくて入手しました。EXCELのような表計算ができるようですが、動作速度は遅く、評判はあまり高くないようです。
表計算カード PA-9C2

この機種以降、電子手帳は徐々に終息に向かい、ZAURUSシリーズがヒットします。実はPIシリーズのZAURUSほ他にも2機種ほど所有していますので、また順に紹介していきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ

tag : SHARP ZAURUS PI-3000 PA-9500 電子システム手帳

コメント

非公開コメント

No title

懐かしいですね。と言いつついくつかは多分自宅にある;
アクセスカウンタ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示