SII Ruputer Pro MP120

腕時計シリーズの最終回の今日は、腕時計というよりはむしろPDA、今でいうところの「スマートウォッチ」に近いSIIRuputer Proを紹介します。CPUには松下製の16bit CPU, MN1020219(こちらに製品ページが残っています。命令セットなどの資料はありませんが…)を搭載し、RAMが128KB, ストレージ(フラッシュメモリ)が2MBとなっています。W-PsDOSというMS-DOSに似たOSを採用しており、PCと接続することによってPIMデータを同期させたり、アプリケーションをインストールしたりすることができるようになっています。また、販売当時はSDKが公開され、フリーソフトなども流通していたようです。普段は省電力のためLCDは消灯していますが、何かボタン操作をすると数秒間時刻が表示された後、このようなファイラー表示なります。
Ruputer Pro MP120

ファイラー表示になった時に時刻を確認するには"FILER/TIME"ボタンを押すと、数秒間時刻が表示されます。
時刻表示

ファイラー表示中に"MENU"ボタンを押すと、このようなメニューが表示されます。Windowsの右クリックのような感じですが、システムメニューやファイル操作メニューが出てきます。項目選択はオレンジ色のスティック、実行は"ENTER"、メニューを抜けるのは"MENU"です。
ファイラーメニュー

ファイラーはフラッシュメモリの内容をブラウズできるようになっていますが、中にはPIMデータも入っており、PDAとして利用できます。
PIMデータ

拡張子EXFのファイルは実行形式のアプリケーションです。アプリやPIMを抜けるときは"FILER/TIME"ボタンを使用します。
アクセサリ

システム情報からメモリ使用量を表示したところ。内蔵フラッシュメモリは2MBです。
メモリ表示

下部には赤外線ポートがついており、Ruputer同士のほかASK対応PDAなどと連携が可能です。H/PCとデータの送受信ができるフリーソフトもあるようです。ASK対応とのことなのでザウルスなどとも連携ができるのかもしれませんね。
赤外線ポート

PCとの接続にはシリアルポート接続用のクレードルを用います。ファイルやPIMのやり取りができるようで、アプリケーションのインストールなどにもこれを使用します。PC側には専用のソフトウェアをインストールする必要がありますが、こちらも別途入手しましたので、また時間があれば試してみたいと思います。
シリアル接続用クレードル

このRuputerシリーズについてはこちらのWikiが詳しいです。活用方法やアプリケーションの紹介などもされていますので、ぜひ参考にしてみてください。SEIKOグループの会社は昔からこのようなスマートウォッチ的なものをいくつか出していますが、そのなかでも最古のものは1984年に発売された「腕コン」UC-2000でしょう。こちらはキーボード付きのドッキングステーションと接続することでポケコン的に使用できるようなものだったかと思います。そのあとにSIIから出たのが1998年発売のこのRuputerシリーズ、さらには2000年にEPSONからクロノビットシリーズ、2003年にはSIIからdocomo向けの腕時計型PHS, WRISTOMOが発売されました。いずれも大ヒットというわけにはいかなかったようで、今では後継機種的なものは出ていないようです。現在ではスマートウォッチといえばスマホと連動するようなSONYやサムスンの製品が思い浮かぶと思いますが、おそらく世界で最も古くからスマートウォッチ開発に取り組んでいたと思われるSEIKOならではの面白い製品を開発してほしいものですね。EPD搭載のSPIRITシリーズをベースにすればデザイン的にもよいものができそうですが…。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 腕時計
ジャンル : ファッション・ブランド

tag : SEIKO SII Ruputer Pro MP120 スマートウォッチ

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示