SmartWatch2 SW2を衝動買い!

最近スマートウォッチが何かと話題ですね。そういう私もSONYスマートウォッチLiveView MN800SmartWatch MN2と新機種が出る度に衝動買いして来ました。そして、こないだまでXperiaの購入者を対象に最新機種SmartWatch2 SW2の値引きキャンペーンをやっていたので性懲りもなく衝動買いしてしまいました…(汗) 画像は届いた箱。
段ボール箱

これが本体の外箱。いままでのモデルと異なり、腕時計のような少し高級感のあるケースに収められています。
外箱

箱から出したところ。
箱の中身

旧モデルのMN2(右)と並べてみました。SW2のほうが少し大きいですが、デザイン的にはより洗練されているように思います。
SW2 & MN2

側面の比較(上側がSW2)。MN2のほうがクリップでベルトを挟むようになっている構造もあって厚みがあります。SW2の右側面にはXperiaの電源ボタンと共通のデザインのボタンがついています。
SW2 & MN2 側面の比較

左側面にはmicro USBポートがついており、これを用いて充電するようになっています。MN2は特殊なコネクタを用いており、専用のケーブルを用意する必要があるうえ、しばしば接触不良を起こしてトラブルのもとになっていたので、ここは有り難い変更点ですね。
micro USBポート

使用するに当たって液晶保護フィルムを貼ることにしました。今回はユニバーサルシステムズの製品を購入してみました。画面が小さいこともあり、貼るのは比較的容易でした。
液晶保護フィルム

電源を入れるとまずはペアリング表示となります。XperiaにSW2用アプリをインストールしてからペアリングを行うとファームウェアを転送しているような画面が表示された後時計表示になります。
時計表示

実際に触ってみたところ、MN2よりはスワイプ時の操作などはスムーズになっています。また、バックライト消灯後も時計が表示されるようになっており、時計としての実用性も向上しています。
ホーム画面

MN2とさらに異なる点は、本体だけでもある設定などある程度の操作ができるところです。画像は設定画面。
設定画面

Androidスマートフォンと同様に、画面上部からスワイプすると通知一覧が出てきます。
通知一覧

本体内にもプリインストールアプリがいくつか入っています。こちらはアラームですが、本体とは独立しています。
アラーム

タイマー。
タイマー

ストップウォッチ。
ストップウォッチ

電卓。
電卓

まだ少ししか触っていませんが、明らかにこれまでのモデルよりは操作性が向上しています。ようやくスマートウォッチも一部のマニアのオモチャから、実用的なガジェットへと進化してきたといえるのではないでしょうか。次回以降、アプリなど環境整備を行ってみたいと思います。

海外モデルにはメタルバンドのものもあるようです。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 周辺機器
ジャンル : 携帯電話・PHS

tag : SONY スマートフォン スマートウォッチ SmartWatch2 SW2 Android

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示