Let'sNote CF-AX2を買ってしまいました

前回、私のノートPC購入遍歴を紹介しましたが、先日新しいノートPC、PanasonicLet'sNote CF-AX2LEFBRを購入したので紹介します。写真は外箱です。
CF-AX2外箱

「日本製」の文字が誇らしげですね。神戸工場で生産しているそうです。
信頼の日本製!

先代のLet'sNote CF-R1と並べてみました。奥行きはほぼ同じですが、幅はCF-AX2のほうが広くなっています。
CF-R1とCF-AX2を並べたところ

重ねてみました。CF-AX2のほうが全体的に薄くフラットになっています。CF-AX2の右側面には2つのUSB 3.0ポート(うち1つは充電対応で電流容量が大きく、後述のバッテリ充電器を接続できる)とHDMI端子を備えています。
CF-R1とCF-AX2を重ねたところ

左側面には有線LAN、VGA、SDXCカードスロットなどが備わっています。これだけいろいろな端子がついておれば、出張先でのネット接続やプレゼン、また旅行先での写真編集やブログ投稿などにも活用できそうですね。
左側面

普通に起動したところです。手前にあるタッチパッドが比較的大きいので、キーボードの占める範囲が狭く感じます。タッチパッドはWindows 8のジェスチャに対応していますが、私はジェスチャ自体に慣れていないので、時に思わぬ操作をしてしまって戸惑うこともあるのが難点ですね…。
CF-AX2

これがCF-AX2の最大のウリですね。ディスプレイを反対に折りたたんでタブレットスタイルにすることができます。ディスプレイはもちろんマルチタッチ対応の静電式タッチパネルを備えています。また、ジャイロ・加速度センサを内蔵しているので本体の向きで表示が自動回転します(自動回転は無効化できます)。
タブレットスタイル

もともとLet'sNoteシリーズはバッテリの持ちがいいのが特徴ですが、このCF-AX2もカタログスペック上連続動作9.5時間となっています。さらに、バッテリパックに加えて本体内にもバッテリを備えているため、動作中にバッテリを交換するという離れ技も可能となっています。下位モデルを除き予備のバッテリと充電器が付属しており、予備のバッテリと併用することで、最大連続動作時間は16時間となっています。バッテリ充電器は本体のUSBポートに接続するようになっていますが、高容量のUSB充電器(1.5A以上)でも充電可能なようです。
バッテリと充電器

この機種を選ぶにあたり、他のタブレットスタイルのWindows 8マシンたちと迷いました。決め手となったのは、重量、SSD容量、拡張性(有線LAN端子やVGA端子の有無)、バッテリ持続時間、CPU性能のバランスがとれていたところです。軽量のWindows 8タブレットで有線LANを備えているものは他にあまりありませんでしたので…。
しばらく使用してみましたが、確かにバッテリの持ちはすばらしいです。価格は高めですが、本体の質感も高く、デザインも気に入っており、いい買い物をしたと思っています。久しぶりに末永く愛用できそうなノートPCに出会えたと思っていますので、これからいろいろと活用していきたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ノートPC
ジャンル : コンピュータ

tag : Panasonic Let'sNote CF-R1 CF-AX2 Windows 8 タブレット

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示