SHARP EL-5050

本日もまた電卓ネタです。最近手に入れたSHARPプログラム関数電卓EL-5050を紹介します。この電卓は1987年発売で、おそらくEL-5103あたりの後継機種になるかと思うのですが、16桁のドットマトリクス液晶を搭載しており完全数式通り入力で計算ができるようになっています。また、1430ステップのプログラム計算機能も備えています。この機種の特徴は手帳型ケースの右側がシートキーになっている点で、PA-7500, EL-9000, PB-220などと似た構造となっています。姉妹機種としては、シートキーのないEL-5030、ポケコンに似た横型のEL-5150があります。また、グラフ関数電卓のEL-9000もシートキーを採用するなど似ている点があり、姉妹機種と考えてよさそうです。これらの機種はいずれもハードウェア的にはポケコンと共通点があり、CPUとしてEL-9000はSC61860, EL-5030/5050/5150はSC61720を搭載しています。
EL-5050

裏蓋をあけたところ。電池はCR2025を3個(うち1個はメモリバックアップ用)を使用します。
電池ぶたを開けたところ

恒例のベンチマークテストも行いました。この機種のプログラム機能はEL-566Eなどと同様の標準的なAERを採用しているようですので、プログラムはEL-566Eと同じものをそのまま利用しました(整数演算はこちら、SINはこちら)。tan(355/226)も試してみましたが、EL-5103/EL-9000と同じ結果でした。
tan(355/226)

同じプログラムをEL-9000(AER Iモード)でも実行し、その結果も比較のため載せておきます。驚くべきことに下位機種であるEL-5050のほうが遥かに速い(EL-5120に迫る)という結果でした。ポケコンでもSC61860搭載のPC-1245よりSC61720搭載のPC-1246のほうが速いらしいのでやはりここはCPUの速度の差が出ているのかもしれません。ではなぜ上位機種に遅いCPUを採用しているのか、という疑問が残ります。理由としては、上位機種のほうがROM/RAM容量が大きく、大容量のデータを効率よく処理できる8bit CPUを採用したのではないかということが考えられます(SC61720は4bit)。ポケコンでもSC61720は下位機種のみの採用で、上位機種にはSC61860が使われていたのも同様な理由かもしれません。実際のところは不明ですが…。
EL-5050EL-9000
整数46秒117秒
SIN 10回1.2秒1.9秒
SIN 100回14.5秒26.4秒
tan(355/226)-7497484.888-7497484.888

先輩機種(EL-5103, 左)、姉妹機種(EL-9000, 右)と並べてみました。個人的にはEL-5050のデザインが一番好きですね。
EL-5103 & EL-5050 & EL-9000

SHARPのポケコン、電卓でSC61860/61720を搭載したものも増えてきました。また時間があればポケコンも含めてベンチマークを行ってみたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : コレクション
ジャンル : 趣味・実用

tag : SHARP ポケットコンピュータ プログラム関数電卓 EL-5103 EL-5050 EL-9000 ベンチマーク

コメント

非公開コメント

SHARPの電卓は

この頃のデザインが一番好きです。特にこのカチッとしたキーがたまりません。ちなみに一番最初に買ったSHARPの電卓はPC-1211でした。電卓じゃないですね(笑)
アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示