SHARP 電訳機 PA-6110

前回紹介した、電子電話帳PA-6000には、ほぼ同じ筐体(おそらくアーキテクチャも同じ)をもつ兄弟機種があります。その一覧を下記に示します。

 PA-6000:「電子電話帳」 電話帳、メモ、計算
 PA-6100:「電訳機」 5ヵ国語(中、韓、英、仏、西)辞書、計算、通貨換算
 PA-6110:「電訳機」 6ヵ国語(英、仏、独、伊、西、露)辞書、計算、通貨換算
 PA-6200:「電訳機」 韓国語・英語辞書、韓国旅行ガイド、計算、通貨換算

PA-6000との異同を見てみたかったので入手したのですが、今回はヨーロッパ中心に使えそうなPA-6110を選んでみました。
PA-6110

このように、6ヵ国語の辞書や会話文が収録されています。
言語選択

ここからがPA-6000(右側)との比較です。並べてみると、デザイン上は一部のキー配列を除いてほぼ同じように見えます。手帳型ケースもおそらくほとんど同じです。
PA-6110 & PA-6000

裏面。PA-6110(左側)はその性質上バックアップ電池と4pinコネクタがありません。その点を除くとほぼ同じ形状をしています。
裏面の比較

側面のアップ。PA-6110(下側)では、本来4pinコネクタやバックアップ電池が入るであろう場所をあとからプラスチックで埋めたような構造に見えます。このことから、筐体も基本設計としては同じものを流用していることがわかりますね。
側面の比較

PA-6000~6200のこれらのシリーズでできることは、基本的にはPA-7000以降の上位機種にICカードをセットしてもできると思います。1台でICカードを差し替えながら使うか、薄型軽量な機器を用途に応じて選ぶか、どちらのほうがよいかは人それぞれだと思いますので、いろいろなニーズにこたえる目的で発売されたのでしょうね。特にPA-6000をwebで検索する限りけっこう愛用者がおられたようで、一定の需要はあったのだと思われます。

今となってはこんな機種のほうが使い勝手はよいですね。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : コレクション
ジャンル : 趣味・実用

tag : SHARP 電子辞書 電訳機 電子システム手帳 PA-6110 PA-6000

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示