SHARP EL-522

電卓シリーズの2回目は、SHARPEL-522を紹介します。これは以前紹介したEL-512の後継機種と思われ、見た目もそっくりです。数式記憶機能を搭載しており、4つのプログラムエリアで合計128ステップまでのプログラムを入力することができます。プログラム言語の仕様はEL-5002EL-5813と同様に (x) と LOOK を使用するタイプで、ジャンプや条件判断などの命令は搭載されていません。発売年は調べた範囲ではわかりませんでした。今回はこのEL-522について、EL-512との異同を中心に調べてみることにしました。
EL-522

まずは外観の比較。キーの配列も全く同じです。違いはキーの色(関数キーは522がグレーなのに対して512はシルバー、四則演算キーは522のほうが少し色が濃い)と、関数キー周囲のデザイン(512のみ薄いグレーで塗装してある)程度です。右上に貼ってあるシールにも同じことが書いてあるので、機能的にもほとんど同じと思われました。
外観の比較

次にベンチマークテストも行ってみましたが、69!、sin(1)を10回計算、tan(355/226)すべてにおいてEL-512と全く同じ結果でした。内蔵ソフトウェアもほとんど同じと考えてよさそうです。
ベンチマーク比較

というわけで、内部を調べてみることにしました。基板のデザインもまったく同じで、書いてあるリビジョン番号も一緒でした。(上がEL-512, 下がEL-522)
内部基板の比較

搭載されているチップのみ少し異なります。CPUと思われるSC43520はリビジョンが少し異なるようです(EL-512は"SC43520A01", EL-522は"SC43520A05")。ポケコン用CPU SC61860の場合、型番の最後の"Axx"などというのは内蔵ROMの違いを表しているとされていたように思いますので、EL-512とEL-522もROMのリビジョンが少し異なっているのかもしれませんね。もう一つのチップ(EL-512のT6267と、EL-522のLH-5115)はどうやら6116とピン互換の2k×8bit CMOS S-RAMのようです。
搭載チップの比較

というわけで、結論としてはROMのリビジョンが少し異なる可能性がある程度で、この2機種はほとんど同じと考えてよさそうです。おそらくEL-522はEL-512のマイナーチェンジモデルとして価格を改定して売り出されたものなのでしょうね(PC-1261PC-1262の関係と同様に)。

電池はLR44を2個使用します。
アルカリ電池で液漏れしやすいのでメーカー品をお勧めします。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

tag : SHARP プログラム関数電卓 EL-512 EL-522

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示