TI製ポケコン BASICALC TI-74

本日は、前回のTI-82に引き続きTIの製品を紹介します。BASICが使用できるポケコン、BASICALC TI-74です。日本製のポケコンと同様、電卓モードとBASICモードを切り替えて使用するようになっています。RAMは8KB内蔵し、CPUにはTI製のTMS70C46というものが使用されています。今回入手したものは、本体、ハードカバー、説明書、FINANCEプログラム(ROM)カートリッジ、8KB RAMカートリッジがセットになったものです。
TI-74のセット

FINANCEカートリッジと専用のテンプレート。カートリッジ内のプログラムは RUN "プログラム名" で呼び出せます。
FINANCE ROMカートリッジ

RAMカートリッジ。単純に増設メモリとして使用する(フリーエリアが16KBになる)方法と、本体内のRAMをバックアップ・リストアできる独立したメモリとして使用する方法があります。増設メモリとして使用するには CALL ADDMEM を、独立したメモリとして使用するには NEW ALL を実行(プログラムは消去されます)します。今回入手したものは8KBでしたが、このほかに32KBのRAMカートリッジもあるようです。
8KB RAMカートリッジ

電卓モードでは、セパレータ("|"マーク)の左が計算結果、右側は最後に使用した演算子や関数などが表示されます。
CALCモード

本体付属のBASICリファレンスおよび、ハードウェアの解説書(Technical Data Manual、メモリマップや回路図、拡張バスのタイミングなども載っています)がDaves Old Computersからダウンロードできます。残念ながらPEEK, POKEなどのメモリにアクセスする命令はなく、CALL命令も任意のアドレスを指定して実行できるわけでもなく機械語でのプログラミングは難しそうですが…。(ASM7というTI製のアセンブラが存在するようなのですが、詳細は不明です。少し調べてみて使えそうならまた報告します。)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ

tag : ポケットコンピュータ プログラム関数電卓 TI-74 BASICALC TI

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示