メインPCのビデオカードを交換しました

ビデオカードの故障で起動しなくなったメインのデスクトップPCですが、不便なので修理することにしました。このPCのマザー(ASRock P67 Pro 3)は購入時に何を血迷ったのかP67チップセットのマザーなので、QSVも使えないうえにビデオカードを取り付ける必要があるという困りものです。さらにもっと困ったことには、最近のCPUにはGPU機能が内蔵されているのが当たり前になってきたため、ローエンドの用途には内蔵GPUで事足りるようになってしまい、以前のような安価なビデオカードが販売さなくなりつつあります。年末ぐらいにはHaswellで新しいPCを作ろうと画策(当然QSVも使いたい!)していたので、今の時点で1万円以上するような高価なビデオカードを購入するに気にはなれません。でかいビデオカードに2スロット占有されるのもいやですしね…。通販ならまだ比較的安価で手に入るものもありますが(HD6450など)、とりあえずPCでやりたい作業があったのですぐに使えないと困るという状態でした。

そんなことを考えながら、近所のアプライドへ行くと、とっても古いRadeon X300のカードが投げ売られていました。リース落ちのPCから外されたものなのか、1個だけではなく数個ありました。安かったのでダメもとで買ってしまいました。
Radeon X300

Radeon X300は以前使っていたGeForce 8400GSよりもさらに古いもので、メーカーサイトで提供されているドライバはWindows 7までとなってしまっています。なんとかWindows 8で動かないものかと調べたところ、以下のようにすれば何とか動くようになりました。

1. メーカーサイトから最新のWindows 7 x64用ドライバをダウンロード。必ず上のほうの"Catalyst Software Suite"をダウンロードしてください。

2. ダウンロードしたインストーラを起動。通常通りインストールを進めると、「何もインストールするものがない」といわれてしまいます。おそらくWindowsのバージョンをチェックしてドライバがインストールされないようにしているのでしょう。(MZ-RH1と同じ構図ですね)

3. インストーラを終了すると、C:\ATI\Support\10-02_legacy_vista32-64_dd_ccc\Packages\Drivers\Display\LH6A_INF にドライバが解凍されているはずですので、デバイスマネージャを利用して読み込ませればOKです。
デバイスドライバの読み込み

エクスペリエンスインデックスはえらいことになっています(汗)。
エクスペリエンス・インデックス

これでも普段の利用にはほとんど問題ないのですが、MPEG2の再生だけがスムーズに行きません。H.264のほうは多少コマ落ちするものの普通に再生できますが、MPEG2のほうは紙芝居状態で「ドライバが停止しました」などとエラーメッセージが出たりします。X300はH.264の動画再生支援には対応していないためこちらはCPUで力づくで再生しているのでしょうが、MPEG2は動画再生支援を利用しようとして失敗しているような感じです。このあたりはデコーダフィルタをいじればなんとかなるかもしれないので、今後の研究課題ですね。

よい子はHD6450ぐらいにしておきましょう(笑)

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : パソコン修理・サポート
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows 8 ビデオカード ATI AMD Radeon X300

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示