DigisparkをArduino IDEで利用するための設定方法

前回の記事で紹介した、HiLetgoのDigispark互換ボードですが、Windowsでのスケッチの書き込み方法についてメモがてら残しておこうと思います。DigisparkUSBポートは、他のArduinoのようにUSBシリアル変換チップが接続されているわけではなく、マイコンのGPIOに直結されており、内蔵のファームウェア(ブートローダ)がソフトウェア的に信号を処理する仕組みになっています。このため、専用のUSBドライバインストール必要があり、少し追加の手順が必要となります。
HiLetgoのDigispark互換ボード

まずは、Arduino IDEを起動し、追加のボードマネージャのアドレスとして以下を追加します。
http://digistump.com/package_digistump_index.json

ボードマネージャを開き、Digistump AVR Boardsをインストールします。
ボードマネージャ

次に、USBドライバインストールします。本来は自動的にインストールされるべきなのですが、不具合があってうまくいかないようです。ドライバは、下記のフォルダ内に展開されているはずです。
%USERPROFILE%\AppData\Local\Arduino15\packages\digistump\tools\micronucleus\2.0a4\

このフォルダを開き、32bit版のWindowsであれば DPinst.exe を、64bit版のWindowsであれば DPinst64.exe をそれぞれ右クリックし、「管理者として実行」を選択します。
ドライバのインストールファイル

この画面が表示されればインストール成功です。
ドライバインストール完了

Arduino IDEのボード選択メニューで「Digispark(Default - 16.5mhz)」を選択します。また、どれでもよいのでシリアルポートを1つ選択しておきます。指定したシリアルポートは実際の書き込みに使用されるわけではないのですが、Arduino IDEの制限により、どれかを選んでおく必要があるようです。
ボード選択

これでDigisparkにスケッチを書き込めるようになりました。前回の記事でも書きましたが、Digisparkを接続しない状態でArduino IDEで「マイコンボードに書き込む」を実行し、メッセージが表示されてから接続すると書き込まれます。サンプルスケッチとして、ソフトウェアI2CによるキャラクタLCD制御、DigisparkをHIDデバイスとして利用するものなど、様々なものが用意されています。互換品なら300円そこそこで手に入るボードなので、ちょっとした電子工作にも気軽に活用できると思います。興味のある方は検討してみてはいかがでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 電子工作
ジャンル : 趣味・実用

tag : Digispark Arduino IDE Windows USB ドライバ インストール

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示