CASIO FX-720P

本日からCASIOポケコン紹介の後半シリーズに入ります。本日紹介するFX-720Pは、以前紹介したPB-410の姉妹機にあたり、スペックもほぼ同等です。ちょうどPB-100に対するFX-700Pのような存在と思われ(厳密にはPB-100FX-700PはRAM容量が異なります)、基本的な仕様は後期のPB-100系(PB-110/120など)のものを踏襲したうえでRAMカードスロットを搭載したモデルとなっています。発売はPB-410と同じく1984年と思われます。
FX-720P

PB-410と並べてみました。配色の違い以外には"F"キーの有無ぐらいしか違いはありません。
FX-720P & PB-410

RAMカードスロット。PB-410と同じくRC-2/RC-4に対応しており、RAM容量は最大4KBとなっています(本体内にはRAMを内蔵していない)。
RAMカードスロット

最初これを入手したとき、表示がおかしくて故障しているのかと思ってしまいました。ALL RESETをすると一応は戻るのですが電源を切るとまたおかしくなるので、RAMのバックアップが効いていないのかと思い電池交換済みの別のRC-2に入れ替えたら正常に戻りました。ひょっとするとCASIOのRAMカード対応機はSHARPのRAMカード対応機と異なり、RAMカード内の電池(CR2016)が切れてしまったら本体の電池が残っていてもデータが保持されない仕様なのかもしれません。ちなみにマニュアルにもRAMカードには必ず電池をセットするように書かれていますが、その一方でRC-4については本体電池からもバックアップされる(カード内電池の寿命が延びる)ような記述が見受けられます。
そこで、実際にどうなっているのか調べるために、交換後のRC-2から電池を抜いたもの、交換前のRC-2の電池を新品に交換したものについて動作を確認すると、どちらも動作は問題ありませんでした。これらのことから推測するに、CASIOのRAMカードには本体からバックアップの電源供給を受けることができる新バージョン(交換後のRC-2)と、カード内蔵電池でしかバックアップが効かない旧バージョン(交換前のRC-2)の2種類がある可能性が考えられます。おそらくRC-4はすべて新バージョン、RC-2には新旧の2種類が混在しているという状態なので、上記のようなマニュアルの記載になったのかもしれませんね。回路図が手元にないため断言はできませんが、少なくともRC-2を使用していて動作がおかしくなった場合はRC-2の電池交換を検討したほうがよさそうです。

必要な電池です。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

tag : CASIO プログラム関数電卓 ポケットコンピュータ FX-720P PB-410 RC-2

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示