SHARP ZAURUS PI-7000

本日は久しぶりにZAURUSを紹介したいと思います。ようやく手に入れた、PI-7000です。この機種はPIシリーズの上位モデルのひとつで、スペック的にはPI-6000/PI-6500とほぼ同等ですが、ICカードスロットを持たない代わりに2MBのフラッシュメモリを搭載した点と、FAXモデムを内蔵している点が特徴といえるでしょう。重量はPI-6000/PI-6500より5g増えて200gとなっています。
PI-7000

今回入手したものは説明書など一通り揃っているものでした。NIFTY-ServeやPC-VANなどの「パソコン通信」の入会キットが付属しているあたりが時代を感じさせますね。PI-7000はモデム内蔵であったためこのようなものが付属していたのだと思われます。
PI-7000のセット

本機の特徴であるモデムポート。
モデムポート

PI-8000(上)、PI-6000(下)と並べてみました。本体の大きさはほぼPI-6000と同じです。モデムポートはPI-8000と同じような場所にあります。
PI-8000 & PI-7000 & PI-6000

フラッシュメモリは、他の機種でフラッシュメモリカードを挿入したときに行う操作と同様に利用できるようになっています。「メモリ使用量」の画面では、PIMデータバックアップ用の「フラッシュA」と、アドイン保存用の「フラッシュB」に分かれています。
フラッシュメモリA

フラッシュメモリB

「バックアップ/全データ通信」のメニュー。「フラッシュメモリー」が選択できます。
バックアップメニュー

こちらは「オプション」から「フラッシュメモリー」を選択したところ。
オプション→フラッシュメモリー

フラッシュBにはアドインプログラムが3本保存してありました。実行のために本体にコピーするとフラッシュメモリからは消去されるので注意が必要です。
アドイン一覧

これらのアドインの使用方法については別途マニュアルがついています。
アドイン操作ガイド

PI-7000は高価であったにもかかわらず、それなりに人気があったようです。ICカードは利用できなくてもフラッシュメモリとFAXモデムが内蔵されておれば充分であったということでしょうか。機能拡張はアドインでも行えますし…。PIシリーズのアドインは実はPC-E500シリーズと互換性のあるBASIC言語で書かれており、ちょっと工夫すれば開発キットなど持っていなくても簡単に作れるようです。もちろんPCと接続するシリアルケーブルが必要ではありますが…。また時間があるときに試してみたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ハードウェア
ジャンル : コンピュータ

tag : PDA ZAURUS PI-6000 PI-7000 PI-8000

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示