Venue 8 Pro セットアップの続き

前回、セットアップの途中で力尽きてしまったWindowsタブレットDELL Venue 8 Proですが、本日はその続きです。まずはリカバリイメージのバックアップから。Venue 8 Proに限らず、最近のモバイルノートPCではOSをリカバリするための起動ディスク(DVD-ROMなど)が付属せず、HDDやSSDの中のイメージからリカバリするものが主流となっています。これらのリカバリイメージは何らかのトラブルでデータが破損してしまう危険性があるので、まずはこれをバックアップしておきます。このためには、"MY DELL"から"Dell Backup and Recovery"を起動します。初めて起動したら、まずはアップデートです。古いバージョンにはバグがあり、どうやらリカバリできないUSBメモリができてしまうようです。
アップデート確認

アップデート中…。
アップデート中

バックアップには8GB以上のUSBメモリが必要です。また、USBメモリをVenueのmicro ABコネクタに接続するためには、いわゆるOTGケーブルといわれるものが必要です。今回は、ELECOMのmicroAオス-Aメスのケーブルを用いました(microBオス-Aメスでも接続可能と思います)。
OTGケーブル

microAコネクタのアップ。
micro Aコネクタ

USBメモリを接続したところ。
USBメモリを接続

アップデート完了。Dell Backup and Recoveryのメインメニューに戻ります。USBメモリを接続したら、「バックアップ」をタップして実行します。
メインメニュー

「リカバリメディアの作成」をタップします。
リカバリメディアの作成

バックアップ先として「USBフラッシュドライブ」を選択します。
ドライブの選択

USBメモリが正しく認識されていることを確認して「開始」をタップします。
USBメモリを選択

バックアップが終了したら、システムの設定を進めます。まずは何はともあれWindows Updateを実行しておきます。
Windows Update

ここまではWiFiのみで運用してきましたが、せっかくの3Gモデルなのでモバイルデータ通信もセットアップしてしまいましょう。Venueのmicro SIMスロットは本体右側の下のほうに、micro SDスロットと並んであります。SIMカードは端子のない方を上にして挿入します。
micro SIMスロット

3G通信のセットアップは、WiFiと同じくワイヤレスネットワークの設定で行います。
ワイヤレスネットワーク接続

3Gの電波を掴んでいることを確認したら、接続名の部分をタップして選択し、「接続」をタップします。
接続設定

接続の設定画面になります。mopera Uならメニューで選ぶだけでOKですが、今回はOCNのSIMを利用するので「カスタム」を選択します。
3Gネットワークを選択

APN(3G用を使用します)、ユーザー名、パスワードを入力します。「認証の種類」は「なし」で大丈夫そうです。
APN設定

設定に問題がなければ「接続済み」と表示されるはずです。
接続完了

これで基本的な設定は完了です。あとは適宜アプリのインストールなどを行えばOKです。アプリやアクセサリ類の紹介はまた機会を見てやっていきたいと思います。

今回使用したものです。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : Windows
ジャンル : コンピュータ

tag : Windows タブレット DELL Venue 8 Pro

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示