SHARP PC-1270

SHARPのポケコンシリーズですが、本日も実行専用機、PC-1270を紹介します。このポケコンはベストセラーとなったPC-1245の後継機種として発売されたPC-1246の実行専用バージョンで、CPUとしてはSC61720を搭載しています。
PC-1270

PC-1246との最大の違いはRAMカードスロットでしょう。PC-1246はRAMの増設が一切できない構造でしたが、このPC-1270PC-1285と同様に本体内にRAMを内蔵しておらず、RAMカードをセットして初めて動作するようになっています。RAMカードとしては2KB~16KBまでのものが利用可能です。スロットのカバーとしては薄い板が一枚セットされているのみです。
RAMカードスロット

私が入手したものには8KBのCE-212Mがセットされていました。
RAMカード

私はPC-1246を所有していないので、PC-1255と接続してみたところ、相互にプログラムの転送を行うことができました。PC-1252H用に作成した、カナ・英小文字表示テストプログラムを転送して実行したところ、下の画像のようにカナは表示されましたが小文字は表示されませんでした。
PC-1255と接続

キーコードも概ねPC-1252Hと同様で、簡単なプログラムを作成して確認したところ下記のようになっているようです。
キー コード キー コード キー コード
A 65 0 48 ÷ 47
B 66 1 49 × 42
C 67 2 50 - 45
D 68 3 51 + 43
J 74 4 52 C・CE 82
K 75 5 53 = 61
L 76 6 54 R・CM 85
M 77 7 55 M- 86
YES 79 8 56 M+ 87
NO 78 9 57 % 81
ENTER 80 . 46

以上のことから、PC-1270用のプログラムは基本的にはPC-1252Hとほぼ同様に開発を行うことができそうですが、英小文字に非対応であるところ、表示桁数の違い(PC-1252Hは24桁、PC-1270は16桁)、機械語に非対応であるところなどに注意する必要がありそうです。

次に、PC-1260PC-1252Hともプログラムの転送を試みました。PC-1252Hが相手の場合は双方向とも問題ありませんでした。
PC-1252Hと接続

PC-1260が相手の場合は、PC-1270→PC-1260は問題なく転送できましたが、逆はできませんでした。
PC-1260と接続

これまで試みたプログラム転送の組み合わせをまとめてみました。PC-1252H/1255/1270の間では相互に互換性があるようですが、PC-1260は新しい世代とみなされるているのか、送り手として使用することはできませんでした。
送\受PC-1252HPC-1255PC-1260PC-1270
PC-1252H
PC-1255
PC-1260×××
PC-1270

今回の実験に使用した機種たち。上段が左からPC-1270, PC-1260, 下段が左からPC-1255, PC-1252Hです。
実験に使用したポケコンたち

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : プログラム関数電卓
ジャンル : コンピュータ

tag : SHARP ポケットコンピュータ プログラム関数電卓 PC-1260 PC-1255 PC-1270 PC-1252H CE-212M

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示