電卓ベンチマーク (4) CASIO電卓編

これまでCASIOプログラム関数電卓を4機種(fx-3600P/4100P/4500P/4800P)紹介してきました。一段落したところで、一度恒例のベンチマークを行ってみたいと思います。ベンチマークの内容は、いつも通りtan(355/226)の計算結果と、計算速度(sin(1)を10回、69の階乗、sin(1)~sin(100)までの和、1~1000までの和)です。
電卓たち

以下にプログラムの一部を示します。fx-4100Pは数式記憶機能のみですので、ループ計算の必要なベンチマークは行っていません。(一部特殊記号に環境依存文字を使用しています)

1. fx-3600P
この電卓はfx-3600Pvと異なり、ループ計算のバグはないようです。そこで、fx-360MTと同様のプログラムを使用してみました。実行はいずれも[P2][P1]です。
(a) sin(1)~sin(100)までの和
 P2
 KAC
 100 Min
 P1
 MR sin Kin+ 1
 1 M-
 x≦M
 Kout 1
(b) 1~1000までの和
 P2
 KAC
 1000 Min
 P1
 MR Kin+ 1
 1 M-
 x≦M
 Kout 1

2. fx-4500P
1から1000までの和の計算はup-cさんのサイトのものを利用させていただきました。
(a) sin(1)~sin(100)までの和
 A=0
 I=1
 Lbl 0
 A=A+sin I
 I=I+1
 I<101⇒Goto 0◣
 A◢
(b) 1~1000までの和
 A=0
 I=0
 Lbl 0
 A=A+I
 I=I+1
 I<1001⇒Goto 0◣
 A◢

3. fx-4800P
この機種のプログラム言語はfx-4500Pの上位互換ですので、そのままでも動作します。しかし、この機種では新たにIsz/Dszというカウントジャンプ(ループ計算)命令がサポートされたため、使用してみました。
(a) sin(1)~sin(100)までの和
 A=0
 I=100
 Lbl 0
 A=A+sin I
 Dsz I:Goto 0
 A◢
(b) 1~1000までの和
 A=0
 I=1000
 Lbl 0
 A=A+I
 Dsz I:Goto 0
 A◢

さて、結果発表です。過去に実施したCASIOの電卓の分も一緒に載せておきます。69!は計算速度の遅い機種でしか実施していません(速すぎて測れない)。
機種tan(355/226)sin10回sin100回(a)1-1000の和(b)69!
fx-140-7518797.003.3
fx-360MT-7497938.0672.426.773.5
FX-601P-7497938.062.929.948.60.8
FX-603P-7497938.0670.66.619.1
fx-3600P-7501875.464.452.71811.1
fx-3600Pv-7501875.4692.325.275.2
fx-4100P-7497656.9821.2
fx-4500P-7497938.0672.742.41961.0
fx-4800P-7497258.440.75.116.6
tan正解→-7497258.1853255…

こうしてみると、やはり新しい機種であるfx-4800Pがぶっちぎりに速いですね。多くの項目で、これまでCASIOで最速だったFX-603Pをも上回っています。それでもARMプロセッサ搭載のHP-15C LEには遠く及びませんが…。
意外だったのはfx-4100Pがけっこう速く、fx-4500Pが遅かったことです。fx-4100Pはプログラム機能が貧弱なため、これ以上のベンチマークを行うのは困難ですが、sin(1)を10回計算する速度はこれまでの機種の中ではかなり速い部類に入り、SHARPの現行機種EL-566Eに匹敵します。69!も一瞬で結果が表示され、時間計測は不可能でした。fx-4500Pは関数演算も決して速いほうではないですが、整数演算の遅さはかなりのもので、これまで計測した電卓の中では最も時間がかかっています。sin10回とsin100回の差がありすぎる(これまでの機種ではだいたい11~12倍前後になる機種が多かった)ことから、条件判断やジャンプのオーバーヘッドが大きいのかもしれません。決してローエンドの機種ではないと思うので、この結果はかなり意外でした。
tanの計算精度については、これまで行った中では最良であったTI-82の-7497257.878をfx-4800Pがわずかに上回り、トップに躍り出ました。

総合的に考えると、やはり一世代前のフラッグシップモデルであるfx-4800Pの性能が圧倒的ですね。後継機のfx-5800Pはどの程度の性能なのか気になるところです。いつかは手にしてみたいと思いつつ、現行機種はついつい後回しになってしまっていますが、また機会があれば購入してみようと思います、

後継機となる最新機種たちです↓

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : コレクション
ジャンル : 趣味・実用

tag : CASIO プログラム関数電卓 fx-3600P fx-4100P fx-4500P fx-4800P

コメント

非公開コメント

No title

つい先日、プログラム関数電卓のプログ(FC2)を立ち上げたばかりです。
で、このブログを見つけて拝見しました。

先ほど、テーマの違う記事にコメントを付けてしまったのに気がつき、削除後、改めてこちらへコメントさせて頂きます。

FX-501P、FX602P、FX-603P、fx-4600P (なぜだがリチウムコイン電池2個使いで、fx-4500PAとは異なるモデルのようです)を使っていましたが、高性能関数電卓としてしか使っていませんでした。
fx-5800Pで色々とプログラムを作るようになりました。とてもプログラムを作りやすく、お書きになっているfx-4800Pと同じ16桁x4行画面は良いです。

fx-5800Pで、記事の内容と同様のテストをしてみたところ、sinの100回はfx4800Pよりも遅いが、それ以外はそこそこ速くなっている感じでした。アナログ腕時計での計測なので適当な測定ですが...

今後も楽しみに拝見させて頂きます。
アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示