CASIO fx-3900P

本日から久しぶりに電卓の紹介、CASIOプログラム関数電卓編を始めたいと思います。トップバッターの本日は、fx-3900Pです。この機種は1986年の発売とされていますが、日本で発売されたかどうかは不明です。型番からは、fx-3600P/3600Pvの上位機種で7セグメントLCD搭載ののfx-3800Pと、fx-4500Pの前(あるいは下位?)機種で1行ドットマトリクスLCD搭載のfx-4000Pとの間に位置する機種かと思われます。多機能なfx-3xxxシリーズの設計を受け継ぎ、複素数演算や直線回帰計算などの機能に加え、100ステップ(プログラムエリアは4つ)のプログラム機能を備えています。
fx-3900P

電池はCR2032を2個使用し、バックアップ電池は備えていません。CPUには、FX-603PFX-860Pvcに搭載されているHD62002とは1つ違いの型番である、HD62001というものを搭載しています。
内部

恒例のベンチマークテストも行ってみました。画像は tan(355/226) の結果です。
tan(355/226)

fx-3900Pのプログラム言語は、fx-7000G/7200Gのものと似ており、ほぼサブセットと考えてよいと思います。以下に、仕様の違いをまとめておきます。ここで示したもの以外はほぼ同じ命令が使用でき、ジャンプ(Goto~Lbl)、条件分岐(⇒)、ループ(Isz, Dsz)などの命令もあります。fx-3900Pのマニュアルはなかなかwebでは見つかりません(fx-3900Pvというのが見つかる場合がありますが、こちらはfx-3600Pvに似ている全く異なった機種です)が、fx-7000G/7200Gのものなら見つかりますので、参考になると思います。
fx-3900Pfx-7200G
数値メモリA~FA~Z, 配列使用可
プログラムエリア1~40~9
サブルーチン呼出×Prog
ALPHA文×
プログラム中の改行×

というわけで、ベンチマークプログラムのリストを示します。
テスト(a):sin(1)~sin(100)までの和を求める
 P1
 0→A:
 100→B:
 Lbl 0:
 A+sin B→A:
 Dsz B:
 Goto 0

テスト(b):1~1000までの和を求める
 P1
 0→A:
 1000→B:
 Lbl 0:
 A+I→A:
 Dsz B:
 Goto 0

実行はいずれも[Prog][1]で行います。結果は下記のとおりですが、過去に実施したCASIOの電卓の分も一緒に載せておきます。69!は計算速度の遅い機種でしか実施していません(速すぎて測れない)。
機種tan(355/226)sin10回sin100回(a)1-1000の和(b)69!
fx-140-7518797.003.3
fx-360MT-7497938.0672.426.773.5
FX-601P-7497938.062.929.948.60.8
FX-603P-7497938.0670.66.619.1
fx-3600P-7501875.464.452.71811.1
fx-3600Pv-7501875.4692.325.275.2
fx-3900P-7497938.0671.012.622.0
fx-4100P-7497656.9821.2
fx-4500P-7497938.0672.742.41961.0
fx-4800P-7497258.440.75.116.6
tan正解→-7497258.1853255…

こうしてみるとfx-3900Pはかなり演算速度が速いのがわかりますね。fx-360MTよりも速く、fx-4800P, FX-603Pに少し負ける程度で、演算精度もこれらの比較的新しい2機種と同等のようです。コンパクトな筐体に高性能を詰め込んだ印象で、なかなか実用的な機種だと思いました。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : コレクション
ジャンル : 趣味・実用

tag : CASIO プログラム関数電卓 fx-3900P

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示