SHARP PC-1252H

SHARPポケコンシリーズ第2弾は、実行専用機のPC-1252Hです。このポケコンはPC-1255の実行専用バージョンといってよいと思いますが、PC-1255と同容量の10.2KBのRAMを搭載しています。(ちなみに"H"のつかないPC-1252はPC-1251と同容量の4.2KBとのことです)
PC-1252H

電源をONにすると電卓モードになります。独立メモリつきの10桁のごくごく普通の電卓として使用できます。
電卓モード

このポケコンは実行専用機ですので、開発機とケーブル(EA-129Cなど)で接続する必要があります。画像はPC-1255と接続したところですが、このように互換性のあるPC-1250/1251/1255を開発機として用いるのが標準的かと思われます([IN]ボタンが"CLOAD", [OUT]ボタンが"CSAVE"の働きをします)。
PC-1255と接続

実はこのPC-1252Hはカナおよびアルファベットの小文字表示が可能なようです。Oh!石様のサイトによると、下記のような書式で表示可能なようです。

カナ:文字列中で、;0 と ; の間にローマ字を挿入する
小文字:文字列中で、;1 と ; の間に英文字を挿入する

例えば、以下の画像のような感じです。上のPC-1255での表示では";0AIUEO; ;1ABCDE;"となっていますが、これをPC-1252Hで表示すると下のように"アイウエオ abcde"と表示されます。
カナ表示

本体の左側にはプログラムで利用するキーが並んでいますが、アルファベットの[A]~[D]および[J]~[M]は、PC-1255のそれぞれ[DEF]キーとアルファベットキーの組み合わせに相当します。つまり、プログラムに"A"というラベルがあるとき、[A]キーを押すことによりそこから実行が開始されます。そのキーに相当するラベルがない場合は当然ながら"ERROR 4"となってしまいます。このほかに[YES] [NO]というキーがあり、これらはPC-1255に同じ働きをするキーはありませんが、INKEY$ 関数を用いてキーコードを取得することで利用が可能です。これらのキーも含めたキーコードの一覧を下記に示します(Oh!石様のサイトから転載させていただきました)。

キー コード キー コード キー コード
A 65 0 48 ÷ 47
B 66 1 49 × 42
C 67 2 50 - 45
D 68 3 51 + 43
J 74 4 52 CL 82
K 75 5 53 CE 83
L 76 6 54 91
M 77 7 55 = 61
YES 79 8 56 CM 84
NO 78 9 57 RM 85
ENTER 80 . 46 M- 86
    % 81 M+ 87

PC-1252HとPC-1255は実行専用機と開発機という関係ですので当然のことながら互換性は高く、プログラムは相互に転送することが可能です。では、PC-1260とはどうでしょうか? というわけで試してみましたが、結果はPC-1255と全く同様で、PC-1252H→PC-1260の転送はできましたが、逆はできませんでした。やはりPC-125xとPC-126xのBASICの互換性は片方向のみのようですね。
PC-1260と接続

最後に、SHARPの後期の実行専用ポケコンPC-V510Bと並べてみました。大きさは意外と似ていますね。性能はPC-V510のほうが上ですが、見た目は安っぽい印象です。
PC-1252H & PC-V510B

次回以降もSHARPの実行専用機シリーズを続けたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

tag : SHARP ポケットコンピュータ プログラム関数電卓 PC-1252H PC-1255 PC-1260 PC-V510B EA-129C

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示