ケアンズ旅行記 (3)

本日は、ケアンズ旅行記3日目、キュランダ観光編です。キュランダケアンズの近郊にあるアボリジニの村で、高原の熱帯雨林(いわゆる「ジャングル」ですね)の中にありますが、この辺り一帯は「クイーンズランド湿潤熱帯地域」として世界遺産にも登録されています。キュランダ村へ行くには鉄道を使う方法とゴンドラを使う方法2つがありますが、往路は「キュランダ高原列車(あるいはキュランダ観光鉄道)」という列車を利用しました。この鉄道は州営のクイーンズランド鉄道が運営しており、もともとは鉱業を支えていた路線であったようですが、現在では観光目的のキュランダ高原列車のみが走っています。始発駅はケアンズ市内のセントラル駅ですが、今回は参加したツアーのオプションを利用した関係で、ケアンズ近郊のフレッシュウォーター駅からの乗車となりました。
フレッシュウォーター駅

プラットホームで待っていると、列車が入ってきました。かなりゆっくりした速度です。先頭の機関車にはアボリジニのアートが描かれています。
列車が来ました

有名なストーニークリーク渓谷の鉄橋です。
ストーニークリークの鉄橋

鉄橋を通過中、左側には滝が見えます。
ストーニークリークの滝

キュランダ駅の少し手前に「バロン滝駅」があり、景色をみたり写真撮影したりできるように少しの間停車します。
バロン滝駅

駅から見下ろしたバロンの滝。
バロン滝

終点のキュランダ駅までは1時間半ほどで到着します。
キュランダ駅

今回参加したツアーでは、駅からバスでキュランダ村にあるテーマパーク「レインフォーレステーション」へ行きました。ここにはミニ動物園やアボリジニ文化体験、水陸両用車のアーミーダックなどがあります。今回はその中で、動物園とアーミーダックを楽しむことができました。
レインフォーレステーション

動物園のコアラ。別料金にはなりますが、抱っこして写真撮影も可能です。今回のツアーでは料金に含まれていたため実際に抱っこしてみましたが、抱き方が悪いと鋭い爪でしがみつかれるのちょっと痛かったりします。
ミニ動物園のコアラ

こちらが水陸両用車の「アーミーダック」。もともとは軍用車両で現在でも米軍などで利用されているそうです。
アーミーダック

アーミーダックに乗るとまずはこんなジャングルの中を走っていきます。
ジャングル

水陸両用車なので途中で池にも入ります。
池に入ったところ

パークを出ると、しばらくキュランダ村の散策の時間がありました。お土産屋さんなどがたくさんあります。
キュランダ村の風景

帰りはゴンドラ「スカイレイル」に乗って帰りました。このゴンドラは大富豪が個人的に建設したもので、建設費は36億円かかったそうですが、なんと3年間で元が取れたとのこと。
スカイレールの駅

ケアンズ市内に変えると、アボット通りにある「ナイトマーケット」へ行ってみました。ここは午後4時半オープンで、夜は結構遅くまで開いています。
ナイトマーケットの入り口

ナイトマーケットの入り口。
ナイトマーケット (1)

内部はこのようにお土産屋さんがたくさんあります。日本語が話せる店員さんのいる店が多かったです。
ナイトマーケット (2)

一番奥にはフードコートがあります。アルコールを置いてある店もありますが、飲酒してよい区域が区切られているので要注意です。オーストラリアでは公園など公共の場での飲酒も禁じられているようで、飲酒可能な場所がこのようにきっちりと決められています。
フードコート

これでも3日目の旅行記は終わりです。次回、4日目はグリーン島編を書きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

tag : オーストラリア ケアンズ キュランダ 高原列車 スカイレイル ナイトマーケット 世界遺産

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示