Lumia 1020用のアクセサリを買ってみました

Nokia Lumia 1020を本格的に使用し始めて数日経ちました。使用感はLumia 820と同様ヌルヌルサクサクでかなり快適ですし、バッテリもよく持ちます。Androidを使用しているとものすごい勢いでバッテリが減って行くので心配になりますが、Lumia 820/1020は夕方になっても70-80%程度残っていることが多く、あまりバッテリの心配をする必要がありません。また、カメラの画質も良好です。特にこの機種はキセノンフラッシュを内蔵しているため、薄暗い場所での撮影ではLumia 820(この機種のカメラもスマホのカメラとしてはかなり良好ですが)よりもはるかにきれいに撮れますね。というわけで、撮影サンプルを少々…。すべてauto設定で撮影しています。まずは室内で撮ったもの。最も手前のドーナッツにフォーカスを合わせています。明るめのレンズ(f/2.2)と大型CMOSセンサー(2/3")を搭載していますので、ボケ味を活かした写真を撮影することもできそうです。(FC2ブログの画像の容量制限が緩和されたので、今回は文中の画像クリックでオリジナル画像が開きます。)
ドーナッツ

こちらは屋外の写真です。
神社 通常解像度

中央付近を切り出したもの。少しノイズが載ってはいますが、細部もつぶれずに撮れていますね。
通常解像度 等倍 中央

同じく左下。この辺りはスマホの小型レンズの限界でしょうか。歪みは目立ちます。ただ、解像感は失われていないように思います。
通常解像度 等倍 左下

同じく右下。歪みに加えて少し色収差が出ていますが、スマホのカメラとしては上出来だと思います。
通常解像度 等倍 右下

ここまでの写真は、カメラの初期設定で撮影したもので、センサーの解像度である4100万画素を処理して530万画素相当(3072×1768ピクセル)で記録されたものです。Nokia Cameraで撮影すると、この画像以外に3400万画素相当(7712×4352ピクセル)の画像も同時に保存されます。下の画像は高解像度で保存されたほうの写真(を3072×1734にリサイズしたもの)です。縮小してあるのでわかりにくいですが、530万画素に処理された写真のほうが解像感が高く感じられます。
神社 高解像度

同じく高解像度版のピクセル等倍画像の中央付近。これでSO-04Eの最大解像度の写真程度の品質はあるように思います。Lumia 1020には光学ズームはついていませんが、ここまでズームアップできるならあとから何とでもなりそうですね。
高解像度 等倍 中央

さて、ここからが本題ですが、Lumia 1020を本格使用するにあたってアクセサリをいくつか購入してみました。まずはこちら、TPUカバーです。Lumia 1020用のカバーはただでさえ数が少ないのですが、カメラ部分を保護できるものとなるとほとんど選択肢がありません。今回はその数少ない中から、こちらを選んでみました。
TPUケースの包装

装着してみたところ。大体フィットしていますが、上下の部分が少し浮いてしまいます。
装着したところ 正面

側面。若干チープさがあるのは否めませんね。また、各ボタンのクリック感が悪くなってしまいます。特にカメラボタンの半押しは慣れないとやりにくいかもしれません。また、本体を横に持って写真を取ろうとすると、知らないうちに音量ボタンが押されてしまい、音量が最大になってしまっていることが何度かありました。
装着したところ 側面

裏面。このようにカメラ部分もすっぽり覆ってくれます。
装着したところ 裏面

液晶保護フィルムも付属していたので貼ってみました。しかし、Lumia 1020は液晶の端が曲面になっていますので、どうしても端が浮いてしまいます。もう少し薄手のしなやかなフィルムなら大丈夫なのかもしれませんが…。
液晶保護フィルム

しばらく使用していますが、上記のボタンの点以外は大きな問題は感じていません。ただ、色移りしやすいようですのでその点だけは注意が必要ですね。すぐに汚れてしまいます。Amazonのレビューにある「黄ばみ」も色移りなのではないかという気もします。実はこれ以外にcloveでワイヤレス充電カバーを注文しています。こちらはまた届きしだいレビューしようと思いますが、ワイヤレス充電カバーを装着するとどのみち他のカバー類は使えなくなると思いますので、それまでとりあえず今回のTPUカバーを使っていこうと思います。

さて、次のアクセサリはこれ。KIDIGIのユニバーサルクレードルです。これはmicroUSB端子のついたスタンドなのですが、端子部分にある程度可動性があるため、ほとんどの機種で使用できるというものです。ただし、USB端子の向きに2種類あり、Lumia 1020に適合するのはType 1(サムスン、LG向け)というモデルになります。
ユニバーサルクレードル 外箱

箱の中には、本体、説明書、microUSBケーブルが入っています。充電だけではなく、PCとの接続にも利用できます。
セット内容

Lumia 1020を先のTPUカバーを装着した状態でセットしてみました。特に問題なく充電できているようです。
Lumia 1020をセットしたところ

我が家のスマホ・携帯たちです。左から、SO-04E, N-04B, Lumia 1020です。クレードルにセットするようにしたらすっきりした感じになりました。
SO-04E & N-04B & Lumia 1020

今回紹介したアクセサリです。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 周辺機器
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : スマートフォン Windows Phone Nokia Lumia 1020 KIDIGI クレードル カバー

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示