電卓ベンチマーク (2) プログラム関数電卓編2

少し前にプログラム関数電卓の演算速度についてのベンチマークを行いました。今回は演算精度編です。この目的でよく利用されるのが、三角関数のtanを用いてtan(355/226)を計算する方法です。(角度単位はラジアンを用います)
EL-566E

今回は、CASIOSHARPのポケコン以外の関数電卓、電子手帳+関数計算カード、HP関数電卓TI関数電卓とポケコンで比較してみました。赤字は正解と異なる部分です。
機種結果
CASIO fx-360MT-7497938.067
CASIO FX-603P-7497938.067
CASIO fx-3600Pv-7501875.469
CASIO fx-7200G-7497319.708
SHARP EL-566E-7497264.149
SHARP EL-5002-7499447.58
SHARP EL-5020-7497681.111
SHARP EL-5103-7497484.888
SHARP EL-9000-7497484.888
SHARP EL-9600-7497264.149
PA-S1s + PA-7C12-7497484.888
PA-9500 + PA-9C3-7497264.149
HP-15C-7507225.705
HP-48GX-7497089.06508
TI-74-7497263.499
TI-82-7497257.878

EL-5002

ちなみに正解は -7497258.1853255… とのことなので(googleの計算機がほぼ正解とのことです)、優勝はTI-82ということになります。その次に精度がよかったのがEL-566E/EL-9600/PA-9C3/TI-74の4機種でした。fx-3600PvとHP-15Cは残念ながら最も精度が悪く、その次がEL-5002、その他の機種はだいたい同程度という結果でした。
こうして結果を見てみると、SHARP, CASIOなどメーカーごとに結果が同一となるグループがいくつかありますね。同じアルゴリズムを用いているということなのでしょうか。また、興味深かったのは製品としてまったく性質の違うものたち(たとえばEL-566E/EL-9600/PA-9C3)で結果が同じであったり、一見似ている機種(fx-360MT/fx-3600Pv)で結果がまったく異なっていたり、という点でした。

このような無理関数の計算は、四則演算しかできないCPUでやる以上は近似計算でやるしかありません。そうである以上、ある程度の誤差が出るのは仕方がないことだと思います。また、この計算はかなり極端なことをやっているので、通常の利用では誤差が問題となることはまずないでしょう。それに、三角関数と他の関数とではまた違った結果が出ることもありうると思います。
今回はとりあえず興味本位で関数電卓でやってみましたが、今度はポケコンでも試してみたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : コレクション
ジャンル : 趣味・実用

tag : SHARP CASIO 関数電卓 ポケットコンピュータ TI HP ベンチマーク 三角関数

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示