鳥羽旅行記 (1)

またまた更新が滞ってしまって申し訳ありません。先週末は1泊2日で三重県の鳥羽へ旅行してきたので、その時のことを少し紹介したいと思います。鳥羽へ行く方法としては、高速道路(伊勢自動車道)、近鉄、フェリー利用の3通りの方法がありますが、往路は渥美半島の伊良湖岬から伊勢湾フェリーを利用してみました。途中、田原市内を走っているとこのような菜の花畑をあちこちで目にしました。「菜の花まつり」というイベントもあるようで、この辺りの名物のようです。
菜の花畑

フェリーのチケット売り場がある旅客ターミナル。中にはお土産屋さんや食堂もあります。
伊良湖旅客ターミナル

ここで昼食をとりました。写真は渥美半島名物の「焼き大あさり」です。サイズ比較のためにガラケーF-09Cを並べてみました。アサリどころか普通のハマグリよりも大きいですよね。
焼き大あさり

フェリーの乗船待ちです。
フェリー

フェリーに1時間弱乗ると鳥羽に到着です。フェリー乗り場のすぐ近くに鳥羽水族館はあります。近鉄で行くなら中之郷駅を降りてすぐです。
鳥羽水族館

個人的には鳥羽水族館といえばこの水槽「コーラルリーフ・ダイビング」が印象的ですね。色とりどりの魚たちが泳いでいるのを下から見上げることができます。
コーラルリーフ・ダイビング

こちらはイセエビ。ものすごい数がいますね。「おいしそう」と思ってしまうのは私だけでしょうか…?
イセエビ

こちらはアナゴ。穴の中にぎっしり詰まっていますが、なかなかかわいい顔をしていますね。
アナゴ

チンアナゴです。ここのチンアナゴはなかなか元気で、泳ぎ回っているやつもいました。砂に入るときは尻尾のほうから入っていくんですね。
チンアナゴ

アシカ。
アシカ

オウムガイ。
オウムガイ

こちらが鳥羽水族館の顔、「ジュゴン」ですね。穏やかな表示でゆっくりと泳ぎ回っていました。
ジュゴン

ここからの写真は、オープンしたばかりの新しい展示室「奇跡の森」です。
「奇跡の森」入り口

このように音質のようなガラス張りの部屋の中にいろいろな生き物が展示してあります。
「奇跡の森」内部

ここの目玉「スナドリネコ」です。みずかきがついているとか…。このネコの写真を撮るのがなかなか苦労してしまいました。近くで撮ると光が反射してしまいますし、遠くから撮ると小さくなりすぎますし…。偏光フィルターを持っていけばよかったのですが、今回はLumia 1020の最高解像度(40MP)で撮ったものをピクセル等倍でトリミングしたものを掲載しています。ここまで高解像度だとけっこうズームの代わりに使えるものですね。
スナドリネコ

ドクターフィッシュの体験もできるようになっています。
ドクターフィッシュ

こちらのコーナーにはカエルやイモリなどの両生類が展示されています。
両生類の展示

アホロートル(ウーパールーパー)です。甲状腺機能低下により成体型に変態できなくなったサンショウウオですね。
ウーパールーパー

とまあこんな感じでなかなかボリュームのある水族館でした。イルカやアシカのショーもありますし、まだまだここでは紹介しきれないほどの生き物を見ることができました。驚くべきことにこの水族館、海遊館のような第3セクターでもなく完全に民間の会社がやってるんですね。よくここまで大きくしたものだと感心してしまいます。鳥羽観光の定番のひとつだと思いますので、機会があればぜひいってみてください。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 田原 伊良湖 菜の花 鳥羽 水族館 フェリー スナドリネコ ジュゴン

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示