ハロウィンなので…

ハロウィンにちなんでちょっとした工作をしてみました。先日入手した中国製の怪しいLEDキャンドル用IC、CDT3460を利用して、カボチャランタンを作ってみました。ちなみにこのIC、共立や秋月といったメジャーなパーツショップでも販売されています。(購入及びデータシートはこちら)

試しに普通にLED 1個で回路を組んでみましたが、ランタンに組み込むと暗くなってしまいそうでした。そこでLEDを2個使用することにしましたが、ICの出力電流は決まっているようなので、トランジスタを使用することにしました。回路は下記のようにしました。
ランタン回路図

本来ならLEDと直列に電流制限抵抗を入れるべきですが、トランジスタ(2SC1815のYランクを使用しました)のhFEなどからだいたいあたりをつけて、ベースに5.6kΩの抵抗を入れることでLED2個分として丁度よい電流(max 40mA程度)になったので、電流制限抵抗は省略しました。
[広告] VPS

とはいえトランジスタの特性によってこのあたりは変わってくるところですので、実際に電流を測定して適宜調整することをお勧めします。また、LEDの性質にばらつきがあると明るさが極端に偏ることがありますので、同一品種を使用し、偏りの少ないペアを選定するのが望ましいと思います。

今回はガワとしてはスーパーで売っているお菓子の容器を使用しました。点灯回路を組み込んでいるところ。
組み立て中

完成しました。点灯してみたところです。


このCDT3460、手軽でいいのですが、点灯パターンは決してランダムではなく一定周期で繰り返しているようです。マイコンを使用して自分で一から作ったほうがより自然なものを作ることができそうですね。次回の課題としたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : ハロウィン LED キャンドル CDT3460 電子工作 カボチャ ランタン

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示