電卓ベンチマーク (5) SHARP電卓編

少し前にCASIOの電卓のベンチマークを載せましたが、今回は最近紹介したSHARPプログラム関数電卓PC-1001EL-5120のベンチマークを行いました。PC-1001は私が所有している中では最古の電卓、EL-5120は私が所有しているSHARPの電卓の中では最新のモデルとなります。並べてみましたが、形も大きさも全く異なり、同じ「プログラム関数電卓」というカテゴリに属するとはとても思えませんね。
PC-1001 & EL-5120

まずは精度比較。tan(355/226)を計算してみたところ。驚くべきことに、PC-1001はそれより新しいEL-5002やCASIOのfx-140より正確だったりします(下の表参照)。もっともこれですべての計算の精度がわかるわけではないので、どれが性能がいいのかは一概にはいえませんが…。
tan(355/226)

PC-1001は簡単なプログラムしか作成できないので、ループが必要なベンチマークはEL-5120でのみ行いました。下にプログラムリストを示します。

(a) sin(1)~sin(100)の和を求める
 A=0
 I=1
 LABEL 1
 A=A+sin I
 I=I+1
 IF I<101 GOTO 1
 PRINT A

(b) 1~1000までの和を求める
 A=0
 I=1
 LABEL 1
 A=A+I
 I=I+1
 IF I<1001 GOTO 1
 PRINT A

さて、結果発表です。過去に実施したSAHRPの電卓、および所有しているCASIOの電卓の中で最古のfx-140, 最新のfx-4800Pも参考までに載せておきます。69!は計算速度が遅く計測可能な機種でしか実施していません。
機種tan(355/226)sin10回sin100回(a)1-1000の和(b)69!
PC-1001-7496251.87414.5
EL-512-7497484.8887.81.9
EL-566E-7497264.1491.112.324.2
EL-5002-7499447.589.52.2
EL-5020-7497681.1111.622.085.1
EL-5103-7497484.8887.675.22.0
EL-5120-7497681.1111.114.443.0
fx-140-7518797.003.3
fx-4800P-7497258.440.75.116.6
tan正解→-7497258.1853255…

こうしてみると、EL-5120の結果が思いのほか振るわないのが気になるところです。CASIOのライバル機種はfx-4800Pだと思われます(いずれも最新の最上位機種の前機種にあたる)が、精度・速度とも大きく差をつけられてしまっています。発売年がEL-5120のほうが3年ぐらい早いようなので、その差でしょうか…。
逆に意外といい結果をたたき出しているのがEL-566Eです。学校教育用とはいえ、最新の現行機種なので当たり前なのかもしれませんが…。この機種はEL-5120と比較して明らかに劣っているところは、LCD(EL-5120はドットマトリクス3行なのに対し、EL-566Eはドットマトリクス1行+7セグメント1行)、数値積分・ソルバーがないところ、プログラム容量(EL-5120は1211ステップ、EL-566Eは160ステップ×4)ぐらいなので、普通に使う分にはEL-566Eでも十分な気がします。そう思えば2000円前後で入手できるEL-566Eはかなりコストパフォーマンスが高いといえそうですね。

これでベンチマークはいったん終了ですが、今後は時間があればグラフ電卓編、ポケコン編、電子手帳編などもやっていまいと思っています。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : コレクション
ジャンル : 趣味・実用

tag : SHARP プログラム関数電卓 EL-5120 PC-1001 EL-566E fx-4800P

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示