液漏れしたPC-1500を分解清掃する

一昨日紹介したSHARPのポケコン、PC-1500ですが、かなり前にアルカリ乾電池を入れたっきり放置していたので、ひどく液漏れした跡がありました。内部にどれだけ影響しているか心配になったので、分解してみることにしました。
電池ボックス

フラットパッケージのLSIもありますが、DIPのICが使われていたりジャンパが多かったりと、時代を感じます。
内部

基盤を外してキーボードの裏を見てみると、思ったより内部の状態はひどく、乾燥した電解液の粉があちこちに付着していました。
キーボード裏

上方に移っている金属のプレートも外してみましたが腐食がひどい状態でした。
金属プレート
キーボード裏

洗えそうな部品は水洗いし、あとはOA用のウェットテッィシュで丁寧に電解液の粉末を拭い取りました。無事に清掃が終わり、水洗いした部品も乾燥した後に再度組み立てました。電池を入れてONすると…ちゃんと初期状態の表示が出ました。ほっと一安心…。
NEW0画面

今回は基盤など重要な部分はやられていなかったようですが、やはりアルカリ電池やニッカド電池などは液漏れに注意する必要がありそうです。長期間使用しないときは電池を抜いておきましょう。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : パソコン修理・サポート
ジャンル : コンピュータ

tag : SHARP PC-1500 液漏れ 修理

コメント

非公開コメント

アクセスカウンタ
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
楽天お勧め商品
検索フォーム
Kyoroのつぶやき
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示