Sony Tablet Sを買ってしまいました。

SONYAndroidタブレットといえばXperia Tabletですが、その前の機種であるSony Tabletが安くなってきたので思わず買ってしまいました。私が購入したのはSony Tablet Sの3G+Wi-Fi版(3G契約はなし)です。イートレンドで純正の本革キャリングケースSGPCK1が付属して23,800円でした。主なスペックは下記のとおりです。
 CPU:NVIDIA Tegra 2 1GHz
 メインメモリー:1GB
 ストレージ容量:16GB
 液晶表示:9.4型 WXGA(1280×800)
 Wi-Fi:IEEE 802.11b/g/n準拠
 GPS機能:搭載
 Bluetooth機能:Bluetooth 2.1 + EDR準拠
 外部記憶:SD/SDHCスロット搭載

届いたのはこの2つ。
タブレット本体とキャリングケースの箱

箱を開けたところ。
箱を開けたところ

液晶保護フィルムは、評判のよさそうなミヤビックスの光沢タイプを別途購入しました。
液晶保護フィルム

タブレット本体にフィルムを貼りつけたところ。光沢タイプなので写りこみはありますが、指の滑りは悪くないです。ただ、貼りつけるのには少し苦労して、気泡も入ってしまいました…。
Sony Tablet 前面

裏面。軽量化のためか、プラスチック素材が多用されています。上方には500万画素のリアカメラがあります(フロントカメラは30万画素)。ちなみに重さは625gとなっています。
Sony Tablet 裏面

側面はこのように非対称なデザインになっています。重心を偏らせることで持ちやすく、軽く感じさせるためだとか。左のほうに見えるふたを開くと、USBポート、SDスロット、SIMカードスロットがあります。SD, SIMとも標準サイズとなっています。ちなみに通信は3G(HSDPA)までで、LTEには対応していません。
Sony Tablet 側面

ACアダプタはコンパクトですが、本体との接続部が特殊な形状をしています。USB充電には対応していないため、外出先で長時間使用する場合には一緒に持ち歩く必要がありそうです。
ACアダプタ

続いてはキャリングケースです。最近では3000円程度で売られていますが、本革であることもあり、発売当初は1万円近くしたようです。
キャリングケース

このように本体をすっぽり収められます。ZiiOの純正ケースなどと違ってスタンドとして使用することはできず、純粋に本体を持ち運ぶ際の保護ケースとしての機能しかありません。
キャリングケースに入れたところ

早速起動してみました。性能は最新スペックのものには劣りますが、特に使っていてストレスは感じません。この程度の性能のものがこの価格で手に入れば充分という印象ですね。写真はアプリ一覧画面ですが、3Gモデルのためdocomo製のアプリケーション(SPモードメールなど)が入っています。
アプリ一覧

ICS(Android 4.0.3)へのアップデート通知が来ていましたので、早速アップデートしました。Honeycomb(Android 3.2.1)は結局ほとんど触らなかったので、違いはよくわかりませんでしたが…。
ICSアップデート通知

今回はこれに加えて専用のクレードルとBluetoothキーボードも買ってしまいました。そのことはまた次回にでも…。

↓こちらからも購入可能です。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : Androidタブレット
ジャンル : コンピュータ

tag : SONY Android タブレット Sony Tablet

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示