CASIO fx-300P

本日からまた少しCASIOのプログラム関数電卓を紹介していきたいと思います。本日紹介するfx-300Pは、学校教育用電卓として1980年ごろに発売されたと考えられています。機能的には同時期発売のfx-2700P、fx-3500Pに近く、デザインも似ていますが、双曲線関数の機能が省略されています。
fx-300P

fx-2700P(右)と並べてみました。双曲線関数の[hyp]キーがなくなったため、[MODE]キーが移動しています。それ以外のデザインはおおむね同じです(fx-300Pは10桁、fx-2700Pは8桁のため、LCDの幅は異なっています。)
fx-300P & fx-2700P

では、これらの兄弟機種と思われる3機種のスペックを比較してみましょう。参考までにfx-3500Pの後継機であるfx-3600Pも載せています。上位機種であるfx-3500P/3600Pのみ三乗根キーがなかったりしますが、これは[P1/P2]キーを増やしたため場所が足りなくなったものと思われます。下記の違いに注意すればfx-3600Pのマニュアル(こちらで英語版を参照できます)を参考にできると思います。
fx-300Pfx-3500Pfx-2700Pfx-3600P
表示桁数1010810
プログラムステップ38383838
プログラムエリア1212
双曲線関数×
三乗根××
数値積分××

プログラム言語はfx-3600P/3600Pv/360MTのものと同じであり、ジャンプ命令はプログラム先頭に戻る[RTN]命令、条件判断命令も条件が真の場合にプログラム先頭に戻る[x>0], [x≦M]命令を備えています。恒例のベンチマークも行ってみました。プログラムはfx-360MTと同じもの(整数はこちら、三角関数はこちら)を利用します。比較のため、fx-2700Pも同じプログラムで行ってみました。参考までにfx-3600Pの結果も載せておきます。(tan(355/226)の正解は -7497258.1853255…) 3機種ともほぼ同じような性能なのがわかりますね。
fx-300Pfx-2700Pfx-3600P
1~1000の和3分5秒3分8秒3分1秒
sin(1)~sin(100)の和53.7秒54.6秒52.7秒
sin(1)を10回加算4.4秒4.4秒4.4秒
69!1.1秒1.1秒1.1秒
tan(355/226)の値-7501875.46-7501875.5-7501875.46

内部も調べてみました。基板のパターンや部品配置もfx-2700Pと似ており、CPUも同じHD43148が使用されています。性能・機能が似通っているのも当然ですね。
fx-300P 内部

このfx-300Pには、fx-310P, fx-330Pという同シリーズの後継機(あるいは兄弟機?)があるようですが、300Pとの違いについてはよくわかりません。また、fx-300Pの前にはfx-180Pという学校教育用電卓があったようですが、180Pには少しずつ型番の違う後継機が何種類かあり、かなりの期間販売されていたようです。これらの学校教育用電卓については資料が少なく、たとえば300P系列の機種と180P系列の機種が併売されていた期間があったのか、そうだとしたらどのように使い分けられていたのかなど、不明な点が多いです。どなたか詳しい方がおられれば教えていただければありがたいです。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

tag : プログラム関数電卓 CASIO fx-300P fx-3500P fx-2700P fx-3600P

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示